じょにその日記

社会のお荷物

070827

夜11時30分。家族に別れを告げる。姉の車移動は終わったようだ。
('A`)2週間、お世話になりました。行ってきます
母「行ってきます、なんだw」
('A`)なるべくまた戻るように考えています
母「うん、行ってらっしゃい」


とにかくカーナビの設定と、iPodを繋げて認識させよう。
コンビニで設定を開始。

予想到着時刻「12時58分」
予想距離「392km」
('A`;)毎回毎回・・・・静岡に帰る際に落胆させられる数字だよ・・・
とにかく出発だ。まずは茂木に向かうルートだ。
そのまま笠間へ向かうルートに切り替えれば帰れる

しかし暗すぎて怖い。茂木付近は街路灯が無い・・・・
しかも曲がりくねるガードレールの中に不自然に曲がる部分や「自己多発注意」の文字
('A`)こえーよーー


何とか順調に進む。まだまだ体は痛くなっていない
そんなこんなで午前1時。茨城に入った。
('A`)暗いなー怖いなー
まだ曲がりくねる道は続いていた。更に坂道なども追加

「パトカー巡回中」なる看板とパトカーに似せて作った看板
('A`)そんなのいる訳無い
いた

俺がそのポイントを通り過ぎると急に後ろに割り込んできた車
ハイビームなのか解らないがとにかく強いライト。それが俺を責める
('A`)変な車だな~・・・・煽りかな?
ここで軽く速度を上げるか脇に寄せるかで迷う
('A`)ま、制限速度+5km/hで走れば後ろの煽りも諦めるだろう・・・・


15分くらい追い掛け回される。
('A`;)もう、何なの?
後ろの車の後ろにもう一台後続車が来た。ライトに照らされる。天井から赤く透ける物
('A`)天井におかしな装飾をする人がいるもんだ。DQN?
違う、警察!パトカー!
('A`)おおおおおおおおお!?
あれこれ焦って更に制限速度のまま走っているとどこか別の道へ行ってしまった・・・・
助かった


その後、1時半ごろ
ぴーーぽーーぴーーぽーーー!救急車が通ります、道を開けてください
('A`)ぎゃあああああああああ
混雑中でどこの端にも寄れない俺の後ろにぴったりと寄せてきた救急車
「救急車が通ります、道を開けてください!」
('A`;)解ってる!無茶苦茶理解してる!!
何とか十字路にて先に行かせることに成功・・・・


2時ごろ、千葉県入る
('A`)静かではないがまぁトラックの多い事
夜中なので長距離トラックだらけ・・・・制限速度なんか守っていられないようだ
('A`)空気を読んだ運転ってやつだな・・・・
そんな走り方。現在は国道6号線


3時ごろ、国道6号線のまま東京へ入る
('A`)また車に煽られる・・・・
仕方なく別車線で追い越させるとゲロが助手席窓から大量に撒かれている状態・・・・
('A`)・・・・汚いな


5分後、同じ6号線にて
('A`)警察止まってる~、何かあったのかね
周りの車も徐行し始めてる。恐らくは事故だな

('A`)・・・さっきのゲロ車と同じタイプの車だ。というかさっきの車だ
横転してグシャグシャになったゲロ車。そして首を押さえてうずくまる運転手らしき人
('A`)まぁ・・・・いい勉強になったと思えば・・・・

そしてまた皇居前で迷子になる。
元から皇居前なんて敵に攻め込まれないようにグチャグチャにしてあるのは解るけど、これは正直辛い
('∀`;)あの・・・・静岡に帰りたいんですけど・・どう行けば?
「ああ、とりあえず右に行くと国道一号だから」
('∀`)どうもありがとうございます
前回も前々回も警備員いたな~


そして今度は新宿で迷子
('A`)その前にカーナビがフリーズだ!!!
一人車の中で悲鳴をあげている。だいぶ背中は痛い。お尻も痛い


4時ごろ、神奈川県にはいる
('A`)よし、いつも使うコンビニがあるからあそこで休憩だな
いつも使っているポイントで休憩。いつも大変だよ
まだ眠気は無いようだ。頑張ろう


5時半、静岡に入って、道の駅ふじおやまで休憩
行く時も通った。ここは水が出ているポイントだから頭に盛大に被っておく
('∀`)どひゃあああああああ気持ちいいいいい!!!
眠気らしき物は出ていたが多少は頑張れる。
そしてこの辺りからガソリン価格の変動があった。どんどん西に向かうにつれて145円になっていく
('A`)栃木だと137円なのにな~


7時、富士市到着。5分後にはいつも使う道の駅で休憩
少しだが暑さが感じられていた。右太ももに軽く痛み。足首にも痛みが走っていた
('A`;)くぅ・・・・・まぁまだまだ頑張れるけどね
そもそも、眠気がここに来るまでに急成長した。何度も眠気で頭がグラグラになった
意識も一瞬飛んでヒヤヒヤした瞬間がある
車の窓を開けたりしているので風が強く、目が乾いていた
正直、ここで眠っておけばよかったかなと思った。でも早く帰りたい一心で眠らなかった


8時25分、道の駅宇津ノ谷峠にて休憩
もう体なんか持っていない。何度意識を失ったか・・・・
ガムも噛んでいるけど噛んでいる最中にも眠る。コーヒーを飲んでも眠っていた
前日の行動を考えれば、この時間では眠っている頃だから仕方ない


それから一時間後、どこかのコンビニの駐車場で就寝。止めた時間すら忘れていた。
大体30分くらい。目を閉じれば一瞬で経過
そもそも暑さと喉の渇きで起こされた


もう10時になっていた。
それからは好調に車を進める。掛川を通過。もう国道一号線に乗っていれば怖い物はなかった


11時15分。家の近くの杏林堂で写真の現像を頼んでいたので受け取りに行く。
そして飲み物も購入

凄いな・・・・一気に現実に戻された気分だ
昨日まで実家にいたなんて考えられないくらいの状態


11時45分。アパートに到着。
さぁ、どうするかな。とにかく買ってきた飲み物と食べ物を食べて食事。
濡れタオルで体を拭いておく。何だこの汗はwwww
そして胃のムカつき・・・・
ああ、一昨年もドアを開けた瞬間から発生していたな

そして烏山で受けた工場から手紙。
「今回はご縁が・・・」
うっせーーーよ!
つか封筒が分厚かったから期待していたのに・・・・なんで健康診断書類と成績証明書も同封してんだよ・・・・
_| ̄|○あーーーーもう・・・・どうすんだよ・・・

?

帰ってから2時間後、1時くらいだったかな。
疲れて就寝。とりあえず、ただいま戻ったと言う感覚です


起きると、午後6時
('A`)・・・・・・どこだ?
軽く混乱状態に陥るが自分はもう静岡に帰っていることを確認
('A`)・・・・あの2週間も夢なんじゃないだろうな?
つか実家のワイド液晶テレビは大きすぎだ・・・・
このブルジョワめ
何にもお金掛けられる対象が無いからなんだけどね


うだうだしている内に夜になった。
買い物を済ませた。実家で教えてもらったそうめんを試してみたかったけど、大根などが無いので諦める。


食事を終わらせるとそのまま眠っていた。意外と眠れるらしい。
明日は追試発表やら手続きやらだな?

スポンサーサイト

追試手続き

起床、真夜中。
('A`)あ~ラジオ聞き忘れた~
またかよ・・・・


お昼頃に大学へ。この日は追試科目確認へ
('A`;)・・・・2科目か・・・・
機械加工学と計算機ハードウェア。自信あったんだけどな~
とにかく2千円払って登録手続き
今年から書類が変わったようだ


帰る前に100円ショップめぐり。あんまりいい物は無い。
とりあえず昨日はマイルドセブンの大型な灰皿を買ってきた。
まだ勿体無くて使っていないけど・・・・
しかし俺はおまけに弱いらしい


そして自動車修理工場へ
「お~来たか~」
('∀`)こんにちわ~、エアコン交換してください
「交換、ではなくて修理、だな。日数的には3日かかる。」
その後代車手続きなどでもうちょっとかかることを説明される
「来週来てくれよ~」
('∀`)早めにお願いしますね。12日の試験に合わせてもう一度帰ろうと思っているので

「どう、実家はどうだった?」
('∀`)ええ、楽しかったですよ
「栃木だろ?日産やホンダの工場見学をしてみたくてな~」
('∀`)一度はどうぞw


帰宅後、暑さにやられる
('A`)さて、何しようかな


午後4時くらいに電話。修理工場の人
「代車の手配が出来たから明日でもいいよ。午前中持ってこれるかな?」
('∀`)解りました。明日の午前中ですね


7時くらいにスーパーへ。今度こそ大根や天カス、ネギなどを購入
('∀`)よし、作るかな


そうめんを茹でて、大根おろしをかけて、ネギを置き、天カスをまく。小脇にわさびを配置。出来た
('∀`)うん、悪くない
おいしく出来たもんだ
とりあえずしばらくは続けよう。まだまだ暑いしね


そして股間と言うか、デリケートな棒状の物が痒い。真っ赤に腫れているというのはどういうことだ
('A`)軟膏どこだったかな・・・・


今日は皆既日食だということを思い出し、アパートから見る
('A`)よく解らない?

070821

夜中にふらふら起きている。多分、東京の会社説明会なんか行かないんだろうな。
というか行かないね。朝日が昇る前にキャンセル手続きをした。


朝日が昇るか昇らないかの頃にふらふらとコンビニまで徒歩で出かけてみる。
昔はこの空気とか、好きだった。今も好きだ。自由な空気が好きだ


コンビニで食べ物を買って、また徒歩で戻る。
もさもさと食いながら寝る準備。ゆっくりしている。


朝になるころ、親も起きてきた
「おはよ~、今日は行く予定じゃなかったの?それとも東京だからやっぱり行かないの?」
('A`)行かないね~・・・
「解ったよ。それじゃお留守番お願いね~」
('A`)は~い

自分の部屋で寝転びながらタバコを吸って、ラジオを流すだけの生活
('A`)暇だ~~~
だからって行きたくはない。シャーシの開発は駄目。エアコンの開発がしたいの


そんな暑さに負ける生活を午前中。暑さに悪態をつく生活を午後にする
「お~い、あんた何しているの?」
('A`)暑さにやられています。姉ちゃんは?
「冷たい飲み物を飲みに来たの。あんたしっかりしなさいよ」
('A`)は~い
「それと体重と体脂肪が減ったから嬉しくてね~」
('A`)はへ~


夕方、夕立を肌で感じながらぐったりと寝転んでいる
('A`)暑いね~、蒸し暑いね~


夜、母親がまた今日もそうめんを用意してくれる。本当にありがたい


夜中、またうとうとと寝始めた。しっかりしないとな~、あ~、行きたくないな~
はぁ~~~~・・・・・・・・
?

070826

夜中、いよいよ帰るんだなぁと言う感慨と共にネット接続。
母親は早く寝てしまった。姉も寝てしまったようだ。残るは自分のみ。
自分は今日の夜に帰るのでとにかく時間をずらしておく行動に出る。


ぼんやりと、ネットを繋ぎながら考える。やり残したことはないか。次に帰ってくるのは社会人になったときか、はたまた春休みか。とにかく解らないのならやり残したことはしておくべきだと考える。
それでも何も思い浮かばない自分が悲しい。
既に24時間を切った。今回は何時間かけて帰宅になるのだろう。


明け方、頭も程よい感じにぐるぐる駄目になる。眠気が来た。
いつもどおりの状態と言うか、大体5時過ぎに眠くなってくるのか。
帰っているときで考えると場所はどの辺りで眠くなるのだろう。
静岡に入るだろうか。沼津か、熱海か。それとも海老名か。
東京は抜けておきたいと考える。まぁ抜けられるだろう。だいたい東京はコンビニが少ないと言うか、あっても駐車場が狭いのでなるべくなら入らないようにしているだけで抜けてしまうだろうから。


6時になるころ、眠り始めた。力尽きたんだ。もうしばらく頑張っておけばよかったと思う。


起床、午後12時と少し。
('A`;)なぁあああああああああああ!?
ここで寝入ってしまったことを後悔している。何やっているんだ自分は・・・・
6時ごろに寝たのではどの辺りで寝入っている計算になるんだ?
解らない、とにかく行けるところまで行くしかない。


もう一度寝ようとしても身体は軽く脱水症状を起こしているので水が必要。
給水していたらそのまま身体は目覚めてしまうし・・・・
布団にもぐりこんでも暑さで脱出しちゃうし・・・・
こりゃもう寝られないな・・・
諦めて台所の中の物をあさる。色々食べ物が出てきたのでありがたく朝食と昼食を取る。
食事はそうめんに大根おろしと天かす、ねぎを入れておく。


食べ終わると外に出て暑さ対策に水をまく。そもそも暑さ対策にすらなっていない
('A`)暑いなぁ・・・・
仕方ないのでデジカメとiPodを持って近所を散歩してみる。
('A`)よし、俺の森に行ってみよう


森と言うか、家の裏手にある林。小学生や中学生の頃は近道として使っていた。獣道なので通りにくいけど、少しばかりの時間短縮になっていた。
それともう一つ、成人雑誌が良く捨てられていたのでお世話になった。
自分も捨てられるようになったら捨てるようにしてた。変な譲り葉のような儀式


('A`;)ない・・・・・
獣道が途中で切れているどころか、近くの道路から切り開かれていた。どうみても宅地開発にされそうな雰囲気。
('A`;)えー・・・・・俺の思い出の場所が・・・・
昔は200mくらいあったのに、今では50mがいい所な長さになっていた。
('A`)はぁ・・・・・俺の思い出を壊さないでくれよ・・・・
そうは言っても仕方ないか


次に徒歩でペンタックスの工場へ入る。犬の散歩コースでもあるし、何より自分自身の散歩でもある。正門から堂々と行こうじゃないか
('A`)まぁ特に見る物も無いんだけどね
そんなこんなで帰宅。もう特にすることは無くなった。


お昼過ぎてからラジオを聴く。あ~・・・・俺はどうなっちゃうのか。静岡に帰ってからどうしようか。
そんなことを考えながら帰るときのことを考えながら寝ようと試みる。
('A`)寝られない
暑すぎる。特にこの家はクーラーが親父の部屋にしかない。


親父の部屋へ避難
('A`)・・・・
「初めてでも安心、会社の辞め方」「退職金制度」「辞める決断」
('A`)やっぱり辞めるんだな・・・・
まぁ親父の人生だし、何も言う事ないか。
何か俺の学費も母親が頑張って稼いでいるようだし。しかも母親も親父と同じ仕事を来年から始めるようだし。どうなるんだろうな、我が家は
('A`)姉ちゃんも、仕事決まるといいな・・・・
食う場所と寝る場所に困らないから、姉も気楽なんだろうな。
そもそも今は自分の心配もしよう。


クーラーを効かせた部屋で寝る。いや、寝れない。
('A`)なんでクーラーが風向変えられないんだろう・・・・暑い
いつまで経っても暑いままだった。
結局1時間くらいで父親の部屋を脱出


('A`)仕方ない、もう一度表に水をまくか
外は夕方の雰囲気。気温もだいぶ下がったようだ。だからと言って暑さはあまり引いていないようだ
水をまきながらふと思う
空の青さも高さも変わっていない、しかし確実に秋の雰囲気がしていた
('A`)そんな感じ


水をまき終わってコーヒーを新しく作る。気温が下がる気配はないようだ
('A`)暑いな・・・・
とりあえず帰る前や母親が帰ってきてからは荷物の受け渡しなどでゴタゴタするので寝たいんだけどな。それでも眠気は訪れない
('A`)一時間でも二時間でもいいから、眠れないかな・・・・帰るときがつらいから・・・


そして母親が帰ってくる。色々夕飯代わりの食べ物を貰った。
そして今年もコーヒーを貰った。毎回帰るたびに何かしら食べ物なり飲み物なり貰う。ありがたい
たしか一昨年もコーヒーを貰ったな。一昨年は、帰ってから友人たちに配り、部室に配り。
友達と遊んだりしながら飲んでいたっけ。ああ、白川郷旅行も行ったっけな・・・。
たった2年前なのに、すごく遠く感じる。戻りたいなぁ・・・・


「仕事探しはどう?」
('A`)芳しくありません・・・
「どの場所に住みたいの?」
('A`)栃木県に帰ろうと思ってやっていました
「それは私が言ったからだよね?」
('A`)うん
「気にしなくていいんだけどね」
('A`)まぁいまさら遅い
「それで、これからどうするの?」
('A`)自動車関連やりたいかな
「ふ~ん、あんたが目指していたのは愛知のトヨタやスズキ関連だね。でも栃木も日産とホンダ関連で色々あるんだから回って見なさいよ」
('A`)まぁ・・・頑張ります

('A`)タクシー運転手、やろうかな
「あんた免許無いでしょ。お父さんはやるけど」
('A`)だって父ちゃんは・・・
「整骨院があってもこれからどうなるか解らないから副業としてね。仕事していたときもそうだったけど、不安なんだって。掛け持ちしていないと片方がダウンしたときが怖いから、それでああやって仕事してる。」
('A`)体力あるな~
「体力じゃなくて血圧だね。血圧が高いからすぐに行動を起こせるんだよ。」
('A`)いいな~


荷物の積み込み。色々積み込む。
('A`)結局一回も着なかった服もある~
結構下着姿で動き回っていることが多かった。
('A`)帰る時間は、何時かな。11時過ぎかな、それとも12時かな。
とにかく何時に出れるかな。ちょっぴり帰りたくない・・・


「お姉ちゃんもあの子も、仕事しないね~」
('A`)弟は夢追い型フリーター、とかかな
「自立しているみたいに見えるけど、全然だね。どちらも学校に縛られずに好き勝手に生きてる。しかもこっちに頼ってね。」
('A`)はぁ・・・どうなることやら
「あんたはまずは仕事を決めてちょうだい」
('A`)はい

('A`)先輩に一人、小説家を目指しながら仕事している人がいるよ。昼は仕事して、夜は小説書いて・・・
「一番堅実的だね。20代越えたらそういった生活している人が一番いい。」
('A`)弟もそんな感じになればな~
「無理でしょ」


もうすぐ8時になる。お風呂に入る前に荷物を車の中に積み込んでいく。
それにしてもiPodのキャップ、USBケーブルのキャップが無い・・・・
いや、無くても困らない。埃対策の物だから・・・・
_| ̄|○どこ行ったんだよ~・・・
一人必死になるも、見つからない。困ったな。


少しテレビを見て、お風呂に入った。あらかた必要な物は車に詰め込んだからもう行く準備は整ったに等しい。
次はいつ帰ってこれるんだろうな。出発は何時にしよう。なるべくなら混雑に巻き込まれない時間に出よう。そもそもそれが何時なのかわからないけどね。
一応、何か帰りたくない。何でか解らないけど、帰りたくない。
何か家を離れるのがこの上なく寂しい。ホームシックか。何度経験しても家を離れるのは慣れない

次は、冬休みか・・・いや、無理かな。神社の手伝いがあるからなぁ・・・。
やらなかったりしてな。そもそも仕事決めないとね。とにかく何か仕事を決めよう。
静岡に帰ってから色々と、現実に戻るような感覚がするから困る。

後期中、一応もう単位は取れているような予想だから休みの間に帰宅するか?
何というか、誰か一緒に話し合える友人が欲しい。Uさんは富士宮にいるからなかなか会えないし。だからと言ってもな・・・。困ったもんだ。
寂しいから帰りたくないんだろうな。孤独から来る寂しさなんだろうな。

ま、深夜の孤独なドライブだ。楽しんでいこう。
実家に帰ってくるまで半年後とかの少し長い旅行みたいなもんだ。気楽に行こうじゃないか。
夕飯代わりは食べたから、一応は平気。段々緊張モードになったしね。
お風呂に入ったもんだから変な感じ。いつもだったら緊張状態になるんだけど、このまま寝るような体勢になろうとしている自分がいるから困る。


ああ、10時になった。残りは1時間30分か40分。本当にそれくらいの時間しか残っていない。
帰ってしまえばまた現実が始まる。何だか自分にはその現実がつらい。
そしてUSBのキャップが見つからない。困ったな。
この喧騒はうるさいけど、家族としてみているととても楽しくてとても尊い。
何でも話せる状態がある。だからこそ面白い。
次帰ってくるときには姉ともっと喋ってみようと思う。いつもそう思ってなかなか実行できない。
姉自体が部屋にいることが多いからだ。もっと話す時間が増えればと思う。
ああああああああああああ、帰る時間は刻々と迫る。


居間に行き話し合う。父親が帰ってきたようだ。
父「しかし、5年間長かったな。きっとお前にはいいことあるだろう。」
('∀`)あるといいな~
父「ほれ、黒猫を持っていくか?」
('A`;)いりません・・・
父「ほい、それじゃシマ猫だな」
('A`;)世話が大変だってば。父ちゃんが世話して頂戴
父「向こうにおいておけば勝手に育つだろ?」
('A`;)学生アパートじゃ飼えないでしょ。それにこっちみたいな自然で生活させる方がこの子達にもいいと思うんだ
父「それもそうだな~・・・・・ところで、いつ帰るんだ?」
('A`)え~と、1時間後くらいかな
父「は!?今日なのか!?」
どうやら勘違いしてたみたいだ。


車に着ていた服を積み込んだ。母親にもiPodのコネクタキャップを見つけたら保管しておくように頼んだ。これが見つけてくださいだと困らせるから保管しておいてになる
母「ま、見つからなければそれまでね~」
('A`)そうだね~


そして俺が卒業するまでに静岡の観光旅行の話が持ち上がった。両親が見たがっている。
父「とりあえず卒業するまでに、荷物を移動がてらちょっと見に行くよ。色々見て回りたいし。」
('A`)解った
母「行くときはあんたの部屋に泊まるからね」
('A`;)ええ
母「だって引っ越したときはあんたの部屋3人で泊まったじゃない」
('∀`;)あれは本当に昔の話だよ・・・・
父「ビジネスホテルなんかあるか?」
('A`)・・・・ある!袋井駅の近くだから。
でも本当のことを言うと俺の部屋に泊まらせるつもりだ。とにかく部屋を綺麗にしないといけなさそうだ。何日かかるやら
母「もうすぐ帰るんだね~。茨城通って、千葉かな」
('∀`)そうだね、茨城通って、千葉を通って、東京、神奈川、静岡だね
母「遠いね。あんな場所一回行っただけで疲れちゃうよ。あんたは偉いね。下道つかってて」
父「大体10時間だろ?何考えて車に乗ってるんだ?」
車を作っている父ちゃんが言う台詞ではないだろう・・・・
('∀`)そうだね・・・・「あー空いてるな~アクセル踏むぞ~」「あー混んでるな~ブレーキ踏むぞ~」「あー信号だー」かな
母「頑張るねぇw」


そしてテレビを見ている最中に姉帰宅・・・・
姉「ただいま~・・・・・で、あんたはいつ帰る?」
('A`;)45分を切りました・・・・
姉「あ~ごめんね~」
あの姉は・・・


そして母親が猫を見ながら話しかける
母「お前も静岡に行ってから元気でね~」
父「達者で暮らすんだぞ」
('A`)ちょっと、母ちゃんと父ちゃん!
母「つらかったら帰っておいで」
父「いつでも帰ってくるんだからな」
そもそも息子にかける言葉を猫にかけるってのはどういうことだ?
('A`;)そこで何話決めちゃってるの?
母「ほら、あんたが飼えばいいんだから」
('A`;)だから困るんだってば
父「一緒に暮らすと楽しいもんだぞ」
('A`;)俺の心労のネタをこれ以上増やさないで・・・・
母「あー、なるほどねw」


というわけで帰ることになった。挨拶もし終わった。11時30分。
まもなく出発?

070823

?

今日は車の修理に出かけることになっていた。
朝起きてから食事をして、その後は車の中のものを自分の部屋へ移動した。
「色々出しておきなさい。ひょっとしたら修理工場へ置きっ放しになるかもしれないし」
('A`)へ~い


そして車の中の物を移動し終わると支度して修理工場へ向かう。
どうやら知り合いの工場なようだ。何でこんなところにも知り合いがいるんだろう
親は自分の車で先導。自分は自分の車で移動。


修理工場へ到着すると車を置いて修理に移る。自分は母親の車に乗る。
買い物へ。40分くらいなので帰っても仕方ないようだ。
色々下着類を買ってもらった後、また修理工場へ戻る。


帰ってきた車は一応動いているようだ。エアコンは出力こそ弱いけど動いている。何とか静岡まで帰れると良いんだが・・・。
まぁとりあえず家に帰るけど、帰っている最中にエアコンが効かなくなってしまった。もう壊れたらしい

色々スイッチを押してもどうにもならない。親に聞いて修理工場へ連絡を取り、エアコン本体を交換してもらおうとしたが1週間かかるといわれた。静岡で治すことになりそうだ。


後はすることもない。ぐんにゃりと身体を横にする。でも以前よりも酷く暑いということはない。お盆を過ぎたからだな。なんとも季節の移り変わりを感じる。寂しいもんだ。


この前行った会社の志望動機作りだ。どうしても行きたいんだ。行きたくてたまらないんだ。
だけど面接日の予約していない。早くしないと・・・・


夜になったら適当にパンでご飯にした。食べたいと思うものは特にない。
精神安定剤を服用。最近また駄目になってきた。


映画を見ながら軽くビールなんて飲んでみる。おいしい。でもあまり飲むのもどうだろう。
2口飲んだだけで眠くなた。駄目だな。
寝てしまうことにした。明日は酒と薬が残るんだろうな。


?


070824

今日は電話機の調子が悪いので電話の調整になった。
というか朝は昨夜のお酒が抜けない。たった2口だったんだけど、抜けていない。
その前に飲んだ頭の薬のせいかもしれない。アルコールと安定剤、どちらも頭に残っていた。
それでも朝ごはんを食べている。そしてそのままの状態で寝始めている始末。


お昼ごろ、胃が重い。まだ残っているのか、それとも食べた後すぐに寝ているせいか。
とにかく電話機の故障を直す。どうやらモデムの方が悪いようだ。
28日に交換するらしいが、その頃には静岡に帰っているだろう。
とにかく今はモデムから繋がっていた電話線をそのまま繋ぐ。どうやらこれで繋がるようだ。
「う~ん・・・昔の回線が生きていればいいんだけど、今とタイプが違うしね。」
('A`)そんなのあるの?
「あるよ、2階のトイレに一つ、2階の子供部屋に一つ。」
('A`;)すげぇ
「だけど今とタイプが違うから、ちょっと繋げないの。タップがあればね。」
('A`)なるほど
結局それでお終いになる。ネットに繋ぐのは夜中になるようだ。


夜中、ご飯を食べた。その後は生活リズムを夜型にするために起きていようと思った。
結局頑張るも、布団の中で眠っていた。
当たり前かもしれない。何というか、ベッドの中で起きていようとするなんて無謀すぎる。
そのまま翌朝を迎えた。?

070825

?起床、朝8時。
('∀`;)いや~・・・・やっちまった・・・・
笑い事ではない気がする。なんで起きていようとしなかったのかと。
('A`)仕方ない、今夜を最後の勝負に当てよう
どこまで通用できるのやら。


お昼ごろまでうとうとと布団の中で迎える。暑くなるまでは何とか布団の中で戦える。ここで少しでもいいから狂わせておこう。
そしてお昼過ぎると食事。適当に貰っておく。
「もう一度留年したらどうしようかね~」
('∀`;)どうしよ・・・・かね・・・・
無言の圧力を背中に感じながら旅番組を見る。栃木県の真岡鉄道を特集していた。
('A`#)益子と茂木はあんな田舎じゃねーーーよ!!
そんな怒りごと


食事も終わるとぐったりと横になる。結局のところ、暑くて寝ることも出来ない


試しに寝てみるも暑さにベッドから出る。
ラジオを流しながらぼんやりと帰るまでに必要なものを考える。
('A`)う~ん・・・・ブックオフにあった写真集が欲しいな。金子電気にあった設定画集も欲しいかな
そんな考え事。でも暑さにやられている。
暑さはお盆を過ぎて一応は和らいだけど、まだまだ厳しい
静岡なんか行ったらなお更酷くなるんだろうな
('A`)夜中に無事出発できますように、そして途中で寝ませんように・・・・


夕方間近、ゆっくりと寝始める。と言っても1時間が限界。
('A`)あ~・・・ラジオ聞き逃した
5時は結局テレビを見ている。母親はムチ打ちを治す為にリハビリへ。姉は美容院のために出かけた。
('A`)俺は何をしようかな~
テレビを見ながらうだうだと横になる。


で、6時も近くなる頃に出かけることにした。ガソリンを車に入れておこう。
('A`)ついでに本屋と、買い物だな


真岡にて、今日は盆踊りのようだ。適当にダイソーで梅干を買っておく。
そして金子電気で本を買おうと思ったけど・・・・何も無かった。というか、買いたく無くなった。
('A`)帰ったらネットを使って買うかな
そして俺の狙っている画集が去年と同じ場所にある不思議
('A`)人気ないのかな・・・・


ブックオフ。ここで写真集と昔読んでいた漫画を購入。
('A`)うん、今日のところはこのくらいで
この前出会った知り合いに電話してみる。でも出ない。
('A`)何か用事があるのかもね
そしてガソリンスタンドへ
('A`)お、燃費が10.16kmになった。
これは結構嬉しい。


帰宅後、買ってきた本をまとめている。その後は日記を書く。
音楽機器にも音楽を入れておくことにする。どうもCDに入れたまま送り込もうとするとエラーが起きるからHDに入れて送り込むか


そして知り合いから電話が来た。ちょっと電話から離れていたと言うこと。
それなら仕方ないかな。
「まぁまた時間があるときにでも」
('A`)解りました~


夜、冷蔵庫にあるものを食べる。それくらいで十分。それと飲み物も貰った。帰る時にでも水筒に入れて行こうと思う。でも本当はコンビニあるからそれ使っちゃうしね。


母親とテレビなんぞ見ている
('A`)「ジョーバ」ってCMは腰の動きがエロくてね
母「おバカw」

母「あ~それと、車の保険が来ていたから書類渡しておくね。持って行きなさい」
('A`)あ~い
母「それと軟膏。肌用だからちゃんと塗ること」
('A`)あいあい


とりあえず携帯電話は必要なら機種変更してもいいことになった
母「まぁまだ若いから、色々欲しくなるでしょ?」
('A`)そうだね~
母「好き勝手に買い換えなさいよ。欲しい物を我慢するなんて勿体無い」
('A`)は~い


そして母親は眠る。明日は仕事だそうだ。自分はこのまま起きていなければならない。
このまま時間をずらさないとまた昼間暑い中運転を続けないといけなくなる・・・・
だからこそ起きていないと。ネットでも接続するかな。
ちょっと作業がややこしいけどね。ああ、タバコも縁側で吸えるようにしよう。
しかし、静かだな・・・・。
静岡だと隣室の物音が結構する。夜中もする。だからうるさいんだよね。
それと近くのアパートが街路灯なんか光っているから真っ暗になんか出来ない。それなのにここは電気を消せば本当に真っ暗だから困る。

070822

夜中、時々起き出しては何か食べて、その後は眠る。眠い、のとちょっと行きたくなくなった。


夜中は朝になっていた。
母親が起こしに来た
「あんた今日会社説明会でしょう?何時から?」
('A`)う~ん・・・・佐野駅の午後2時・・・
「ふ~ん」
俺の部屋から出て行った
('A`)なんか今ので完全に目が覚めた
茶の間の会話を聞いているとどうやら父親が起き出している。いや、父親の関連会社だから嬉しそうに会話しているのも聞こえる。
('A`)面倒なことに巻き込まれると俺のモチベーションが下がるからな~・・・寝てよ
なんていうニート気質だろう


8時くらい、父親は夜勤終了しているので寝始めた。
('A`)うん・・・・・・・起きるかな
母親は外で草むしりをしていた


起き出して、ご飯を貰わない。いらないというか、夜中食べているから胸焼けを起こしていた。
('A`;)現在胃の不調によりいりません
「また夜中食べてたの?そんな生活してたらあんた死ぬよ?」
('A`;)へ~い・・・
「出発時間は調べたの?」
('A`;)確か10時ちょいくらいに北山駅から行きます
「何でそんなところから?石橋まで乗せていくから大丈夫だよ」
('∀`;)ありがとう
調べなおすと12時ちょうどに出るようだ。大体50分くらいで佐野駅に到着予定
「ふ~ん・・・石橋駅まで40分くらいだから、11時くらいに出られるようにね」
('∀`)はい


そして、ちょっとぐずる行為に出る。
('A`)行きたくな~い・・・いやだな~・・・
「ふ~ん、あんた内定は?」
('A`;)・・・・・・・無いよ・・・
「内定あるなら行かなくても文句は無いよ?でも無いんでしょ?じゃあ行きなさい」
('A`;)・・・・
「何か言うべきことは?」
('A`;)頑張ります
「よし」


9時半くらいからお風呂に入る。水にお湯を足して風呂釜からお湯をあふれさせる
('∀`)はひ~
ぼんやりボケボケ


お風呂から出て姉と会話
('∀`)姉ちゃんのときの就職活動ってどうだった?
「う~ん、私のときは専門だったから求人票が張り出されてさ、それで面接とか受けに行くんだ」
('∀`)大変だった?
「結構ね。まぁ今もハロワつかって何度も落とされてるから大変だけどさ。あんたは頑張りな」
('∀`)うん


で、またぐずる
('A`)行きたくないな~・・・ああ行きたくないな~・・・暑いし~
母「ああもう!床でうねるな!邪魔!!」
('A`)廊下でうねりま~す
姉「・・・・・・」
踏まれた
姉「お母さ~ん、何か死んでる~」
母「放って置きなさい」


11時に近づく。スーツに着替えたりする。
('∀`;)やっぱ暑い・・・・
「しっかりするんだよ」
('∀`;)はい・・・

車に乗せられ石橋駅へ向かう。今日も暑くなりそうだ
「・・・でね~、そこの店だとね~」
('A`)うん・・・・
何か緊張している。受け答えだけで精一杯


石橋駅に到着して、佐野駅行きの切符を買う。今日は高校生が多い。夏休みなんだけどな
部活でもやってるんだろうか


ぼんやりと石橋から小山駅まで向かう。14分くらいかな。
その後は小山から両毛線を使って佐野駅まで


到着してから一人駅前にたたずむ。暑い・・・タクシー使うかな
('A`)すいませ~ん、ここから会社まで何分くらいですか?
「そうですね、料金的には1060円です。時間は10分くらいですね」
('A`)解りました。もう少しやることがあるのでまだいいです


しばらくコンビニにいたり、うだうだと買い物していたりする
13時20分くらい。タクシーの運転手に話をして連れて行ってもらう
「どこに行くんだい?」
('A`)え~と・・・この会社の・・・・
「そこは1地区と2地区があるね。どちらだい?」
('A`)確か2地区でした
「解った」


そして守衛口に到着。
「うん、でも違ってるといけないから確認してきなさい」
('A`)了解です
守衛口で予約確認と照合、ここでいいようだ
「大丈夫なのかい?それじゃ、ここで」
('∀`)帰りもお願いしますね
「解ったよ。それじゃ電話下さいね」
('∀`)解りました


2階ロビーでメールで書かれていたとおりの場所へ電話。その後、人事が来た。
「こんにちわ、それではコチラの部屋へどうぞ」
('∀`)解りました
先に来ていた人と一緒に移動


別室に通される。ここが今日の説明会の部屋なんだろう
('∀`;)え~と・・・どうです?内定数などは?
「そうですね・・・ちょっと無いですね」
('∀`)・・・えと、自分もです
「あ~、なかなか上手く行きませんね」
('∀`)はい、売り手市場なんですけどね
「まったくですねw」


しばらくすると人が集まりだした。今日は6人くらい。人事の人がお茶を用意してくれた
説明会開始。この会社はエアコンを作っている。エアコンなどを統括してフロントパネルとして製品として作り出す。それの設計、試験、評価の仕事をしている会社だ。


説明会が終わると次はビデオ上映。会社の主力業務について映された。
いいね、楽しそうじゃないか
「何か質問はありますか?」
('∀`)はい、設計などの経験は無いんですけど、大丈夫でしょうか?
「大丈夫ですね。研修などにも力を入れていますので。ですが問題はやる気です。不安がるよりもそれでもやってみたいという心意気を評価したいんです。それが欲しいですね」
('∀`;)解りました


「それでは設計と試験についての部屋を見せますのでどうぞ係りの人について行って下さい」
('∀`)は~い


色々センター内を見せてもらうが面白そうだ。スーツの人もいればTシャツの人もいる。普段着なのか?そして内部で研究している人などがMCFや自動車部そっくりだ。ふざけているけどどこか真剣。そんな雰囲気だ。
('∀`)楽しそう!


センター内を見せられて戻ってきた。面白かった。働きたい。ここで働きたい。
「どうだった?次は新卒者との座談会だから」
いろいろな話を聞かされる。
('∀`)はい!エアコンのソフト開発とは制御ですか?
「そうですね~」
そんな会話している
「本当にお前たちは、何なんだ?もっと苦労したことはないのか?ん?」
教授みたいな説教になる。なんとも面白かったりする
普段着で仕事なようで、自由服。作業用の服とは無いようだ


「で、ちょっと志望動機とか聞いてみたいんだけどね。どうかな?」
('A`)あ、自分は父親がここの親元の会社に勤めているので、父親が車を作って、自分はそこに搭載させるエアコンを作りたくて、志望しました
「ふむ、次」
そんな雰囲気


「ま~ったく、お前らは今4年生だろ?」
('∀`)あ、自分は5年生です!
「おいwww!じゃあなお更厳しいんじゃないかよ!ww」
変なところで笑いを取ったようだ
その後アンケートを終わらせる。細かく書く必要は無いようだ


終了後にバス停の場所を聞いて会社から出る。出る前に先ほど一緒に部屋に入ってきた人と会話した。
「俺も5年生ですよw」
('∀`)あ、え?
「うちの研究室、後輩が一人しかいませんよ」
('∀`)なんたるブラック教授ww
「そう、酷くてwwww」
何か意気投合していた。べらべらと笑い話を繰り返す。


バス停で二人暑さにだれる。
「だああああああああ!!!!!!!!あっついぞーーーー!!!!!!」
('∀`)あっちいいいいいいいいいいな!
バスが何とか来てくれたので乗り込んで佐野駅へ


佐野駅で同じ説明会を受けていた人と会話
「5年生ですか~」
('∀`)ええ
「どうですか?大学生といえども大変ですか?」
('∀`)大変ですよ。
専門学校生だ。


「実は、僕は8年生なんですよ」
('∀`;)えええ!?
「実はね、元々は4年生で卒業したんですけどまだまだ勉強したくてね。それでもう一度大学に入って、勉強していたんだ。でも厄介だね。年齢制限で引っかかる。今28だし」
('∀`;)それは・・・・何と言っていいやら
「どういったところに行きたいんですか?」
('∀`)そうですね、エアコンや燃料制御が出来たらと思います
「なるほど、そういった所を受けてるんですか」
('∀`)はい、東京行ったりですね
「しかし~、ここは本当に田舎ですね。ちょっと逃しただけで30分から40分は次の便が無いって言うのは、困ったもんです」
('∀`)どうも田舎過ぎて困りますね。山手線なんかだと2分に一本ですからね
「そうそう、それでもみんな焦っていたりねw」


佐野駅ホームへ。意気投合した人と二人でタバコ
「いやいや、本当に暑くてたまらないよ。そう言えば一日に何本くらい?」
('∀`)そうだね、3本くらい?
「少ないな~」
待っているうちに空は曇り、雷鳴とどろく
「早く降らないかな~」
('∀`)暑いからドザアアアアアアアアアア!!ってね
「そうそうw」


電車に乗り込んで、二人で暑さにやられる
「暑い、蒸すな・・・」
('A`;)あちい・・・
水分をどんどん補給しているのに全然のどの渇きが収まらない
そうこうしている内に雨が降り出した。


小山駅、雷雨のせいでどうやら電車は遅れているらしい。
「試験は何日の方を受ける?」
('A`)う~ん、12か・・・20か・・・・12かな?
「そっか~」

黒磯方面の電車が来たのでそこでお別れ
「それじゃ、また会えたらね」
('∀`)おう、じゃあな!


石橋駅に着くと母親が迎えに来ていた。
「お疲れさん、どうだった?」
('∀`)うん、楽しかったよ。行って良かったよ!
「そっか~、良かったね」


自宅近くに着いたときにスーパーへ立ち寄る。
「夕飯は何がいい?」
('A`)そうめんかな。わさびを入れて、さっぱりとね
「そっか」
スーパーで色々買い込む。食べ物と、お酒。刺身もあったかな。わさびも入れた


買い物している最中、知り合いらしき人と目が合った
「・・・・・・・え~と・・・・・君かな?」
('∀`)あ、先輩ですよね?
「おおお、元気してた?」
('∀`)ええ、自分は大学で留年してて現在が就職活動ですよ!
「お~、こっちは大学行っていたけど行かないから中退して、漫画家のアシやってたよ。でも4畳半、風呂無しトイレ共同アパートで生活していて食っていけなかったから辞めたよ。現在はここの近くにアパート借りて印刷業で食べてる。」
('∀`)自分は大学に行かなかったから留年してますw
お互い電話番号の交換をしておいた。後で、時間があるときにでもかけよう


帰る。母親とエアコン故障の話をしていた。木曜日に修理工場に持っていこうという話をした。
そうめんを食べて、刺身を食べながらまったりとテレビを見ている。色々のびのび~

?

後は日記を書く。母親はアルコールが回り始めたのでうとうととソファで眠り始めていた。
自分もそろそろ寝るだろうか。それとも時間調整のために起きているんだろうか。
なるべくなら起きていて時間調整をしようと思う。?

070817

日付が変わると一人動き出す。ネット漬けなんだろう。
ずっと、変わらない。駄目人間。
もうすぐこんな生活すら終わってしまうんだろうな。それなのに、どう過ごせばいいのか解らないんだ
学生としてしか生きていないから、それ以外の生き方がわからないんだ


とりあえず、また音楽を聴きながら眠りだした。
起きると、お昼前くらいだったか


居間に移ると姉が出かける準備をしていた
('A`)コミケ行くの~?
「うん、前日にホテル取ったからね。友達と泊まってくるよ」
('A`)頑張ってね
「しかし、暑いね。大丈夫?」
('A`)う~ん・・・・・・・・あんまり
しばらくすると姉が部屋から戻ってきた
「ほい、動くな動くな」
('A`)なにかな?
なにやらぐちゃりとした感触が首筋に・・
('A`;)ひぃ
「熱さまシート、暑い時期の必需品だよ。まだ効力残ってるだろうから、頑張りな~」
そう言って出かけていった


午後2時くらい、暑さ最高潮
('A`;)・・・・・・・・・・
猫と一緒にへこたれる
履歴書用の顔写真の撮影と、月曜日と火曜日の履歴書を書かなければならない焦りが入り混じる。それでも暑さで何も出来ない


午後3時、この家で唯一あるエアコンの部屋へ移動。そこでしばらく寝ているが室温は変わりなくなっている。そのまま寝ているのも何なので、活動することにする

車の中にある同人誌や漫画を自分の部屋へ移動させる。また汗だくだ。重すぎた
それが終わると本格的に着替える


真岡にでも出かけようか。ダイソーに立ち寄り、灰皿を見ている。その後は色々洗面道具などを見ている。残りは1週間くらいの滞在だ。


金子電気で本を見る。大して並びはよくない
次にブックオフへ向かう。来る前に偶然買った本が面白かったので新しく買っておく。全巻揃えたいな

ベイシアへより、飲み物と食べ物を購入。というか少し前に降り出した雷雨がな~


とりあえず買い物終了。後は家に帰る。
家に帰ると洗濯物が全滅していた。そういえば携帯を充電していなかったな、と思って充電し始める。


充電していると母からメールと電話。洗濯物を取り込んでおいて欲しいとの事。すまん、もう手遅れだ。
買ってきたものを飲み食いしていると母親が帰ってきた。
「何でうちは電話も携帯も通じないの?」
_| ̄|○はい、ごめんなさい・・・
「洗濯物は?」
_| ̄|○携帯に気づかず出かけまして、雨が降り終わった頃に帰宅しました
「はぁ~・・・おすし食べる?」
_| ̄|○いただきます
とりあえず夕食をいただく。


夜になって、番組を見ながらコーヒー飲んだり。これでも焦りが多くなってきた
はぁ・・・どうしよう
買ってきた本に目を通しているだけで終わってしまう。これじゃ無駄になってしまう。
そろそろ何かしら行動を起こそう・・・

?

070816

?8月15日もいつものように早く寝る母親と、コミケの準備に追われる姉を残して俺は起きている。
毎日こんな感じだ。今日も日付変わる少し前まで起きていた母は眠った。自分は日記を書くことを忘れて駄目な画像を捜し歩く。
ADSLモデムの前にパソコンを鎮座させる。もう恥も何もない。うん、駄目な画像を見られないように気遣いをしているから大丈夫だ。


どこかに良い物落ちていないかなと探し回る真夜中。そう言えば中学生とか高校生の頃は本読んで過ごしていたような気がする。


とりあえず自分は日記を書いていたり、ログを読んだり。そうして夜明けまで過ごす。
昔とちっとも変わらない。でももうすぐこんな生活も終わってしまうんだろうか。
社会人になれば規則正しい生活をしないと駄目なんだろうな。


夜明け、いつもどおり自分は眠る。


結局昼前ごろに起きる。暑さ対策としては一番効率が良かった。でも時間の無駄にしているという感覚は昔以上に強くなった。


映画を見たり、その後はテレビを見て、ネットを時々やる。
親父と会話するけどちょっとしづらい。何というか、どう会話して良いのか悩む。
普通に会話すればいいんだけどね。


ポケモン映画を見ながらニコニコでポケモンを見ている始末。なんだこりゃ、これじゃアパートにいるときと変わらないな。


うとうとしていると母親帰宅。簡単にスイカを貰って食べる。
自分はiPodに曲を転送作業。一応週明けからまた就職活動だから


夜になる。どうやら母親は出掛けるようだ。自分は調べ物のために部屋で一人本を読む
食事は一応食べたのでいいか。というか、本当に暇つぶしの仕方を知らないようだ


2時間も過ぎた頃、母親帰宅。自室の整骨院用ベッドを移動してもらう。
これでテーブルスペースが出来たので履歴書を書く作業に移れる
急がないと・・・・


そんなこんなで母親はお酒を飲んで就寝。父親は暑がりなので自分の病院で寝ているという
とりあえず自分は色々やってから寝ることにした

070812

とりあえず荷物を積み終わったので出発した。

友達の家は富士宮。富士宮駅まで行けば友達が迎えに行ってくれるというので急ごう。

カーナビで検索させれば到着予定時刻は朝の5時・・・・
('A`)これはまずい・・・
友達に連絡をするととにかく来いと言っていた。まぁ急ごうじゃないか。


国道1号線を走りながら、富士宮を目指す。なんとも解りにくいと言うか、途中から富士宮方面を通過しなければならないので国道から外れる。時間は4時を過ぎていた。それでも何とか富士宮駅に到着。
しばらく待つ


「よ~、元気してたか?」
('∀`)それはこっちの台詞だよw
久しぶりに会ったな。つか変わってないな・・・・「たった半年じゃ変わらないだろw」と言われた


近くの喫茶店で話し合おうと思ったら既に閉店時間だった。他の店も閉店時間だったので家に向かうことになった。
「まぁ上がりな」
('∀`)お邪魔します


友達の部屋にて、現在の状況とか、自分の状況、大学時代の話をしていた。
「最近は時間が無くてね。もう毎日毎日仕事仕事。電子回路なんてわかるか?俺にはわからない。」
('A`)そんなに時間無いの?
「無いよ、毎日朝早くから仕事行ってさ、それで帰ってくるのは6時過ぎでご飯食べて、お風呂入って、その後は動画を見て寝る。掃除とか、そんなの気にかける余裕も無い。」
('A`)毎日毎日暇さえあれば床を磨いていたのに?
「大学時代は異常というほどに時間があった。持て余していたのかも知れない。毎日ゲームやる時間なんて、今は無いからね。とにかくお盆中に一本クリアしようと思っているだけだよ。」
('A`;)大変何だなぁ・・・・
「あのころのことを考えると、もっと楽しめばいいと思ったよ。だからお前はもっと楽しみな。」
('A`)無茶言うな。みんな居ないし、就職活動だし、周りは後輩ばかりだし。
「それでも、社会人よりは自由でいいやな」
そんな会話をして、ゲームやって、動画を見た。やっぱりゆっくりと漫画を読んで、テレビを見るような時間的な余裕は無い。自分だってこの後出ないといつ実家に着くか解らないんだ。
懐かしいな、お互いスーパーに出掛けて食事を買って、アパートでテレビを見ながら夕食食べていたこと。


2時間後、もう7時30分くらいだ。
('A`)うん、そろそろ行くよ。
「そっか、また時間があったら遊ぼうや」
('A`)そうだね。俺も遊びたいよ。


しばらく走り、7時50分ごろにコンビニの駐車場に止めて一旦眠る。眠くて仕方ない。
1時間くらいかな。8時30分にお目覚め。ちょっと脱水症状気味。


その後走りながら、道の駅で名水を汲む。給水して、ボトルの水を頭から被る。気持ちいい
まだまだ身体は大丈夫なようだ。ただ、眠気はいつ来るのかわからない。いつもだと既に着こうとしている時間だったし
とにかく走ろうじゃないか


走って走って、眠気があるけどとにかく無視して走る。ラインを踏んで目を覚まし。目だけは開いてるけど脳は眠っているのでブレーキを遅れたり。とにかく散々だった。
神奈川に入った10時ごろ、また眠る。頭が駄目だな・・・


1時間くらい寝たのかな。起きてからは神奈川を通過して、東京へ入った。東京は混雑に次ぐ混雑。お前ら休みなんだから家にいろ・・・と思ったけど、本当の意味での実家に帰ろうとしていてこの結果なんだろうか。それとも海にでも行くのだろうか。
暑い・・・熱い・・・体が?脳みそが?
とにかく持っている水、なのかぬるま湯を頭にぶちまけながら何とか進む。渋滞はますます酷くなっていた。いつ車は進むんだろう・・・
ああ、頭はぼんやりしだした・・・
iPodに音楽入れて、FMトランスミッターで聞いているけど、何だか違うような気がする
家に帰ってから、もう一度入れなおそう。


何とか、日本橋を抜けて国道6号線になった。このまま行けば水戸街道。国道6号線が終われば国道7号線になって、県道7号線になる。そのまま進めば益子駅にいける。でもそんなのはまだまだ先、190km以上も先の話だ。
時間にすれば・・・・まだ5時間以上も先の話だな・・・・


何とか千葉に入った。その頃には3時になり、暑さもピークになっていた。千葉に入る頃から感じていた身体の揺れが大きくなった。身体というか、頭の中の揺れ、吐き気、燃えるような熱さ・・・・。解らない、暑いのか、寒いのか。ただ身体が痺れる。頭が考えられなくなった。


途中のデニーズで車を止めた。もう持たないと察知
ぐったりと、店内の床にへたり込んでいた。もう力が入らない。頭が揺れる。頭なのかがわからない。身体が痺れて、暑い。
息切れと吐き気。とにかく身体の言うことが聞かないのは仕方ない。
「お客様、どうしました?」
('A`;)・・・・・・・・・何か・・・痺れて、とにかくお一人です。それと、水を下さい。
水と氷の入ったグラスを貰い、ちびちびと飲んでいく。少しずつだが痺れが少なくなった。
「お客様、こちらへどうぞ」
('∀`;)・・・・・・・・・・ありがとうございます
テーブルでサラダにドレッシング大目に入れてもらう。そんな注文
渡されたお絞りで顔と身体を拭いておく。もう恥とかそんなレベルじゃない・・・・
痺れは依然として取れない。座っているのもつらい。椅子に横になる
しばらくすると痺れは弱くなった。トイレにでも行くか・・・


トイレで出したところで、水を噴射してみようかと思い立つ。経験で行ってみよう
('□`;)アギェエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!
訳のわからない叫びが自動的に出た。というより、染みる。染みすぎる。あれは何だ?傷口に水とかじゃない。もう痛い!!


ある意味しっかりとした状態で出ると、テーブルが片付けられていた。
('A`)こら、片付けるな・・・
仕方ないので注文を取り直す。うん、サラダはおいしかった
('A`;)・・・・・・噛み応えだけしかない?
ドレッシングはかかっているんだけどなぁ・・・荒塩でもかけてみるか。たっぷりと
('A`;)・・・・・・・微妙に塩味?
何か本当に解らない


会計を済ませてお礼を言っておく。地獄で仏だったしな。
('∀`)ありがとうございました。
「はい」
('∀`)4時間くらいエアコン壊れた車で頑張ったんですけどね、身体痺れてしまって。ちょうどいいところにここがあって、助かりましたよ。
「あ、そうですか」
('∀`)この近くにコンビニってありますか?
「う~ん・・・・ちょっとそこまでは」
('∀`)解りました。本当にありがとうございました


何とかコンビニを探しだして、ロックアイスを購入。ステンレスボトルに入れる。そして水も。
これで多分生き延びられるかもしれない。梅干も買ってきた。2っ位飲んでおく。


4時くらいになっていたかな。また飛ばす。多分帰省しようとしている人も近くなったんだろう。少なくなった。ステンレスボトルに入れた氷と水はおいしい。


5時を過ぎると、茨城になっていた。そこからどんどん飛ばすと、6時になる。汗だくでも家が近くなったので楽しくなった。さすがステンレスボトル、氷は溶けない。


6時半、実家到着。・・・・・・・・疲れた・・・・。
足が痛かった。肩が痛かった。そこらじゅうが痛くて、汗だくだくで衣類は湿ってるし、重いし。ただただぼんやりと庭にたたずんでいた。
「お帰り、疲れただろ?」
('A`)エアコン・・・壊れててさ、疲れたよ。
「お疲れ。もうすぐお父さんも帰ってくるから、ゆっくりしていなさい。」


アイスコーヒーを作って、飲みながら就職活動の話。
「どうだい?決まったかい?」
('A`)・・・・・・・・・・・駄目・・
「そうかい、大変だね。」
('A`)あのさ、この前聞いた「期待してもいいよ」って話、本気にしてもいいかな?
「う~ん、いいけどね。とにかく頑張ってみなさい。今は保険にとどめて、とにかく最後の最後まで、諦めるんじゃないよ」
('A`)解った


姉ちゃんに挨拶しておく。
('A`)姉ちゃん帰ったよ~
「あ~、お帰り。・・・・・・・・また痩せたの?」
('A`)・・・うん
姉ちゃんの後ろで稼働中のダイエット器具は見えなかったことにしておく。


しばらくして、流星群を母親と一緒に見る。そのうち姉も来たので一緒に見ることにした。
「お、流れ星だ。」
「結構見れるわね~」

そして弟の漫画家を目指す話。結構一生懸命やっているようだ。専門学校で修行を積み、色々まだ認められていないが、いつかは認められるだろうと思う。画力も向上したようだ。昔は駄目な話と駄目な絵柄だったのにな。


親父も帰ってきて、食事を一緒に取る。ただ食べ終わってからの記憶が無い。そのまま布団にまで移動したのか、移動させられたのか。
とにかくもう、夜中だった。まぁ、もうこのまま寝よう。

?

070819

夜中、メモ帳に履歴書の志望動機を書いておいた。これを昼にでも書き写し、履歴書の顔写真も一緒に用意できれば良いと思った。
それから、少し余裕の出来た俺は遊んでいる。この余裕、何とかしないといけない。
もっと頑張らないといけないのに、どうにもできない。
何でこんなにうちの家族はのんびりしているんだろう。田舎特有なんだろうか。


朝、親は仕事へ出かけた。客商売なので今日が仕事の最後だという。明日からしばらくおやすみだそうだ。
('A`)いってらっしゃ~い・・・・・・・・・・ぐぅ
遠ざかっていくエンジン音を聞き終わるかぐらいのところで眠っていた


('A`)・・・・・・2時過ぎ?
思いっきり寝ていたようだ。顔写真撮影の件はどうなった?
('A`)とにかく今から起きて、出かけないと
そうは言っても身体が起きない。というか水分補給をすることに


しばらくして、親が帰ってきた。自分はお風呂に入る。
お風呂に入り終わると、また寝ていた。駄目だな、しっかりしろ、俺


夜、8時くらいにお目覚め
_| ̄|○だあああああああああああああ
何やってんだろ、俺


とりあえず親の用意してくれた夕飯を食べ、履歴書作成に入る。
大体俺は何かしら遅い。要領が悪い。
1枚仕上がるのに4時間くらいかかるんだからもっと早く動くべきだったのに、何やってるんだ


ひたすら頑張って仕上げる。それでも品質を落とせないのがつらい
_| ̄|○ぎゃあああああああああああコップの水があああああああああああ
一人悲鳴を上げる俺を親はどう思っているんだろう
それでもまた新しい紙を用意して書かないと。何で俺はこんなことしているんだろ


何とか、滅茶苦茶な出来栄えで完成。何で俺の字は下手糞なんだろう
どう見ても他の字にしか見えない物とかある。でもこれで精一杯
_| ̄|○ぐちゃぐちゃ・・・・・・でもハンコを・・・・
今度はかすれて上手く張り付かないと来たもんだ
`,、('∀`) '`,、もうどうにでもなれ・・・・・・・・
もう笑うしかない。とりあえず失敗したハンコの上にもう一回押しておく


一応出来た。日付も変わり、どうにもならない状態。
明日は、写真を撮りに行こう。何かもう嫌だ。ネガティブになってるよ俺
何とか、何とかしたい。もうアウトソーシングでも・・・・・・・?

070818

?

夜中にまた遊びほうけるこの俺の馬鹿たれ
何か何日も同じような活動をしている今日この頃。駄目人間だな・・・・
一日一日の記憶が無いんだよ。だから困るんだよ。
夜ごろに降り出した雨のお陰でだいぶ涼しかった。そっか、もう秋が近いんだな

暑さ寒さもお盆までとはよく言ったもんだ。寂しくなる
暑さは少なくなったけど、本当はまだちょっとくらい、夏休みでいたかったな


一旦眠り、お昼ごろに起き出して水分補給と食事。それが終われば今度はラジオをかけながら眠っている。
これじゃ駄目だと思いながら、寄る睡魔には勝てない


夕方、親戚の家へBBQをやりに行くので着替えろといわれる。
('A`)今日だっけ?
「当たり前でしょう?忘れてた?」
('A`)明日だと思いました
「お馬鹿ね~・・・」
('A`)余計なお世話です

着替えも終わり、出かけた。帰りはやはり自分が父親の車を運転しなければならないようだ。


親戚の家で、親戚とつながりのある人と食べる。
向こうには小学生のお子さんがいるようだ。食べる食べる。そしてゲームにはまっているという
「XBOX360持ってる~?」
('A`)俺はXBOXだよ
「それはどんなXBOX?」
('A`;)XBOXはXBOXだよ・・・・
「どんなソフトやってるの?」
('A`)最近はやってないけど、ヒットマンをよくやってたね。
親父さんが混ざる
「ほう、好きなの?」
('∀`;)好きと言いますか、2台ほど壊しましてw
「あれは壊れやすいよね~」
('∀`;)まったくです
「最近はクロムハウンズというゲームで外国人相手に戦ってるよ。まったく、相手が強すぎる」
「僕はね、ブルードラゴンがいいんだけど、主人公の声が好きじゃないというか・・・何というか」
('A`)ああ・・・・・想像していたキャラと声が違う?
「そう、だから困ってるの。鼻声だし」
('∀`)そういう時は声優が糞じゃーーー!!でいいんだよw
ただの駄目会話じゃないか


それからもそこのお子さんとゲーム会話していたり、学校給食について会話していた


しばらくして、大人は昔の思い出話。まぁ普通に考えれば子供にはつまらないよな
子供は子供でお祭りに行きたいと駄々をこねていた。
時折大人の方がネットゲームのよさについて語りだす。


「徒歩で行ったら?」
('A`)俺道がわからないし・・
「僕も方向音痴だし・・」
「道がわからなくなったら携帯があるでしょ?」
('A`)俺持ってきてないし
「何のための携帯電話よ?」
('A`)俺持たない人間だし
「いやいやwwwそれはないですww」
子供からも笑われる23歳です


9時前、お祭りに連れて行ってもらった。そこのお子さんと俺。何だこのグループは?
会場についてからクレープを購入するお子さん。自分はBBQで胃が痛いからいらない
どうもクレープが食べたかったようだ
「おいし~、僕初めて食べた!」
('∀`;)あの、ちゃんと食べさせてます?
「いや、食べさせてるんだけどねw」


また家に戻ってくる。しばらくするともうお開きムードというか、帰り支度になっていた。
「それじゃ、また時間があるときにでも」
('A`)それじゃ、どうも
「時間があるときにおいでよ、ゲームやらせてあげるからw」
('∀`;)時間無いですよw
帰って行ってから、自分たちは親戚の家で線香を上げる


しばらく親戚の家で話し合う。自分には何のことだか解らない
1時間くらいいたのだろうか、その後は自分たちも帰る


帰る途中、父親から提案
「お前も大型免許取っておけ。下手したら職が決まらないこともありえる。もしも職が決まらなかったら、ダンプの運転手になれ」
('A`)う~ん・・・考えておく
「考えておく、じゃなくて、取れ。後期だって時間があるだろ?」
('A`;)解った・・・頑張るから
酔っているときの親父はちょっと性質が悪い


しかし、本当に気温下がったな。昨日までの暑さはどこに行ったのだろう。帰ってから本当に涼しくて困る。いつの間にか秋の気配。
姉はまだコミケだから帰って来ていないようだ。


070820

真夜中、必死に履歴書を書き上げる。ボロボロの出来栄え・・・`,、('∀`) '`,、
完成するとさっさと寝ることに専念する。しかし、眠れない。当たり前か、昼間何時間寝ていたと思ってるんだ?毎日毎日家族がいない時間は布団の中にいた俺だぞ?それなのに明日会社訪問と面接だから「はい寝ます」って出来るか?俺は出来ない。だから眠れない。
・・・参ったな・・・

何とか寝よう寝ようと頑張る。それでも最近精神状態が不安定なのか、ゴソゴソと音が聞こえる。まだ音の段階なら大丈夫だ。これが危険なのはどんどん近づいