じょにその日記

社会のお荷物

ゴキブリ出現

久しぶりにログインできた。ここ最近はローカルに書いていた。ローカルに書けると言うのは恐ろしいくらいに他人への愚痴が吐ける物だと痛感した。「見られている」という緊張感が胸に溜め込ませて表に出さないようにさせているのが悪かったのか、しばらく前よりも、気分はいい。

要は、表に出してはいけないものと、出していいものを選択しなくちゃ駄目ということらしい。

メモ帳に書いてから選んで載せる事にしようかと思う。

?

ここ数日、電気電子基礎のキルヒホッフで悩む。何時間も悩む。一応連立方程式まで立てられる段階に来ている。それなのに、そこから先がうまくいかない。加減法、代入法、色々試してみるが、出ないのだ。答えまでたどり着けない。

?

?

まぁそんなことを本格的に悩み始め、土日をキルヒホッフ一本のみに絞って勉強していた。アプローチの問題なのか、連立方程式から先へ進めない。変数が多いのだ。

どこの世界にI1~I6までの数値を割り出そうなんてするのだろうか。個人的に自分はそこで嘆く。

?

?

勉強をしていた。フォーミュラ作業へ顔も出さず、ただひたすら勉強。怒られるのは解っているけど、すいません。心配事は少ない方がいいのと、これで落とすと他の誰かのせいにしてしまいそうですから。精一杯勉強して、精一杯出した結果なら「仕方ない」で諦めることも可能です。ですからもうしばらく、勉強させてください。

?

?

で、勉強していたのだけれど、出たよ。あいつが・・・。

汚い部屋に現れるあいつが・・・ゴキブリが。ここ2年ほど、大量の薬剤散布で乗り切っていたのに、とうとう出やがった。

('A`)珍しいコガネムシがいる物だな。・・・・・・・(;゚д゚)って違う!ゴキブリだ!!

恐らくは、大量の3月から放置したゴミが巻き起こした物だと思われる。しかもここ最近は気温やエアコンの電気代を考えて夜中玄関を開放していた。そのことではカミキリムシやカナブンが沢山飛んできて中々面白みのある生活をしていたが、ゴキブリも入っていたらしい。

?

?

殺虫剤を持ち出すと、大量に噴射。動かなくなっても噴射を続ける。

ライターに着火してもいいから殺そうと思ったが、流石にこの部屋は燃えやすい物ばかりなので思うだけにとどめた。

何とかゴキブリを退治。そして、やっぱり気付くのは部屋の惨状。

_| ̄|○ 掃除がしたい。

ゴミを拾い集める人間で、溜め込む人間。すでに帰宅して体を休めるスペースなど無い。

半年以上、パソコンの前とソファの寝場所以外は移動できるスペースが無い。

他はゴミか段ボールに遮られ、居住スペースが無くなっている。もうほとんど倉庫とかしている。

?

?

大掃除をしたい。けど、それを行うのはどうしても時間とお金が必要。お金の件はもうどうでもいいが、流石に時間となるとそうも行かないのが現状で、少し嘆きたくなる。

?

?

一体いつになったら自分の部屋の掃除は完了するのだろう・・・。

スポンサーサイト

少し、明りが見えた

僕の夏休み 第六日目 大雨
今日は、昨日調べていた補正計算の内容を調べ、計算式の出し方を調べていました。もうすぐです、もうすぐプログラムの出し方が解るのです。
色々言われているのは知っておりますが、それでも自分はECUを仕上げます。確かに来年使われる物ですが、自分は頑張ります。現に、今日は偶然にして見つかった計算式の出し方が解りました。まだまだ一部です、ほとんどの計算式を網羅している訳ではないのです。それでも自分には強い励みになりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、概要

?

日付が変わっていた頃に帰宅して何とか昨日の日記を書き上げる。
そのうちラジオが始まったので聞き止める。


午前3時、ラジオが終了したので寝ようかと思っているところ、突風が吹き始める。
('A`)あ、そう言えば3時過ぎから雨が降るとか予報が出ていたから洗濯物取り込まなくちゃ。
そう思いながら立ち上がろう・・・・・・としていた所で土砂降り。
(;゚д゚)ァ....
突風と大雨にさらされ即座に濡れていく表の洗濯物。これがまたシャツ類のため酷く水分を吸う・・・。
_| ̄|○ だめ、だめーーー!!お願い、雨ストップ!!!
叫んだ所で変わりはないが、とにかく取り込みながら叫びを上げる。

('A`;)ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・(カラカラカラ・・・)
ぐっしょりと濡れた洗濯物を片手に窓を閉める。もう手遅れだった。
_| ̄|○ もう一回洗濯かよ・・・・。
そして急に湿度の上がる室内。
('A`;)アヂィ・・・。
そこから眠れなくなり、先ほど届いたメールである特集記事を読みふける。
('A`)へ~、ネットワークフィルタリングかぁ・・・。


気付けば5時になる頃、ようやく眠くなってきた。雨はまだ降り続いている。
('A`)お願いですから朝になったら止んでいますように。
実際はもう朝だったが・・・。

?

起床は8時45分頃。どうやらパソコンにデータを移している際に眠ったらしい。
('A`)うぁ・・・・あ、あれ?
テトリスに追いかけられる夢で御目覚め。
('A`;)縦棒は味方なのになんであんなに俺を怒るんだ?
そんな愚痴を夢に対して吐いてみる。

('A`)え~と・・・。
そこからまたパソコンでプログラム関連を調べていく。一応頭に思い浮かんだビジョンはあるが、実現への道は遠いばかり。
('A`)プログラムのRADツールって、何があるかな・・。
大体が有料ソフトのため苦労する。
('A`)うん、作る際には製作行程ごとサイトに載せたいからなるべくなら有料版の高嶺の花より無料版の手に取りやすい花がいいんだ。
そこで見つかるSharpDevelop-jp
('A`;)C言語だけ動かないんだよな、こいつ。
この子は何かと不満が多かったりするソフトウェアだ。色々使えるが、自分が実現したいのはネットワーク方向だからなぁ。
('A`;)それともMonoDevelopか?
そんな思案。


9時45分、大学へ出発。途中、店に立ち寄ってコーヒーと車の芳香剤購入。
('A`)今回はカシスオレンジで行こう。
雨はどんどん激しくなっていた。

?

大学についてから、今日の作業を決める。依然として雨は強い。
('A`)φと言っても、補正係数の説明が書き終わってないから、書き終わらせる。そして意味が解ったら、今度は係数を割り出す方法を調べていこう。

('A`)φ・・・・。
今日は台風が近づいているので雨と風が強い。時々ガタガタと揺れる。それでも工事現場では工事が開始されたようだ。


お昼を過ぎてから、ようやく補正係数の意味を調べ終わり、今度は割り出し方を調べ始めるのだが、出てこない。
('A`;)出ないよ・・・。
どこのページを見ても書かれていない。全ての係数はECUの中に書き込まれているので考える必要は無いという書き込みで、途方に暮れる。
それでも根気良く調べつづける。補正係数が無い場合、どの方法で調べるのか?そもそも調べるにはどんなデータが?そして求めるための式は?


午後になると、高校生が来た。見学に来るという話は聞いていたが、本当に来た。
幸い、高校生たちが座るためのスペースを作るため、荷物は移動させられた。その時の荷物が俺の座っているパソコン付近に置かれたので俺の存在は隠れることとなる。
('A`)ま、いいか。
「ええ、高校生の皆さんは二足歩行ロボットというのを知っていますか?」
青島はなかなかプレゼンを行っている。
('A`)あいつもなかなか出来るのね~

?

程なくして高校生たちは帰っていく。自分は下の工房へ。
('A`)お、Y野さん来てる。

?

何度も何度も探しながら、相変わらず見つからない補正係数に腹を立てながら、困惑。
('A`)企業がデータを隠しているというか、算出方法を隠している。
そうこうしている内に、台風が近づき、警報が出された。大半の人間は雨を心配して帰っていった。
('A`)3次元マップから求めるというが、ではそれはどこに?・・・・あ、マニュアルに書いてあるかも。
下の工房に行き、マニュアルを端から読んでいく。しかし、英文で書かれているので読みにくいことこの上ない。
('A`;)・・・・これか?
一応それらしい表を見つける。
('A`;)一応それらしいけど、これは翻訳してからじゃないと、駄目だな。

?

上に戻って今度は翻訳。しかし、どうやら違うらしいということが判明。
('A`;)一応吸気とかの文字はあったんだけどなぁ・・・。
マニュアルは下に戻した。さぁ、気を取り直してもう一度調べなおしだ。


下では増Dは帰っていった。
('A`;)ああ、せっかく話し合おうと思ったんだけどなぁ・・。
「まぁバイトだから仕方ないでしょう。」とY野さんから慰められる。

?

('A`)・・・・ふう・・やっぱり見つからない。

1:ECUとは何か?
2:内部ではどんな計算が行われているのか?
3:内部での構成要素は?
4:計算を行うための計算式を調べる。
5:計算式で出てくる各種補正係数の意味を調べる。
6:各種補正係数を割り出す方法とは?←今ここ
7:求められなかった場合は?
8:既存のECUは関与できないので車体、もしくは他の数値から係数を求める方法をとるのか?
9:フローチャート、第2版作成開始。(計算過程を中心とする。)
10:H8の各ポートの役割を調べる。
11:必要機能を調べる。
12:デザイン的に必要機能の部品を配置していく。その後不具合は無いか、チェックしながら配線図を書いていく。
13:H8プログラムを書く。
14:実行データをもとに、もう一度試行錯誤


一応上に書いておいた流れを元に調べている。プログラムは最後の最後。そもそもプログラムは計算を肩代わりさせるための物だ。だったらその計算式を知っておかなければならない。

途中、えなりが来た。バイトの為に一度立ち寄ったという。
すぐにバイトの為に出て行ったが・・。

「台風といえば昔ですけどね~」
「そう言えば、ここも昔ね・・・。」
そんな青島と御前崎の横で本を片手に調べていく。
?('A`)・・・これは・・!!
λ=(理想空燃比)/(実空燃比)という式から始まった。その一連の計算式。
('∀`)すっげーーーー!!書いてあるよ!
そうだ、解らない数式がそこに書かれていた。まだまだ少ない書かれ方ではあるが、一応書かれているので助かる。
('∀`)これならまだまだ頑張れる。
ドザァァァアアアアアアアアーーーーーーーーーーーー!!!!!!
大雨が建物を囲うかのように降っている。酷い音だ。

?

軽く会話に参加しながら調べ物が終わる。明日から本格的に調べていこう。
ガチャ・・・バタン!
「いや~、雨凄い。」
(;´Д`)Д`)・・・。
見れば、Y野さんが来ていた。
('A`;)はるばる来たんだ・・。
「下に人がいないけど・・・?」
('A`;)みんな雨が酷いので帰りました。
「なるほど」

?

その後、自分は青島を送り届けるために帰る事となった。

八方塞

僕の夏休み 第五日目 晴れ

今日は、昨日と同じく調べ物の続きです。色々ある訳ですが、ECUを形にするには時間がかかるので困ります。自分なりの作業ですが、これはあまり歓迎されておりません。それに、他人から見たら作業をしていないようにすら見えるのです。自分はつもりどころかまとめているのですが。やはり、作業をしていないで遊んでいるように見える物なんでしょうか。口では仕事していると言えますが、それは目で見える物にしろと言われると、困っていしまいます。まだ形を作る為のパーツを作っている最中ですから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、概要


起床は午前4時。寝たのは午前1時ということを考えれば、いつかどこかで意識を失うのは確実だと思われる。起きたのは、玄関の外か、ベランダの外、はたまた自分の近くでか。
虫のカサカサ・・・という音が聞こえたためだ。
('A`;)・・・ひぃ・・・
小さく悲鳴を上げてからその音に対して注意するが、カサカサ・・という音が数秒続いてから消えた。
('A`;)この部屋は・・・ゴミだらけだから虫にとっては隠れることが可能だ。つまり、ここは奴等のテリトリーだ!!
俺はいつから戦場に身を置いてしまったのかと自分を嘆く。
しばらくして虫の足音は消えたようだ。
('A`;)いい加減部屋の掃除をしないと・・・絶対後悔する事態に発展するんだろうな。


午前5時からしばらくして、プログラムの復習を始める。
('A`)やっぱりエラー出力する・・・。
技術評論社という会社から出版されている「はじめてのC++」を使っているが、相変わらずエラーを頻発している。
('A`)情報収集してみるかな?
色々ネット環境から調べ上げる。

『この本の惜しまれる所はWinでは使えないという事。UnixやLinux環境においてのみ使用できると言う習得方法であること。』
?('A`;)マジか!?
『そもそもこの出版社では、こういったWin環境では使えない書籍が多く、擬似環境を構築することが必要であり・・・』
('A`;)擬似環境?・・・・・Cygwinか?
『なお、Win環境者はCygwinなりで環境を構築することが望ましい。』
('A`)ほぉ・・・確か、同じ会社から出ている「C言語超入門」にCygwinのソフトウェアが入っていたな。インストールさせよう。

そこから本棚から引っ張り出してきて、インストール開始。
('A`)ネットワークも出来るけど、ディスクからのインストールだな。
インストール後、書籍のソースコードを一通り打ち込んでいく。
('A`)ほい・・・あらよっと・・・とりゃ!
「Hello、World!」
('∀`*)出来たよ・・・・。


そこから連続的にソースコードを打ち、内容を調べ、実行後のデータの扱い方を見て覚えていく。一度環境を構築させてしまえばこっちのもの。どんどん進ませることが出来る。
気が付けば全34章ある内の第6章まで進めることが出来る。
('∀`)ほう、なるほどね。


7時を過ぎていた。そこからは少しプログラムを実行させて、終りになった。
('A`;)やべ・・・Killコマンド効かない・・・。
何度か試行錯誤しても解らないので「閉じる」ボタンで終わらせる。


9時を過ぎてから、ノートの情報管理について調べる。
('A`)???・・・一応綺麗だけど・・・実用性には悪いな。調べている物を片っ端から写している場合には適当じゃないし。
『尚、この方法はまとめの段階であり、本来は自由に書いていくものである。まとめは最後の最後である。』
('A`)お、やっぱりか。
そんなことをしている内に9時40分を超えている。
('A`;)やべ・・・10時から作業だった・・。

?

10時10分頃、大学へ到着。しかし、余り人はいない。
('A`)ま、いっか。
自分は二階のパソコンにてサイトを表示させてプログラムの為になるものを描き止めて行く。
('A`;)しかし・・・・・(暑い)・・。
「暑い」というと100円の罰金になるので心の中で悲鳴を上げていく。

('A`)φ・・・・。
計算方法、概念その他諸々。頑張ろう。
('A`)・・しかし、何でこんなに鉛筆が書き難いような気がするんだ?
芯の部分が擦れるがどうも・・・。で、結局ボールペンに持ち替える。
('A`)φ・・・。
今度はサイトを見て、ノートの文字を見ていくという方法だから目と首が疲れる。そして下を見て、モニターを見たらぎっしりと書かれているサイトでどこを写していたのか解らなくなる。
('A`#)・・・
それでも辛抱して書き写し作業。
('A`)まあいいか。これでも少しづつ進展しているぞ。
自分の中で、これが作業だと思う。そりゃ他人から見たら何もしていないようにすら思われるけど、でもこれは本当に進みが遅い。どう考えても下積みだから。
('A`)補正係数の使い方が知りたいもんだ。
通常のECUの中に入っている3次元マップは使えない。自作のECUを用いるからマップだって自作で行うしかない。そのための計算式は?計算式さえあればC言語でマップを配列上に配置、その後ヘッダファイルとしてインクルードさせれば動かせる。


('A`)φ・・・。
正午となり、暑さは最高潮となりながらもそれでも手を動かす。
('A`;)・・ううう・・・・うううううう・・・・。
「暑い」と言う単語が使えないので呻き声で代用していく。時々タバコを吸いながら休憩。

('A`)y-~~
表は本当に暑い。陽炎がある。
('A`)y-~~おや?あれはB国さんか。
遠くから見える、B国さんは「ヒュン!ヒュン!」と風を切りながらヨーヨーで遊んでいる。
「あ、ジョニーさんこんにちわ~(ヒュン!)」
('A`)して、お前は何でそんなに小学生の夏休みみたいな感じなんだい?
「いいでしょう~。コロコロコミックに付いてきたんですよ~。」
('A`;)いや、俺は羨ましくはないよ・・。
それでも鼻歌を歌いつつ、ヨーヨーをヒュンヒュン回しつつ部室へ入る。


4時になった。増Dが来ない、というか電装班が俺しかいない・・・。
('A`)毎日休んでいる俺が悪いよね。というかみんなは珍しく休んでいるのかな。
昨日言われたT屋先生からの話し合いを思い出して連絡を取っておく。
ECU、新品を買うことになったので自分はどうなるのか解らないけど、それでも来年には使ってもらいたい。まだ出来ていないけど。
(∩'A`)増D起きてー
「起きてるよー」
(∩'A`)工房来てー
「5時からバイトー」
(∩'A`)ECUに使うフルコン何を買うか話し合いたいってT屋先生が言ってるよー
「10時までバイトー」
(∩'A`)終わったら来てー
「いいよー」
(∩'A`)もしくは明日話し合おー
「解ったー」
(∩'A`)じゃあねー
「ばいばーい」


そのことをT屋先生に報告しようと研究室と先生の部屋を覗くも先生はいなかった。
「○○へ行っております。何時に帰るのか解りません。」
('A`;)あらら・・・。
仕方ないのでメッセージを残しておく。
('A`)φ「ジョニーです。電装班でフルコンについて話し合いたいので夜いてもらえませんか?」

戻る際に越さんの部屋を覗く。
((( '∀`)ノシ越さ~ん!!遊ぼう~(ガチャ)
「お、ジョニーか。」
('∀`)元気ですか?
「元気だよ。以前ホワイトボードに『後ろで遊んで~(ハート)』って書いてあったからどういうことなのかと・・。」
('∀`;)後で・・・何ですけど・・・。
「後ろ、じゃないの?ジョニーなら後ろでしょ?」
ヽ(`Д´)ノ フギーー!!
「冗談冗談ww でさ、見て、『夫がオオアリクイに殺されてしまいました・・』と言うメールが来たんだ。」
('∀`;)はい?
「読めば読むほど面白いね~。今度セミナーで話し合ってみようと思う。」
('∀`)! 俺も行きたいです!
「駄目駄目w」
('A`)残念・・。
「ああ、そうそう、工房に戻るなら伝言を頼むね。「M井とT橋、いるなら研究室へ来て下さい。買出しで頼みたいことがあります。」って。」
('∀`)は~い。
「それじゃ、頼んだよ。」
('∀`)失礼しました~。


工房に戻ってM井さんに伝言を話しておく。T橋さんは一足先に研究室へ向ったとのこと。
どうやら研究室で飲み会らしいが、自分には関係ないなぁ・・・。
('∀`)φ・・・。
部室にてもう一度書き写し作業。長い、本当に長い。ECUを作るのに必要な作業を「下積みと試行錯誤、試作、試行錯誤、完成。」に分けるならまだまだ下積みの段階。
データよりも前の、データを作る為の作業だから頑張らないと。ここで下手すると後がおかしくなるんだ。


('A`)・・・・うとうと・・・・うとうと・・・・。
暑いのにも関わらず、眠気が襲来。一応は書き写しをしていたのだが、ノートに走らせていたペンが下半分から上半分へ、ノートを突き抜けてテーブルへ線を引いていた・・。
('A`)いけね・・・。
何とか眠気を振り払いもう一度書き写し。
('A`)φ・・・・ウトウト・・・・
もう駄目なようだ。これ以上文字化けを起こさせる訳には行かないだろう。


('A`)ZZZZ・・・ZZZZ・・
部屋の隅で寝始めた。


起きると6時。直射日光の当たる部屋の隅で寝てるので喉が乾いて仕方ない。それと汗だらけで駄目だ。
('A`)ふう・・・。
部室の冷蔵庫で冷やされた飲み物を飲んで一息つく。本当は冷蔵庫の横でぼんやりと座り込んでいるのだが。
「ジョニーさん・・・何か、アパートでもそうしてお酒飲んでそうですね・・。」
('A`)ほえ?
後輩の一年生から声をかけられた。
「いや、くたびれた感じとか何か・・。」
ヽ(`Д´)ノ くたびれたとか言うな!
「おいおい、20歳を超えると一気に体力が落ちるぞ。何かのリミッターが外れるかのようにな。」
青島からの答えが妙に該当しているような・・。


色々と話し込んでいる最中、M井さんから呼ばれた。
σ('A`)俺?
カツーンカツーンという作業で使われていた鉄パイプが階段に当たる音が怖いなぁ・・。
で、まぁ軽く怒られる訳だが。


('A`;)ふぅ・・・。
工房に戻ると、電装班のY野さんがいる。
('A`)よお・・。
「お、久しぶりだね。」
そこでも色々話し込むが、記憶に無い。酷く眠かった。
部室に戻るも、書き写し作業の机にたどり着く寸前の床で寝ていた・・・。


起きると8時になっていた。
いや・・・おかしい。記憶を時系列に並べているけど、そもそも何で10時の記憶からスタートしているんだろう。
起床、午後10時。

('A`)おはよう・・。
電装班のY野さんに謝る。
('A`)あれから寝ちゃってさ。
「ああ、やっぱり。酷く眠そうだったからね。」
('A`)ごめんね。
「大丈夫大丈夫。ハーネスやっておこう。」
('A`)だけどやっぱりこういう才能とか必要なのって、どうにも解らない。
「うん、僕も解らない。」
('A`;)大丈夫?
「まぁ少し触るだけだから、大丈夫じゃない?」


外にて、越さんと会話をする。既に飲み会は終わっていたようだ。
「どうしてジョニーは食べに来なかったんだい?」
('A`;)えと・・・怒られてたから、食べるのも・・・気が引ける。
「そうかぁ、ジョニーは怒られたんだ。気にするのもなぁ、青島は肉だけ食べてたけど。」
('A`;)ふう・・・何と言うか、先が見えないんです。
「フォーミュラは先が見えてるじゃないか。走らせるって言う結果が。」
('A`;)そこは見えてるんですけど、違うんです。自分の居場所というか、やるべきことが解らなくて・・。
そこへT屋先生が来た。
「お手伝いでいいんじゃないのか?」
('A`;)俺、やっぱりECU作りたくて、それでもまだまだ先が見えなくて、今日は朝から補正係数を調べていたんです。でも・・・・怒られて・・・
「言えばよかったのに、何で言わなかったの?」
('A`;)まだ、下積みの段階。プログラムをするにしても、本当のデータ収集の段階なんです。データ収集が出来て、そこからマップを作って、その後そのマップを元にしたプログラムを作れるって言う状態。今搭載されているECUからデータを吸い出すわけには行かないんです。抜き出すとそれは自作のデータじゃなくなってしまって・・。まだ頭の中で考えていることなんですけど。だけど、他人から見たら形にすらなっていないから、仕事をしていないと言われても、仕方ないと思ったんです。
「う~ん・・・何か、やるべきことを教えてもらうのは・・・違うなぁ。とりあえず、みんなの作業を手伝うこと。それと、ECUに関しては頑張りなさい。」
('A`;)・・・はい。
「それじゃ、これからジョニーに作業を手伝わせる。現在みんなはフレームの研磨作業しているから、それの手伝い。解った?」
('A`)! 了解です。
工房に向かい、研磨作業の手伝い。
('A`)これか?
「研磨機使ってください。」
('A`)固定されてる金具を外す道具が欲しいな。それと、やすりは何番台がいい?
「塗装を剥がすので、あんまりフレームを剥がすのは駄目ですよ。」
('A`)おう。

?

?

作業を手伝っている内に、増D登場。
('A`)お、増D来たみたいだ。
電装の話をしておく。
('A`)あのさ、明日フルコンについて何を買うかT屋先生を交えて話し合いをするから。午前9時半集合、午前10時から作業に移れるようにしておいて。
「うん、解った。」
で、軽い愚痴。
('A`)電装ってさ、形に出ないよね。
「そりゃなぁ・・・地味と言うか、なんと言うかな。」
('A`;)・・・頑張ろうね。
「そうだね。」

?

結局、11時50分頃終りになって帰宅する。

絵日記開始

僕の夏休み 四日目 晴れと曇り

今日は久しぶりに大学へ行きました。みんな、変わっていなくて、少し嬉しかったです。
僕は、他人と話したり、会ったりする時に、壁を作ります。そこが、自分の弱さだと思います。だから、人と話せなかったり、色々考え込んで結局動けなかったり、苦労します。ただの気苦労だけど、それでも苦労には変わりありません。正直成人した人の考えることではありません。だから、こんな自分が嫌いです。引っ込み思案の僕が嫌いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、概要

?


9時を過ぎて、気温が上がる。恐らくはそれが原因で、何も食べる気がしなくなった。
確かに食べ物の準備はしていたけど、必要なくなったけど、押し込んでおく。
多分それが体に毒だ。少々気分悪いが、何とかなるだろう。やっぱりこの時期の食料は水でいい。冷たい水こそが俺の食料だ。

しばらくしてから、集めてから見ていない子供向けの番組を見る。理解できない子供の為に直接的にぶつけてくる内容だけど、それもいい。面白い。

('Д`;)バカーーーーー!バーーカ!バーーカ!バカァァァアアアア!
一人叫び声を上げる。馬鹿なのは俺だ。というか最近叫び声を上げることが大きくなってきた気がする。


10時を過ぎて、知り合いに少し相談。どうしたらいいのかなぁ・・と。
('A`)いよ、暇か?
「暇だね。で、どうした?」
('A`)あのさ・・・なんと言うか・・・うん、まあ、なぁ・・・。
「何か話し辛そうだが、まあいいか。」
それから色々話してみる。色々迷ったりする。
「空回りでもしてるの?変な悪循環に陥ってたりしてるとそうなるよ。」
('A`)悪循環?
「そ、自分らしくないんじゃないの?」
('A`;)・・・だけど、自分らしくなんてどうすればいいのか・・。
「う~ん・・したいようにする。やりたいようにする。それだけ。」
('A`;)したいように?
「うん。大学関連色々あるだろうけど、居場所の問題だったり、色々迷ってるんだろうけど、どう動きたい?」
('A`;)本音は・・・・こうで、で、建前は・・・・かな。
「うん、本音の通りに動くとヒンシュク買うね。俺もぶん殴る。で、建前どおりに動くと今度はおまえ自身が生き難い。」
('A`;)・・・うん。
「半々。半分こして動いてみな。それで自分はどっちに動きたいか。どう動きたいかを常に考えること。もしもだ、影で何か言われても気にするな。お前は言われなくちゃ気付けないくらいの鈍感だから。」
('A`;)・・・そんな・・・。
「鈍感だよ。人の痛みにも気付けないくらいのな。」
('A`;)・・・あう・・。
「その癖自分の痛みには敏感と言うどうにも出来ないくらいの駄目人間。」
('A`;)言い過ぎじゃない?
「ま、言い過ぎかどうかは謝っておくけど、とりあえず、これだと思った方向で動くこと。」
('A`;)・・・う~・・。
「それから、お前は頭の切り替えが遅い。精神障害起こしてるんじゃないかと思えるくらいに遅い。テストが終わって疲れているのは解るけど、疲れが取れるのを待っていたら多分みんなからは怒られる。第一夏休みが終わるから。」
('A`;)そこは・・・。
「とりあえず、大学行っておけ。いれば誰かから必ず声かけられる。無視されてる訳じゃないんだから。そこで何かヒントでも得ればいい、何か手伝いをするのもいい。」
('A`;)俺・・・・仕事が・・・。
「大丈夫大丈夫、そんなに人ってのは勝手に生きてるのを許そうとするような存在じゃない。同じように疲れて欲しい、集団ならみんなと同じ感情で動いて欲しい。それが共感だけど、それを感じて欲しくて動かすように出来ている。」
('A`;)そんな感じなの?
「そういうこと。現に昨日怒られたって言ったじゃないか。俺も多分怒る。むしろお前の家を知ってるなら怒鳴りこむ。」
('A`;)うう・・。
「行った方がいい。そして謝っておくこと。まぁ怒られたら怒られたで当然のことと思って受け止めること。その後は・・・」
('A`;)その後は?
「解らんw何せ仕事が無くなったというか、自分で解らなくなったんだからどうしようもない。」
('A`;)そりゃ・・・
「難しいもんだな。留年すると。」
('A`;)・・・うん。
「精神病院にまたかかるぞ、こりゃ。」
('A`;)辞めてよぉ・・。
「ただし、医者は誰にも秘密をばらさない。お前自身が話しても話さない。そういう職業だから。だから、意外と有効かもね。」
('A`;)相談役?
「そう。自分と同じ年代の人間がいなくなる訳だから、誰にも相談できなくなる。しかもお前は変なところでプライドが高いから後輩に弱みを見せたくないとか思ってる。」
('A`;)・・・・うん・・・。
「一度愚痴話とでも思って行ってきたら?去年までかかっていた病院あるんだから、カルテにお前の会話内容とか書かれてるだろうし、そこから分析された薬とかもある。」
('A`;)・・・・・。
「大体お前は何だ?国から認められたれっきとした精神病者。しかも法律で認可されるくらいの。」
('A`;)言わないでよぉ・・・。
「言われたくなければ相談としてでも軽く行って来い。俺よりもいい解決策を持っているだろうし。」
('A`;)・・・いつかね・・。
「駆け込み寺の位置と使い時、忘れるなよ。」
('A`;)・・・うん。
「それじゃ、寝なおす。」
('A`;)・・・おやすみ。
結局、助けになったのかどうか解らない。

「お前さんは他人の価値観とかそういう物とは大分違う。捉え方も考え方も違う。生き方すらも違う。そこの所は厳重に受け止めろ。それでも他人と比べて劣っているわけじゃないから、自信を持ちなさい。」と言われたことを思い出した。
('A`;)どうすればいいのよ・・・
多分、どうにも出来ないだろうな。第一自分には解決できないし。つまりは他人のことは気にせず放っておけ?違うな、自分は自分かな・・。
('A`)・・・どうすればいいのやら・・。
多分、こうして悩んでいる内が危険だ。一番いいのは大学に行くこと。それこそが解決の近道だと思う。
('A`)午後から?
暑い・・・。暑すぎる。
('A`)・・・・すまん。プラス思考と言うか、前向きに行けそうに無い。
色々考えてみたが、どうもまだ無理だ。余裕があるときはそれもできるが、現在はちょっと無理だ。余裕ってどこから来るんだろう。

どこかに虚しさがあるのかな?だとしたらどう解決できるんだろう。今は、何か虚しさが。
求めているのは何だったか、達成感か?やりがいか?
解らん。目を瞑ってしばらく進んでみて、この様だった。結局違うにしても、本腰が入れられない。解らん。


それから、起爆剤で自分を押し出す。こうもしておかないとみんなの元へ行けないというのは、少し問題だと思う。

途中、給油に立ち寄る。やっぱり141円に値上がりしていたので哀しくなる。
('A`)どんどん生活が苦しくなるなぁ・・。

それから、100円ショップにて「えにっきちょう」と「クレヨン」を買う。
絵日記は夏休みの課題として自分に課すんだ。自分への実験だ。それから自分の思うままに今日あったことを描けばいいんだから、何かの発見になってくれればいい。
店内をぶらぶらして、文房具コーナーで見つけた。
('A`)あれ、でもこれって「日記帳」だ・・。
びっしりと縦線の入った日記帳。これじゃ駄目だ。隣にあった「Diary」も駄目だ。同じように文章主体だから。
隣の棚へ。そこにも見つからないので「かんじれんしゅう」と書かれた青いノートが置かれている棚へ。
('∀`)懐かしいな~
懐かしさに心を奪われながら、パラパラと連絡帳をめくっていく。そういえばこんなノートもあったっけ。
棚を見ていくと、ようやくそこに「えにっきちょう」を発見。ただそこにはカブト虫が描かれていたり、虫取り網を持った少年と少女のイラスト、どう考えても夏休み用だった。
('A`)へ~・・・行数少ないんだな。
たったの11行とイラストで表現しないと駄目と言うのは酷だ。しかも売れ行きを見てみると、偶然かもしれないが、6行ノートの方が好調なようだった。
('A`;)うそん・・・。
多分、こんな6行でも苦労するんだろう。実際苦労していた記憶がある。子供たちは、今を生きていて、過去を振り返らないからこんなその日一日を記録していくなんていう行為の意味、解らないんだろうな。
普通に考えるのなら1ページに1日分という普通の文章中心のノートを買うべきだが、文章中心なら俺は大学ノートを買わなければいけないような気がする。でもそれじゃ味気ない。だからこそ絵日記だ。
('∀`)よし、着色も豪快にぺんてるクレヨンと行こうじゃないか。
近くにある18色色鉛筆には目もくれず、12色クレヨンを選んだ。
「210円になりまーす。」
('∀`)あーい
そのまま店を出る。

「ママー、プール早くーー」
「だからってもう水着に着替えること無いでしょう」
?(゚д゚*)!!!
声に反応して自然に振り向いていた俺をどうにかして下さい・・・。
「だって早く泳ぎたいんだもん」
そこにはスクール水着を来た幼女が車の中で肩紐をおもちゃに遊んでいた。
_| ̄|○ お前!もう少し肩紐をずらすんだ!!
そんなキモイ悲鳴を心の中で叫んでいるうちに車は出発していた。
('∀`*)俺はもう少し生きていけそうだ・・・。
幼女へ心の中で感謝の言葉を述べると、大学へ向う。


大学へ到着。そこではオープンキャンパスが行われているようだった。
('A`)なんか高校生多いな・・。
高校生を横目に部室へ。そこではフォーミュラカーが無くなっている。
('A`)あれ?
恐らくはオープンキャンパスに駆り出されているという結論に至るまで、しばらく時間を使う。
('A`)あ、M井さんとY野さん寝てる。
工房の休憩室で毛布に包まって寝ている二人。邪魔するのも悪いので二階の部室へ。

('A`)こ~んに~ち・・・・あれ?
入り口では、小学生の男の子が立っていた。
('A`;)????
俺の存在に気付いたのか、即座に道を開けてくれた。
('A`;)あ、ごめんね。
靴を入ってくる人の邪魔にならぬ場所へ置く。
「あ、ジョニーさんおはようございます~。」
('A`;)おう、大佐、今日ってオープンキャンパスだよな?
「そうですけど?」
('A`;)ちょっと小学生にびっくりしたぞ・・・。
「ははは、そりゃしょうがないですよ。」

色々と、今日はプログラムの組み立てに関して考えてみようと思う。
('A`)え~と・・・H8一本で色々組み込んでいくのかな・・・。
正直まだまだ足りないデータがあるから、後で調べて書いていくしか無いんだろうな。

('∀`)お、大佐、俺絵日記書き始めることにした。
「どこの萌えサイトですか?」
('∀`;)ち、違う。ただの夏休みの絵日記だ。ほら、クレヨンと「えにっきちょう」だ。
ガサゴソと、今日買ってきた絵日記帳を見せる。
「ちょ、えー!?普通に小学生の日記帳じゃないですか!?」
('∀`)凄いだろう?
「はー・・・・・で、どの病状観察ですか?」
('∀`)・・・はい?
「え、医者から言われたんじゃないんですか?ほら、絵で現在の症状を見るって言う・・」
_| ̄|○ それとは違う!
「え、じゃあ普通に!?」
_| ̄|○ 初めから普通にです・・・。

そこから来賓の方へロボットの説明していた青島が休憩に来た。一応お客はいなくなったらしい。
「ふ~・・疲れた。」
('A`)・・・
この時は、しばらくぶりすぎてまだ声が出せないでいた。
「ちょっと安定化電源が調子悪いみたいだね。ロボットも調子悪くなっちゃうよ。」
「あれはどっか壊れたんじゃないですか?」
「う~ん・・・壊れるとなると、少々厄介なんだよなぁ。」
('A`)・・・。
ノートで色々勉強。


「ふ~、疲れた。」
そこへS原登場。
「いよ、留年者。」
_| ̄|○ うるせー!
「何だ?無駄な勉強してるの?」
_| ̄|○ あっちいけーー!
「で、何ヵ年計画で卒業?」
_| ̄|○ もうあっちに行ってーー!
そんな会話。正直凹みます・・・。


後期の授業のことを話したり、意外と大佐が優等生と言うことを聞いてみたり。
「え、単位ですか?・・・一年生終了時に70くらいですかね?」
('Д`)!?
「大丈夫ですよ、半期35単位取れば良いんです。」
_| ̄|○ 機械科って・・凄い。
「何言ってるんですか?僕はえなりと同じ情報科ですよ?」
('Д`;)!?
「だから、ジョニーも後期から大佐と同じように最前列で授業を受けろ。ほとんどの科目を優で通してるこいつだから、多分お前が教えてもらえば普通くらいには行けるだろう。」
S原の言うことも最もだと思う。
('Д`;)塚みたく、160超えたりするの?
「やってみようかな~w」
_| ̄|○ こいつ・・・凄い・・・・


ブロォォォォォン!ブロォォォォォォオオオン!
下でフォーミュラカーが帰ってきたようで、エンジンの唸り声が聞こえた。
('A`)お、挨拶に行くかな。
ちょうど部員もロボットの展示を終えて部室へ戻ってきた。
そして、階段の踊り場に立つ。下に見えるはフォーミュラの皆様。
('A`;)・・・・あ・・・あううう・・・・。
ここで、尻込みする。2週間もテストのためとはいえ顔を出さなかった。正直怖い。
でも、ここで尻込みしてても始まらないし、どうにもならない。挨拶に行って、しばらく来れなかった事を謝ろう。


_| ̄|○ すまん、ここ最近来れなくてすまなかった。
目に付いたA美から始まり、S条他、色々な人に声をかけて謝っていく。
「大丈夫ですよ、ここ最近は。」
_| ̄|○ そっか・・。
「お、ジョニー来たか。」
_| ̄|○ あ、どうもこんにちわ・・。
どうにかしておけ俺の壁を作る特技・・。

それから自分は必要なデータがあるのでマニュアル片手に3次元マップのデータを調べ始める。
('A`;)無いなぁ・・。
「あー、みんな集まって。」
M井さんから集合が掛けられる。
「今日はオープンキャンパス御疲れ様。と言う訳で、今日はこれにて解散。で、目標のデータがこれ、張り出しておくから。でも、これは最低限の数値。本当はこれ以上の数値を出すこと。それから、毎日10時から開始します。9時半集合で10時から開始できるように。」
ほどなくして会議は終了し、自分はM井さんに謝りに行く。
_| ̄|○ ごめんなさい、最近来れなくて!
無言で腹に膝蹴りを入れられるも、多分大丈夫だ・・・。
_| ̄|○ ごめんなさい!ごめんなさい!


そこから、どこかの店へ食べに行こうという話になっていたが、遠目に聞いておく。
('A`)・・・・(ちょっと行きたいけど、話し掛け辛い・・・。)
本当にこの引っ込み思案というか、人との間に壁を作る癖、何とかならないものだろうか。
「おい、お前の車を出しなさい。」
T橋さんから声をかけられる。
('A`;)え、でも俺今日原付・・・。
「だーー、全く使えないなぁ、お前は。」
('A`;)あうう・・・・。


そこから一人調べ物。みんなはもう出かけたようだ。
('A`)ふう・・・。
ぺらぺらとマニュアルをめくるも、やっぱり見つからない。
('A`)仕方ない。パソコンで調べよう。
休憩室に接続されているパソコンで色々調べていく。
('A`)やっぱり三次元マップが欲しければ何か特殊なケーブルが必要だけど、それは無理だな。でも計算方法は?
そこから手持ちのノートにまとめていく。
('A`)φ・・・(y-~~)
外の一角でタバコを吸う。
('A`)y-~~この寂しさは引っ込み思案の俺が悪いんだな・・・ちゃんと踏み込めるようにするか、それよりも大学来た方が得策だ。

('A`)φ・・・。
「こーんにーち・・あれ?」
振り向けばT屋先生が立っていた。
「みんなは?」
('A`)あ、え~と・・・みんな食べに行きました。
「どこへ?」
('A`)これかな?
さっきまで見ていたと思われるページを表示させる。
「誰と誰が?」
('A`)え~と、M井さんと、T橋さん、後N沢さん。他に多数名。
「ふむ、解った。」
それから携帯を取り出してM井さんに連絡を取る。
「お~い、ジョニーに聞いたらそっちにいるっていうことを知ったけど?」
('A`)φ・・・。
「いや、ジョニーに変わる必要は無いよ。それよりも俺にもアイスを買って来い。・・ん?いや、そんな高いのは要らない。セブンイレブンで充分。・・・うん・・・うん。」
_| ̄|○ 先生俺M井さんからどんなこと言われてるの?
「うん、はい。(ピッ!)」
程なくして携帯は切られた。
「うん、最近電装の進みが遅い。」
('A`;)あ・・・そこは・・・。
「いや、別にいいんだけど、もしも買うにしても、そろそろ決めておかないと。特性があるほうが良いのかどうか。話し合わないと。」
('A`;)そうですね・・。
「じゃあ俺はテストの採点しに戻るよ。」
('A`)はい

それから5分と経たなかったようで、みんな戻ってきた。
「ジョニー、お前が車出さなかったからみんな苦労したぞ。」
('A`)へ?
「N沢の車ですし詰めで行ってきたんだぞ」
('A`)あ・・

「ジョニー、先生はどこにいる?」
('A`)え~と、テストの採点をしてるっていう話を聞きました。
「そっか、じゃあ行ってくる。」
('A`)は~い

そして、みんな着替えると帰っていく。
「それじゃあお先~」
('A`)は~い
「なぁジョニー、この前富士樹海に行ってから一週間後、伊豆に行って来た。」
?('A`;)へ?
「やっぱり3日間行程でな、前回と同じようなルートで、やっぱり眠気でカクンカクンしてたりなw」
('A`)あらら・・
「うん、俺も帰るよ。」
('A`)御疲れ様でした~

まとめ途中で二階の部室へ。
('A`)あれ?
「ああ、何だかんだでまだ帰ってないぞ。」
そこには漫画を読んでいるN沢さんがいた。

自分は自分で大佐の後期授業日程を見せてもらう。
('A`)へ~・・・この授業は一緒に出れるかな・・・。
進級と言うか、卒業したかったら本当に頭のいい人から教えてもらわないとどうにも出来ないだろう。

「よし、俺は帰るぞ~」
('A`)御疲れ様~
そしてN沢さんは帰っていった。

?

('A`)φ
さっきも行っていた書き写しをもう一度部室で行う。
('A`)・・・ふう、ちょと横になるかな。
ぐんにゃりとその場で横になっていると、何故かえなりに発泡スチロールブロックで囲まれていた。
('A`)う~ん・・・・これじゃあ・・・棺じゃないか・・・・う~ん・・・

?


何故かそれから7時ごろにえなりの声で起こされる。
「は~~~い、閉めるよ~~!はい、続きは家でやって~~~!ジョニーさんも家で寝てください。」
('A`)う~~ん・・・あれ?
「はい、鍵閉めますよ~!」
('A`)おう、お疲れ~~。

?

帰宅途中で日用品を購入して帰宅。
('A`)本当は食料品も買いたかったけど、何だかなぁ・・。

?

帰宅後に知り合いと話し合う。
('A`)やっほ
「おう、行って来たのか?」
('A`)うん
「で、どうだった?」
('A`)・・・・怖かった・・・。
「は?」
('A`)みんな、普通で怖かった。
「はぁ?」
('A`)2週間でどれだけ変わるのかなって、怖くなった。
「何だそりゃ?」
('A`)人・・・・怖い。
「頭悪いのか?そんな簡単に人ってのは変わらん。まぁ変わるけどな、だけど、そんな一日一日の態度の変化でお前の心境が変わる方が弱いの。馬鹿か?」
('A`;)・・・・
そこから色々話した。
「ふうん・・・寂しかったと。けど、それはお前の言っていた通り、引っ込み思案の弱さが招いた罰だから、ちゃんと受け止めてな。」
('A`;)うん
「ただし、自分で解決策が出来ているならそれでいい。とりあえずそれを実行して、間違っていたと思ったらまた治せばいい。やってみな。」
('A`)はい・・。
「じゃあ、寝る。」
('A`;)・・うん。

?

帰宅後、日記をまとめながら絵日記を描くけど、こいつは本当に一部分だ。子供はこれ以上のことを考えて、動いて、一日を終わらせた。毎日毎日「何も無い一日」「普通の日」「昨日と同じ」で終わらせて、それじゃ駄目だ・・・。
一回死にかけてみろ、本当に一日全てを覚えておくことを渇望するようになるぞ、悩んだりも同様に。だけどな、悩みってのは悩みがなくなった瞬間どんなことに悩んでいたのかさえ忘れる。それも一日と経たずにな。

花火

僕の夏休み 三日目 晴れ時々曇り

今日は、夜からお祭りに行きました。花火がとても綺麗でした。スターマインや打ち上げ花火など、沢山の花火を見ることが出来て、嬉しかったです。
ちなみに僕は友達も親も付き添わずに、一人で行きました。みんなは就職があったり、研究室だったり、実家に帰省しているから、呼ぶに呼べませんでした。きっと、友達も一緒にいればとても楽しかったと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、概要

?

夜更けの一時ごろ、えなりが我が家に来る。
事の発端は調達した品物を渡しに行くことを面倒くさがりな自分が放置していたこと。
「じょに~さ~ん、エンカウントしてくださ~い」
('A`)うるさいや~い
「そんなに言うならこれから僕取りに行きますよ!」
('A`;)・・・・マジ勘弁・・・。
「お願いですから来てくださいよ~。」
('A`;)・・・・あーもう、解ったから、さっさと来いよ。
「やったー!」
('A`;)その代わり、俺の部屋の文句は聞かないからな。
「は~い。それじゃあ午前一時に向かいま~す。」
('A`;)はぁ・・・・
そして、通信も終了すると自分自身の部屋を見渡す。
('A`;)・・・・どうすりゃいいのよ・・・。
正直この惨状を後輩に見られるのは正直厳しい。先輩に見られて怒られるのは別に構わんのだが、後輩からのリアルな声を聞いた瞬間どうだよ、俺は死ぬぞ。

('A`;)ゴミ袋を一箇所に集めておくか。
PC前で滅茶苦茶になっていたゴミ袋を一箇所に集める。それでも積み上げただけだが。
('A`;)・・・・こんなもんかなぁ・・・。

12時45分頃、約束していた待ち合わせ場所へ向うことにする。
('A`)確か、自転車で走った時の時間から考えれば、そろそろだな。

向う最中、待ち合わせ場所までは一本道なのだが、そこで自転車のライトらしき光を確認する。
('A`)ひょっとすると、あれかな?
その予感は的中し、えなりと言うことが判明する。


待ち合わせ場所で落ち合うと、自宅へ移動させる。
('A`)まぁ、入ってくれ。
正直ドキドキ物である。どれだけ引いた悲鳴が出されるのかと思うと、気が気ではない。
「あ、意外と普通。」
意外と言うのはこちらからも言いたい。
('A`)そっか・・大丈夫か・・。

そこから約束していた物を渡す。
途中から、色々な語り合いになっていた。
「それじゃあ、そろそろ大学に帰ります。」
('A`;)は?
「ええ、オープンキャンパスなんで。それと渡された品物も一応確認です。」
('A`;)家じゃなくて?
「大学が私の家です。」
('A`;)・・・・あらそう・・・。
どう返答していいのよこういう時は・・・。


それから解れた後、自分は買い物を始める。真夜中だが、それでも食料に関して足りない物がある。

?

?

で、まぁ帰宅してから色々行うのだが、意外と朝になり、気温も高くなると食欲がなくなってくる。
('A`)胃が・・・
ムカムカした感じの不快感を覚える。正直食べ物なんてどうでもいい、飲み物があればそれでいいという気にさえなってくる。
そんな夏の暑さでやられるお昼。


一度お風呂に入ることにする。水にお湯を足した程度の水に近い状態で入浴。
('∀`)ふぃ~・・・
そこから色々考え事。
('A`)居場所ってどういう意味なんだろう・・・。
考えすぎるのも何なのでさっさと出ることに。
('A`)結論が出せなかったなぁ・・・。
ふらふらとソファで横になると、そのまま熟睡していたらしい。


起床、午後7時。
(;д)  °°
何でこう、自分は自分の生活に対していい加減と言うか、規則正しく出来ないのだろう。
_| ̄|○ 俺って奴は・・・俺って奴は・・・
なんて駄目な奴なのか。それとも本気でそう思っているのか。
一人、何やってるのかと座る。遠くから耳に入るのは花火の音。
('A`)はぁ・・・・歯医者さえも忘れてた・・・。
既にセメントが剥げた虫歯でこれから先の食事をどうすればいいのか、そこが課題だ。
ヒューーーン・・・・・・ドーーーーーン!
遠くから聞こえる轟音に跳ね起きる。今は後悔している場合じゃない。
?('A`;)後悔は後だ、急いで愛野公園行くぞ!!
遠州花火大会、ここに移り住んで早3年。それでも一度も見たことは無かった。何て勿体無い。残りは今回含めて残り2回。その綺麗さを見ておかなくちゃ。

原付をフル稼働させてみる。それでも現在市内は大通りを中心に、混雑。わき道も地元住民が大挙しての混雑状態。その脇をひょいひょい通り抜けていく俺。
('∀`)自転車一台分開いてればそれでいいし~
ヒューーー・・・・ドーーーーン!
何度も大花火が市内を明るく照らす中、俺は次第に人の集まる中心へ近づいていく。
('∀`)・・・ここだ。
愛野大橋付近。夜景百選にも選ばれた場所へ到着。
ヒューーー・・・ドーーーーン!
オオオオオオオオオオオオ!
何度も繰り返す大花火、スターマイン、沸き上がる歓声。
('∀`)・・・お祭りだ。
地元でも、茂木でも見られなかった御祭り。その規模だ。
本当はまだまだ奥に進みたい。無理な注文をつけるなら、愛野大橋の中心で見たい。
('A`;)行き止まり!?
「車両通行禁止、通り抜け禁止」の看板と誘導員を見つける。
('A`;)やっぱり・・・ここで見るしかないのか?
見上げれば、建物に囲まれたりで見られない発射の瞬間。
しばし、途方に暮れた。
「あんたぁ、どこに行く気だい?」
誘導員が俺に声をかけてきた。
('A`;)え、えと、花火が見たくて・・。
「あんた、今回初めてかい?」
('A`;)はい、大学入って、4年目で、花火見てなくて、だけど、綺麗だから見たくて・・。
はっきり言えば無茶苦茶な理屈だ。
「・・・ほい、通りなさい。」
看板を一つ退けて、原付一台分が通れるスペースを作ってくれた。
('A`;)え、あの・・・。
「いいから、花火、見たかったんだろ?」
('∀`)・・・・は、はい。
「気ぃつけてな。」
('∀`)はい!ありがとうございます!
はっきり言えば原付の駆動音で聞こえなかったかもしれないけど、それでもいいや。

ヒュ~~~~~・・・・ドーーーーン!
はっきりと、お腹に伝わる振動が聞こえる。
何だよ、何でこんなに綺麗なんだよ。上を見れば花火の大円しか目に入らない。というか、他に目に入ってこないや。
「凄い・・。」
ああもう、これだけしか表現力が無い自分が憎い。とにかくもう、自分の生きてきた中でこれだけ間近で花火を見たこと無い。地元の御祭り、茂木の御祭り(これは自分の親戚が打ち上げてる花火もあったが。)でも、無かった。大抵山の奥とか遠くで打ち上げられ、それを山の下から見上げることしかなかった。
('∀`)すげ・・・・・・
息を呑まれて、しばらくただ呆然と見上げることしかなかった。


('A`)は!?色々回ってみよう。
焼きそば、たこ焼き。食べる気も無いし、買う気もないけど、回る価値はある。
('A`)うぃしょ・・・うぃしょ・・・
原付を押して歩く。あまり大きな音を立てるのも問題だ。


普通に、通学路として利用している道路側に回ると、そこには屋台が立ち並び、普通に御祭りだった。周りには彼女連れや、子供連れと、何かと静かに見るには不向きな雰囲気。
('A`)・・・戻ろう。
やっぱり、小さい子供と老人のいる静かな場所が一番いい。

そうこうしている間に、プログラムは進んでいく。
('∀`)あはは、綺麗~
自分の記憶の中に花火を入れていく。デジカメ忘れたし、持ってきても、多分俺は使い方が解らない。

花火と煙。火薬が燃える上で、仕方ないことだけど、それには少しの風も必要だ。この溜まった煙を押し流してくれるくらいの風が。
今回は、少し無風だったような気がする。そのせいか、煙が一箇所に留まって流れてくれない。花火の炸裂音は聞こえるのに、光が見えてこない。
('A`)そこが残念だったな。

「ラストとなりました。日本一のスターマインです。」
会場からのアナウンス。個人的に、どれだけの物が飛び出してくるのか楽しみだ。
「自称でしょ?」
横にいる女は黙ってろ。茶化すにしても、他に言うことあるだろうが。ケチをつけるなら、来なくていい。
('A`)化粧も濃いでやんの・・・髪も脱色するか・・・染めるかどっちかにしろ・・・おばちゃんか?
どっちにしても邪魔なことこの上ない。


二発、一拍遅れての一発で大円が送り出された。二発が先に炸裂し、遅れて打ち上げられた一発がその二発よりも一際大きく炸裂する。
('∀`)・・・・。
なんて綺麗なんだろう。
更に、下側でワイヤーを伝い、滝状に流しだされる花火が下側を覆う。
('∀`)すげえ!すげえよ!
見たか!とばかりにさっきまで色々言っていた女の方を見る。
('A`;)携帯弄ってんじゃねえよ。
お前さ、何年この町に暮らしてるか知らないよ。ただ単に一回目の俺だから感動してるだけかもしれない。だったら水を差すような真似せずに見てろよ。見てるのが嫌なら寝てろ、むしろいるな。

?

それでも、中々楽しめた花火大会だった。
('∀`)よし、帰ろう。
原付を起動させて、歩いている人の邪魔にならぬよう、ゆっくりと端を移動。
('A`)ここの道、左だったな。
元来た道を思い出しながら、通行して大通りに出る。
「おお、さっきの。」
('∀`)おじさん、さっきはありがとう!
さっき届かなかった言葉をもう一度言っておく。
「どうだった?」
('∀`)はい、すっごく綺麗だった!
「それは良かった。それじゃあ」
('∀`)ありがとね~


帰りも酷く渋滞の道を原付ですり抜けながら帰宅。
('∀`)・・残り、一回かな。
この町にもいつまでいられるのかどうか解らないから、今のうちに楽しんでおこう。


帰宅後、Y野さんから怒られた。
「みんな忙しいのに一人遊びに行くとは何事だ。」
_| ̄|○ ごめんなさい・・。
明日から、何か行動に移さなくちゃ。このままうじうじしていたらどうにもならない。

?

?

?

?

そして、最近の行動。

ずっと寝てる。夏バテなんか嫌いだ。というか夜から動くのは問題あるんだろうなぁ・・。

熱を出して寝込む

僕の夏休み 二日目 晴れ

今日は、熱を出して寝ていました。やっぱり裸で寝ているのは問題があったようです。頭の痛みで布団に包まりながら、朝から晩まで寝ていました。また今日も夜更かしの生活になりそうです。こうしているから問題も大きくなっていくんだと思います。
未だに部屋掃除の算段が立てられていません。このままでは夏休みが終わってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下概要

8月2日に眠りすぎたので眠れないという事態に発展。
('A`)ま、困る訳でもないし。起きていよう。
一人夕飯の準備。食べ物を探す。
('A`)本棚がまた崩れてきたらしい・・・。
見れば、自分の食料袋に本が大量に覆い被さるように崩れていた。
('A`)この本、読まないんだから処分すれば良いんだけどな・・・。
ドラえもんや、Y氏の隣人と言った、不平等を是正すると言った内容の漫画が大好きだった。正直今も好きだが、社会的なシステムと言った仕方が無い物のために人が殺されてしまうような、そんなブラックユーモアの方が好きになっていた。
簡単に言えば、星新一や渡辺浩弐といった作品だ。
('A`)よくよく見れば、内容も駄目だな。
何か、第三者からの助けを待ちながら、どうにもならない現状に不満を言って、今日を終わらせる。そんな所へ誰か魔法の道具を持ってやってくるのだ。昔はそれを夢見ていた。
('A`#)お前等、そんなことじゃそのまま死んじまうぞ。
元々、その不平等は全部自分が作り上げてきた世界だったんだ。それを他人のせいにして、何を言ってやがる。ここは平等な世界じゃない。自由の世界だと言うのに、何も頑張らずして、不満だけ言っている。
('A`)昔の俺を見ているようで、イライラする。
こんな本は、処分した方がいい。新しい見聞を広げるためには邪魔な物だ。
('A`;)・・・だけどよ、捨てられないんだよな。
昔の自分可愛さ、と言った所か。親近感があるのだ。
('A`;)本音や根っ子の部分じゃ、まだまだこいつらと同じなんだな。
もうちょっと、本当に無駄と思えるそのときまで、持っていることにしよう。


日付が変わる頃、N村さんから会話が来た。
車検のことだったらしい。けど、自分には何も話は無かった。それもそのはず、最近自分は出入りしてなかったのだ。テストのためとは言え、あまり褒められたことではない。

と、同時にえなりからも会話が来た。
('A`)・・・今それ所じゃないんだけどな。

その後、N村さんからは呆れられてしまったのかどうか解らないけど、早々に通信が切られてしまう事になる。
_| ̄|○ どうもすいませんでした。


その後はえなりとの会話を行う。けどもまぁ、俺の大好きな浴衣を女性が着る物だとか抜かしやがって、アホか。俺の好きな服装だ、それを他人の固定観念でどうこう言わせる筋合いは無い。

まぁ、集まってきた備品を部室まで届けに行かなくちゃならないことを思い出した。
これが半分でもいいらしい。
('A`)ま、いいか。
そこからアルバイトに話が飛ぶ。それがまぁ、だから何?と言いたいところだがそれも面倒だ。
('A`)・・・・ま、いいや。放っておこう。
色々言いたいことはあるが、それも面倒臭い。


2時くらいに会話が終了。その後、自分も寝始めた。本当は頭痛が酷くなってきた。
('A`;)イタタタタタ・・・・
何かこう、脈に合わせて痛くなってくる。気をつけないとどうにもならない。
('A`;)う~・・・ちょっと寝よう。


そして、明るくなり始める午前4時。もう一度目覚める。
('A`)やっぱり無駄に生きてるなぁ。
そう思う。なら、今日こそ動こう。部屋も掃除しよう。気になっているプログラム課題も動かそう。
('A`;)やっぱり人が住める部屋ではない。
台所:虫だらけ
居間:床は見えない。
そもそも台所を仕切る扉を開ける気にならないのだ。腐った匂いがこちらまで入ってくるから。
('A`)最後に洗ったのって・・いつだっけ?
確か、流し台の一番下に張り付いているゴミの日付が最後に掃除したことになる。
?('A`;)5月2日!?
丸々3ヶ月、放って置いたということらしい。通りで虫の生命サイクルの観察が出来た訳だ。
('A`)まぁ蛆も湧いてるから実に夏らしいということで・・。
そういう問題でも無いだろう。


時間は過ぎて、7時前。あれから更に頭痛は酷くなる。
_| ̄|○ 痛い痛い痛い痛い・・・
頭を触っても、熱は無いらしい。原因のわからぬ頭痛に少し困る。
('A`;)風邪の原因って、何かあったかな?
少し思い返す。昨日の行動全般。
('A`)・・・・・('A`)?・・・・・・(゚д゚)!!!!
重要なことを忘れていたらしい。
_| ̄|○ クーラー効かせた部屋で全裸・・・・
まさしくそれだったようだ。恐らくは風邪を引いた。それも喉や鼻に来ない、直通で頭に行ったらしい。
('A`)う~・・・頭がドクドク言ってる・・・。


それから、色々とログをまとめ始める。大事なこと、留年の俺に言ってくれた大事なことをまとめる。
('A`)・・・DCAサイクル?PDCAサイクルじゃなくて?
まぁ困っているなら取り入れてみるのもいいかもしれない、そんな理由で話されたことだ。
一応調べてみる。
結果:
DCAサイクル:原発の核燃料の使い方
PDCAサイクル:経営や仕事の上で重要な方法
('A`)打ち間違ってたんだろうな。
現在は頭痛薬を見て使うべきか否かで迷っている。
('A`)確かに大学が無いなら使いたいが、いや、でも現在大学ってのは・・・。
色々と迷う。


午前9時、悪寒、鼻水、熱と頭痛。
_| ̄|○ 本格的に風邪か・・・。
そのままぐったりと寝始める。時々起きたりして水分補給。


午後8時半、ようやく熱も下がり、水分補給。
そうしてぼんやりと起き上がる。意外と汗だくだくの状態だったようだ。
('~`)シャクシャク・・・
フルーツシリアルに牛乳をかけて食べるが、どうもそれは胃に重い。
('A`;)俺には合わないのかなぁ・・・。

いい加減外へ出ないと、本格的に駄目になる。


午後10時ごろ、部室へ荷物を届けに行くが、既に電気は消えており、部員はいないようだ。仕方ないのでUターンして帰宅。

熱を出して寝込む

僕の夏休み 二日目 晴れ

今日は、熱を出して寝ていました。やっぱり裸で寝ているのは問題があったようです。頭の痛みで布団に包まりながら、朝から晩まで寝ていました。また今日も夜更かしの生活になりそうです。こうしているから問題も大きくなっていくんだと思います。
未だに部屋掃除の算段が立てられていません。このままでは夏休みが終わってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下概要

8月2日に眠りすぎたので眠れないという事態に発展。
('A`)ま、困る訳でもないし。起きていよう。
一人夕飯の準備。食べ物を探す。
('A`)本棚がまた崩れてきたらしい・・・。
見れば、自分の食料袋に本が大量に覆い被さるように崩れていた。
('A`)この本、読まないんだから処分すれば良いんだけどな・・・。
ドラえもんや、Y氏の隣人と言った、不平等を是正すると言った内容の漫画が大好きだった。正直今も好きだが、社会的なシステムと言った仕方が無い物のために人が殺されてしまうような、そんなブラックユーモアの方が好きになっていた。
簡単に言えば、星新一や渡辺浩弐といった作品だ。
('A`)よくよく見れば、内容も駄目だな。
何か、第三者からの助けを待ちながら、どうにもならない現状に不満を言って、今日を終わらせる。そんな所へ誰か魔法の道具を持ってやってくるのだ。昔はそれを夢見ていた。
('A`#)お前等、そんなことじゃそのまま死んじまうぞ。
元々、その不平等は全部自分が作り上げてきた世界だったんだ。それを他人のせいにして、何を言ってやがる。ここは平等な世界じゃない。自由の世界だと言うのに、何も頑張らずして、不満だけ言っている。
('A`)昔の俺を見ているようで、イライラする。
こんな本は、処分した方がいい。新しい見聞を広げるためには邪魔な物だ。
('A`;)・・・だけどよ、捨てられないんだよな。
昔の自分可愛さ、と言った所か。親近感があるのだ。
('A`;)本音や根っ子の部分じゃ、まだまだこいつらと同じなんだな。
もうちょっと、本当に無駄と思えるそのときまで、持っていることにしよう。


日付が変わる頃、N村さんから会話が来た。
車検のことだったらしい。けど、自分には何も話は無かった。それもそのはず、最近自分は出入りしてなかったのだ。テストのためとは言え、あまり褒められたことではない。

と、同時にえなりからも会話が来た。
('A`)・・・今それ所じゃないんだけどな。

その後、N村さんからは呆れられてしまったのかどうか解らないけど、早々に通信が切られてしまう事になる。
_| ̄|○ どうもすいませんでした。


その後はえなりとの会話を行う。けどもまぁ、俺の大好きな浴衣を女性が着る物だとか抜かしやがって、アホか。俺の好きな服装だ、それを他人の固定観念でどうこう言わせる筋合いは無い。

まぁ、集まってきた備品を部室まで届けに行かなくちゃならないことを思い出した。
これが半分でもいいらしい。
('A`)ま、いいか。
そこからアルバイトに話が飛ぶ。それがまぁ、だから何?と言いたいところだがそれも面倒だ。
('A`)・・・・ま、いいや。放っておこう。
色々言いたいことはあるが、それも面倒臭い。


2時くらいに会話が終了。その後、自分も寝始めた。本当は頭痛が酷くなってきた。
('A`;)イタタタタタ・・・・
何かこう、脈に合わせて痛くなってくる。気をつけないとどうにもならない。
('A`;)う~・・・ちょっと寝よう。


そして、明るくなり始める午前4時。もう一度目覚める。
('A`)やっぱり無駄に生きてるなぁ。
そう思う。なら、今日こそ動こう。部屋も掃除しよう。気になっているプログラム課題も動かそう。
('A`;)やっぱり人が住める部屋ではない。
台所:虫だらけ
居間:床は見えない。
そもそも台所を仕切る扉を開ける気にならないのだ。腐った匂いがこちらまで入ってくるから。
('A`)最後に洗ったのって・・いつだっけ?
確か、流し台の一番下に張り付いているゴミの日付が最後に掃除したことになる。
?('A`;)5月2日!?
丸々3ヶ月、放って置いたということらしい。通りで虫の生命サイクルの観察が出来た訳だ。
('A`)まぁ蛆も湧いてるから実に夏らしいということで・・。
そういう問題でも無いだろう。


時間は過ぎて、7時前。あれから更に頭痛は酷くなる。
_| ̄|○ 痛い痛い痛い痛い・・・
頭を触っても、熱は無いらしい。原因のわからぬ頭痛に少し困る。
('A`;)風邪の原因って、何かあったかな?
少し思い返す。昨日の行動全般。
('A`)・・・・・('A`)?・・・・・・(゚д゚)!!!!
重要なことを忘れていたらしい。
_| ̄|○ クーラー効かせた部屋で全裸・・・・
まさしくそれだったようだ。恐らくは風邪を引いた。それも喉や鼻に来ない、直通で頭に行ったらしい。
('A`)う~・・・頭がドクドク言ってる・・・。


それから、色々とログをまとめ始める。大事なこと、留年の俺に言ってくれた大事なことをまとめる。
('A`)・・・DCAサイクル?PDCAサイクルじゃなくて?
まぁ困っているなら取り入れてみるのもいいかもしれない、そんな理由で話されたことだ。
一応調べてみる。
結果:
DCAサイクル:原発の核燃料の使い方
PDCAサイクル:経営や仕事の上で重要な方法
('A`)打ち間違ってたんだろうな。
現在は頭痛薬を見て使うべきか否かで迷っている。
('A`)確かに大学が無いなら使いたいが、いや、でも現在大学ってのは・・・。
色々と迷う。


午前9時、悪寒、鼻水、熱と頭痛。
_| ̄|○ 本格的に風邪か・・・。
そのままぐったりと寝始める。時々起きたりして水分補給。


午後8時半、ようやく熱も下がり、水分補給。
そうしてぼんやりと起き上がる。意外と汗だくだくの状態だったようだ。
('~`)シャクシャク・・・
フルーツシリアルに牛乳をかけて食べるが、どうもそれは胃に重い。
('A`;)俺には合わないのかなぁ・・・。

いい加減外へ出ないと、本格的に駄目になる。


午後10時ごろ、部室へ荷物を届けに行くが、既に電気は消えており、部員はいないようだ。仕方ないのでUターンして帰宅。

僕の夏休み 第一日目

僕の夏休み 第一日目 晴れ 近所の素っ裸で遊んでいた子供のチンチンの長さ、3cm


今日から夏休みになりました。僕はテストがあると思って準備していましたけど、無いことが解ったので一日ふて寝することにしました。
午前6時まで起きていると、ラジオ体操へいく近所の子供たちの姿が見えました。でも僕はラジオ体操へ行く必要がありません。カーテンを閉めると、そのまま眠りにつきました。


次に目が覚めるのは、お昼の12時でした。僕は、冷蔵庫からお餅を取り出すと、温めて食べました。付けるのは醤油しかありませんでしたけど、とてもおいしかったです。
その後、おもてから大声を上げて遊んでいる子供たちを見て、もう一度眠りにつきました。


次に起きると、もう外は真っ暗で、夜の8時になっていました。
流石に夜明けと共にお風呂に入った後から裸なのも気分が悪いので、浴衣を着ました。
下着は洗濯層の中にあります。でも取り出して着替える気はありませんでしたから、下着はありません。


そして、ラジオから流れてくる声をぼんやりと聞き流しながら横になっていると、もう少しで夜の11時になろうとしています。
こうして僕の夏休みは駄目な一日目として、始まりました。

僕の夏休み 第一日目

僕の夏休み 第一日目 晴れ 近所の素っ裸で遊んでいた子供のチンチンの長さ、3cm


今日から夏休みになりました。僕はテストがあると思って準備していましたけど、無いことが解ったので一日ふて寝することにしました。
午前6時まで起きていると、ラジオ体操へいく近所の子供たちの姿が見えました。でも僕はラジオ体操へ行く必要がありません。カーテンを閉めると、そのまま眠りにつきました。


次に目が覚めるのは、お昼の12時でした。僕は、冷蔵庫からお餅を取り出すと、温めて食べました。付けるのは醤油しかありませんでしたけど、とてもおいしかったです。
その後、おもてから大声を上げて遊んでいる子供たちを見て、もう一度眠りにつきました。


次に起きると、もう外は真っ暗で、夜の8時になっていました。
流石に夜明けと共にお風呂に入った後から裸なのも気分が悪いので、浴衣を着ました。
下着は洗濯層の中にあります。でも取り出して着替える気はありませんでしたから、下着はありません。


そして、ラジオから流れてくる声をぼんやりと聞き流しながら横になっていると、もう少しで夜の11時になろうとしています。
こうして僕の夏休みは駄目な一日目として、始まりました。

日付間違え試験が終了

午前1時になった。今まではラジオをかけていたから勉強に身が入らなかった。しかもそれでも何かはしていると言う気になっているから勉強もしないという悪循環を作り出していたので、思い切ってラジオを終了した。

暗記物なので少し苦労する。ここから何とかして覚えていかないと。今日の午後からだから時間的には余裕かもしれないけど、足掻けるだけ足掻いておこう。どうせ馬鹿なら馬鹿なりの底力を出せたら、と思う。

そしてやる気がしなくなって尚のこと途方に暮れている。もう嫌になる。
('A`)おっぱいを、眺めて終わる、夜更けかな
そんな現在


あれから一時間ほど頑張ってきた。それでも何でこんなにやる気が起きないのだろうか。きっと山場を越えてしまってやる気が起きないのだと言う締めくくりにしておく。こんな事で最終日まで戦えるのだろうか。


午前3時を過ぎる。O庭さんから緊急的なチャットが入る。どうしたのかと思えば現在状況を聞いてきたとの事。
そして自分も途方にくれる。いや、向こう側が勉強頑張っていたとしてもこっちは焦るに決まっている。だとしたら、現状はこれで良いんだ。
とりあえず、ノートに書いて頑張ろう。見直す気は無いんだ、ただ書いて、覚えるだけなんだ。


そして4時になった。何故かチャット画面から送られてきた雑誌を読む。やっぱりレイプとか集団和姦とかやってられない。というか見てられない。
とにかく早く終わらせよう。こうしている間にも空は紫色になり、朝の様子が垣間見えるのだから。
ラジオを起動させる。どこまで行けるかはわからないけど、それでもやれることはやっておく。


6時を目前にして、ようやくノートまとめは終了した。でだ、覚えた?と聞かれるとしようか?
ーーーーーーーーー全然
おう、そう答えるしかありませんよ。ちょいとした作業勉強ですよ。こんな自分がいやになりますよ。そしてボールペンのインクの減り加減を見てニコニコ顔の俺がここにおりますよ。それでもこれからこいつを覚えるんですよ。それが今回のメインテーマですよ?
そんなことは知りませんよ。覚えられませんよ。


7時ごろから眠くなるので仮眠を開始。今日の4時間目からなので午後2時半までに大学の教室にいれば良いので何時に起きた物やら・・・。


午前10時45分、起床。ここから色々と勉強開始だ。頭が少し重いが、これから頑張るしかない。


あれから色々やること午後1時半。パソコンにデフラグをかけると自分は大学へ出発した。

('A`)おはよう・・。
「おう・・・。」
寝ぼけ顔というか、割と酷い表情のO庭さんと会う。聞けばあれから寝ていないという。
('A`)どう?
「どうもこうもなぁ・・・。」
('A`)同じく・・・・。
二人同時に溜息をつく。
「とりあえず、在庫時間の求め方だけでも覚えておこうか。」
('A`)そうだね・・。

「どんな勉強やった?」
('A`)ノートにまとめてたかな。
「それで、覚えた?」
('A`;)・・・・。
「そんな事するよりも覚えた方がいい。最低限言葉の意味くらいは覚えなさい。」
('A`;)はい。
その後、試験は開始される。
_| ̄|○ 解らない・・・。
何だこの問3を採点するためには問2を先に解いてなければいけないって・・・しかも問2の結果によっては同じく問3は採点されない!?
ヽ(`Д´)ノ どうすりゃいいのよ!
そして問題の2番を見れば難しさでげんなりする問題のオンパレード。
(;´Д`)・・・・。
解らないなりにも書き込んでおく。少しづつ解いていけばいい。思い出すこともあるだろうから。

一時間後といわず、45分後。
('A`)・・・・。
そこには虚ろな目で天井を見上げる俺がいた。
('A`)俺この先生と相性悪い・・・。
そして一時間が経過すると、退出が可能となった。さっさと出ることにする。


工房に立ち寄るとそこでは車体にもなかなかの作業が加えられている。
('A`;)・・・・(早く自分も手伝わないと・・・。)
そうは言っても明日の試験を終わらせないとどうにもならない。
('A`)早く、終わらせないとな。

ついでに部室にも立ち寄る。
('A`)? 誰だ、線香焚いてるの。
部室に充満する蚊取り線香の匂い。夏の匂いだ。
「あ、こんにちわ~。部屋の端にありますよ。」
CAD用パソコンで作業中のM田に出会う。
('A`)おう、これか。
部屋の隅で死んでいるS原を放置すると、しばらく談笑する。
('A`)M田はもう夏休み?
「はい、夏休みです。」
('A`)いいな~、こっちは最終日に後一教科だ。
「頑張ってくださいね。」
('A`)おう、じゃあね。


帰宅の際、やっぱり100円ショップへ。
('A`)コーヒーと、ポテトかな。
お気に入りの商品を小脇に抱え、レジに向う。
('A`)で、この漫画にしか出てこないような円盤型の飴はおいしいのかな?
円盤というか、円盤状の飴部分に棒を挿した物。確か昔食べた記憶ではただ甘いだけだった思い出しかない。
('A`)飴とガムとグミ。どれがいいかな?
飴はあまり面白そうな(?)商品が無いので放っておく。ガムは歯に悪いのでこれまた放置。グミに関しても余り目を引く商品が無いので棚に戻す。

('A`)タバコ関連商品は、特に無し、と。
何か面白そうな商品があれば買ったがそんなに面白そうな商品はない。
('A`)この筒状の携帯灰皿ならいいかな?
そんなことを考えながらも買わずに戻す。

?

帰宅後、ポテトとコーヒーで遅めの昼飯にする。
('~`)・・・・お、デフラグが96%になってる。
と同時にチャットがきているので通信する。どうやら先に家についたO庭さんだった。
「寝不足だったからね、疲れたよ。」
('~`)御疲れ様~
「どうだった?」
_| ̄|○ 撃沈!
「御疲れ様・・・。」

そんな会話をしていると、デフラグは終りを告げた。
('A`)よし、これで幾分か寿命が延びただろう。
ただ、デフラグソフトとチャット、ネットワークの為に使用されたCドライブでは赤い文字の「警告!」が表示されていた。温度が異常に上がっているのだ。

('A`)このテストが終わったら、以前から予定していた模様替えと、部屋の大掃除を行いたい。もう人の住む部屋じゃない。

一応現在は50cm四方の場所を作ってそこで勉強している。寝場所もそこである。
色々とゴミや生ゴミ、虫の発生ポイントが幾つも設置されているので泣けてくる。
('A`)必ず綺麗にしてやるからな・・・。
買ったベッド、机が機能していないというのは哀しい物だ。
('A`)テストが終わったらこの部屋の写真を撮って、そこからフローチャート状に流れを決めて、掃除などの算段を立てて。
色々と夢は膨らむばかりだ。

?

午後9時を前にして、ふと思うことがある。
('∀`)あれ、制御基礎って明日だよな~。
何とはなしにテスト中に配られた用紙を見る。ここには追試があった場合の日付が書かれている。
「追試は8月2日の2時間目。該当者は掲示板にて張り出します。」
(゚д゚)・・・・・・・・・・

慌ててB国さんに確認メールを送る。
「今日でしたよ、忘れてました?」と返信。
_| ̄|○ おう、すっかり忘れていたぜ!
文面じゃ元気なのだが正直泣きたい。


('A`)・・・・何もすることが無い・・・・。
と同時に激しい目の痛み。そんなに苦労するなら寝れば良いのに俺はパソコンのモニターを眺めつづけている。

日付間違え試験が終了

午前1時になった。今まではラジオをかけていたから勉強に身が入らなかった。しかもそれでも何かはしていると言う気になっているから勉強もしないという悪循環を作り出していたので、思い切ってラジオを終了した。

暗記物なので少し苦労する。ここから何とかして覚えていかないと。今日の午後からだから時間的には余裕かもしれないけど、足掻けるだけ足掻いておこう。どうせ馬鹿なら馬鹿なりの底力を出せたら、と思う。

そしてやる気がしなくなって尚のこと途方に暮れている。もう嫌になる。
('A`)おっぱいを、眺めて終わる、夜更けかな
そんな現在


あれから一時間ほど頑張ってきた。それでも何でこんなにやる気が起きないのだろうか。きっと山場を越えてしまってやる気が起きないのだと言う締めくくりにしておく。こんな事で最終日まで戦えるのだろうか。


午前3時を過ぎる。O庭さんから緊急的なチャットが入る。どうしたのかと思えば現在状況を聞いてきたとの事。
そして自分も途方にくれる。いや、向こう側が勉強頑張っていたとしてもこっちは焦るに決まっている。だとしたら、現状はこれで良いんだ。
とりあえず、ノートに書いて頑張ろう。見直す気は無いんだ、ただ書いて、覚えるだけなんだ。


そして4時になった。何故かチャット画面から送られてきた雑誌を読む。やっぱりレイプとか集団和姦とかやってられない。というか見てられない。
とにかく早く終わらせよう。こうしている間にも空は紫色になり、朝の様子が垣間見えるのだから。
ラジオを起動させる。どこまで行けるかはわからないけど、それでもやれることはやっておく。


6時を目前にして、ようやくノートまとめは終了した。でだ、覚えた?と聞かれるとしようか?
ーーーーーーーーー全然
おう、そう答えるしかありませんよ。ちょいとした作業勉強ですよ。こんな自分がいやになりますよ。そしてボールペンのインクの減り加減を見てニコニコ顔の俺がここにおりますよ。それでもこれからこいつを覚えるんですよ。それが今回のメインテーマですよ?
そんなことは知りませんよ。覚えられませんよ。


7時ごろから眠くなるので仮眠を開始。今日の4時間目からなので午後2時半までに大学の教室にいれば良いので何時に起きた物やら・・・。


午前10時45分、起床。ここから色々と勉強開始だ。頭が少し重いが、これから頑張るしかない。


あれから色々やること午後1時半。パソコンにデフラグをかけると自分は大学へ出発した。

('A`)おはよう・・。
「おう・・・。」
寝ぼけ顔というか、割と酷い表情のO庭さんと会う。聞けばあれから寝ていないという。
('A`)どう?
「どうもこうもなぁ・・・。」
('A`)同じく・・・・。
二人同時に溜息をつく。
「とりあえず、在庫時間の求め方だけでも覚えておこうか。」
('A`)そうだね・・。

「どんな勉強やった?」
('A`)ノートにまとめてたかな。
「それで、覚えた?」
('A`;)・・・・。
「そんな事するよりも覚えた方がいい。最低限言葉の意味くらいは覚えなさい。」
('A`;)はい。
その後、試験は開始される。
_| ̄|○ 解らない・・・。
何だこの問3を採点するためには問2を先に解いてなければいけないって・・・しかも問2の結果によっては同じく問3は採点されない!?
ヽ(`Д´)ノ どうすりゃいいのよ!
そして問題の2番を見れば難しさでげんなりする問題のオンパレード。
(;´Д`)・・・・。
解らないなりにも書き込んでおく。少しづつ解いていけばいい。思い出すこともあるだろうから。

一時間後といわず、45分後。
('A`)・・・・。
そこには虚ろな目で天井を見上げる俺がいた。
('A`)俺この先生と相性悪い・・・。
そして一時間が経過すると、退出が可能となった。さっさと出ることにする。


工房に立ち寄るとそこでは車体にもなかなかの作業が加えられている。
('A`;)・・・・(早く自分も手伝わないと・・・。)
そうは言っても明日の試験を終わらせないとどうにもならない。
('A`)早く、終わらせないとな。

ついでに部室にも立ち寄る。
('A`)? 誰だ、線香焚いてるの。
部室に充満する蚊取り線香の匂い。夏の匂いだ。
「あ、こんにちわ~。部屋の端にありますよ。」
CAD用パソコンで作業中のM田に出会う。
('A`)おう、これか。
部屋の隅で死んでいるS原を放置すると、しばらく談笑する。
('A`)M田はもう夏休み?
「はい、夏休みです。」
('A`)いいな~、こっちは最終日に後一教科だ。
「頑張ってくださいね。」
('A`)おう、じゃあね。


帰宅の際、やっぱり100円ショップへ。
('A`)コーヒーと、ポテトかな。
お気に入りの商品を小脇に抱え、レジに向う。
('A`)で、この漫画にしか出てこないような円盤型の飴はおいしいのかな?
円盤というか、円盤状の飴部分に棒を挿した物。確か昔食べた記憶ではただ甘いだけだった思い出しかない。
('A`)飴とガムとグミ。どれがいいかな?
飴はあまり面白そうな(?)商品が無いので放っておく。ガムは歯に悪いのでこれまた放置。グミに関しても余り目を引く商品が無いので棚に戻す。

('A`)タバコ関連商品は、特に無し、と。
何か面白そうな商品があれば買ったがそんなに面白そうな商品はない。
('A`)この筒状の携帯灰皿ならいいかな?
そんなことを考えながらも買わずに戻す。

?

帰宅後、ポテトとコーヒーで遅めの昼飯にする。
('~`)・・・・お、デフラグが96%になってる。
と同時にチャットがきているので通信する。どうやら先に家についたO庭さんだった。
「寝不足だったからね、疲れたよ。」
('~`)御疲れ様~
「どうだった?」
_| ̄|○ 撃沈!
「御疲れ様・・・。」

そんな会話をしていると、デフラグは終りを告げた。
('A`)よし、これで幾分か寿命が延びただろう。
ただ、デフラグソフトとチャット、ネットワークの為に使用されたCドライブでは赤い文字の「警告!」が表示されていた。温度が異常に上がっているのだ。

('A`)このテストが終わったら、以前から予定していた模様替えと、部屋の大掃除を行いたい。もう人の住む部屋じゃない。

一応現在は50cm四方の場所を作ってそこで勉強している。寝場所もそこである。
色々とゴミや生ゴミ、虫の発生ポイントが幾つも設置されているので泣けてくる。
('A`)必ず綺麗にしてやるからな・・・。
買ったベッド、机が機能していないというのは哀しい物だ。
('A`)テストが終わったらこの部屋の写真を撮って、そこからフローチャート状に流れを決めて、掃除などの算段を立てて。
色々と夢は膨らむばかりだ。

?

午後9時を前にして、ふと思うことがある。
('∀`)あれ、制御基礎って明日だよな~。
何とはなしにテスト中に配られた用紙を見る。ここには追試があった場合の日付が書かれている。
「追試は8月2日の2時間目。該当者は掲示板にて張り出します。」
(゚д゚)・・・・・・・・・・

慌ててB国さんに確認メールを送る。
「今日でしたよ、忘れてました?」と返信。
_| ̄|○ おう、すっかり忘れていたぜ!
文面じゃ元気なのだが正直泣きたい。


('A`)・・・・何もすることが無い・・・・。
と同時に激しい目の痛み。そんなに苦労するなら寝れば良いのに俺はパソコンのモニターを眺めつづけている。

勉強が出来なくて途方に暮れております


現在はラジオを聞きながら知りたいことを探すも、それは恐らく逃避でしかない。だからそろそろ頭を切り替えておいた方が良いな。


頭の中で考えている世界を実現させたい物だと言う。
そして勉強しながら時々パソコンの前に座り、Javaの解説ページというか、ITエンジニアのページを見ている。これがなかなか楽しい。
('∀`)あはー・・・・いいね
いや、勉強あるのは知っている。機械加工学の力学のことだ、意外とやっぱり掴み所が無い。



何度か力学の勉強にいそしむも、「何でこうなるんだろう?」という疑問しか生まれてこない。そのため不貞寝モードに移るのが午前7時。フリーソフトで目覚し時計を探してインストール。音量最大のアラームを流せるように設定すると、そのまま眠りにつく。何と言うか、機械加工学はほとんど追試への期待を持っている。
ここまで来ると流石に負け犬根性だ、あんまり頭がよろしくない。


?


次に目が覚めるのは、午後2時。
('A`)うーーーー・・ん・・・・俺のチンコが取れた・・。
夢の内容は忘れたけどそんな寝言で御目覚め。


取り合えず訳も解らず焦りながら荷物をまとめたりする。


?



午後3時を過ぎて、パソコンにデフラグをさせると出発した。
表を走ると、そこは夏休み一色な世界が広がっていた。
('A`)幸せそうだな・・・・



大学へ到着、早めに試験教室へ。
そこで勉強しているとI川さんが来たようで、俺の後ろへついた。
「シャーペンで刺していい?」
('A`;)勘弁・・・
そんな会話をしながらテスト開始。力学は何とか解けるが、それ以降厳しくなってきた。
('A`)駄目だ、解けない。
試験開始から30分が過ぎて、自分は退出した。



カナカナカナカナ・・・・
ひぐらしの鳴く大学から出ると、帰宅になる。
('A`)ああ・・・住宅街なんて通るんじゃなかった・・・。
そこでも夏休みが展開されていて、少し嫌になる。


帰宅前に店で飲み物と簡単な食べ物を購入。



('A`)なんだ、デフラグまだ終わってないのか・・・。
50%まで進んだデフラグを中止させるとそのまま昨日見ていたエンジニアのサイトを鑑賞。
('A`)なりたいもんだ・・・・。


?


7時を過ぎる頃、一旦眠る。
8時半に起きてテレビを見る。
そこからも勉強していない自分に軽く焦る。



夕飯を作ろうと台所に立つが、箱に入っているフルーツシリアルを軽く食べていたらそれだけでお腹が一杯になるという状態。
('A`;)どうしよう・・・
そこへ食事が完成したことを告げるチャイムが・・・。
('A`)無理だな・・。


?


10時を過ぎる頃、えなりと会話している。
「エロゲが欲しいです!」
_| ̄|○ 帰れ!



そこから何とか勉強。今回は暗記を中心としているので厳しすぎ。
('A`)俺、この科目落とすなぁ・・絶対。
月曜日は1と3、火曜日は2と3、水曜日は1、金曜日が1と4。計7教科、14単位が自信ある。
自信ない教科だけど、それでも頑張らないと。


?


そんな一日。
頼むから、まだ活力が欲しい。ここで息切れをさせるな。


勉強が出来なくて途方に暮れております


現在はラジオを聞きながら知りたいことを探すも、それは恐らく逃避でしかない。だからそろそろ頭を切り替えておいた方が良いな。


頭の中で考えている世界を実現させたい物だと言う。
そして勉強しながら時々パソコンの前に座り、Javaの解説ページというか、ITエンジニアのページを見ている。これがなかなか楽しい。
('∀`)あはー・・・・いいね
いや、勉強あるのは知っている。機械加工学の力学のことだ、意外とやっぱり掴み所が無い。



何度か力学の勉強にいそしむも、「何でこうなるんだろう?」という疑問しか生まれてこない。そのため不貞寝モードに移るのが午前7時。フリーソフトで目覚し時計を探してインストール。音量最大のアラームを流せるように設定すると、そのまま眠りにつく。何と言うか、機械加工学はほとんど追試への期待を持っている。
ここまで来ると流石に負け犬根性だ、あんまり頭がよろしくない。


?


次に目が覚めるのは、午後2時。
('A`)うーーーー・・ん・・・・俺のチンコが取れた・・。
夢の内容は忘れたけどそんな寝言で御目覚め。


取り合えず訳も解らず焦りながら荷物をまとめたりする。


?



午後3時を過ぎて、パソコンにデフラグをさせると出発した。
表を走ると、そこは夏休み一色な世界が広がっていた。
('A`)幸せそうだな・・・・



大学へ到着、早めに試験教室へ。
そこで勉強しているとI川さんが来たようで、俺の後ろへついた。
「シャーペンで刺していい?」
('A`;)勘弁・・・
そんな会話をしながらテスト開始。力学は何とか解けるが、それ以降厳しくなってきた。
('A`)駄目だ、解けない。
試験開始から30分が過ぎて、自分は退出した。



カナカナカナカナ・・・・
ひぐらしの鳴く大学から出ると、帰宅になる。
('A`)ああ・・・住宅街なんて通るんじゃなかった・・・。
そこでも夏休みが展開されていて、少し嫌になる。


帰宅前に店で飲み物と簡単な食べ物を購入。



('A`)なんだ、デフラグまだ終わってないのか・・・。
50%まで進んだデフラグを中止させるとそのまま昨日見ていたエンジニアのサイトを鑑賞。
('A`)なりたいもんだ・・・・。


?


7時を過ぎる頃、一旦眠る。
8時半に起きてテレビを見る。
そこからも勉強していない自分に軽く焦る。



夕飯を作ろうと台所に立つが、箱に入っているフルーツシリアルを軽く食べていたらそれだけでお腹が一杯になるという状態。
('A`;)どうしよう・・・
そこへ食事が完成したことを告げるチャイムが・・・。
('A`)無理だな・・。


?


10時を過ぎる頃、えなりと会話している。
「エロゲが欲しいです!」
_| ̄|○ 帰れ!



そこから何とか勉強。今回は暗記を中心としているので厳しすぎ。
('A`)俺、この科目落とすなぁ・・絶対。
月曜日は1と3、火曜日は2と3、水曜日は1、金曜日が1と4。計7教科、14単位が自信ある。
自信ない教科だけど、それでも頑張らないと。


?


そんな一日。
頼むから、まだ活力が欲しい。ここで息切れをさせるな。


 | HOME | 

 

プロフィール

傷病廃人

Author:傷病廃人
連絡はこちらにftmpr106☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

1984年6月9日
栃木県益子町在住

アニメオタクに戻りたいと思いつつ、ゲームオタクに戻りたいと思いつつも不規則勤務から戻れそうも無いと断念

現在は専属のコスプレさんと同行して撮影会を楽しんでます
フィルムカメラ大好きな人間と旅をしたり、デジタルカメラが大好きな人と旅したり、クルマ好きとドライブしたりゲーセン仲間とゲーセン巡りしたりと今を精一杯楽しむことに

面倒な性格と面倒な精神病
あまり出さないように努力だけはしている


趣味は映画鑑賞とカメラ

カメラはPentaxK-mとK-5
レンズは短焦点1本とズーム2本を常用

他にコンデジはRicohCX4、扱いやすさが魅力

フィルム一眼レフはCANON EOS5
他にCANON AV-1、ミノルタa7700i
短焦点数本とズームレンズ、純正ストロボを活用
フィルムはフジを使いたいが財布との相談で中古のコダックやアグファになることが少々


こんな人間ですがよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2006年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん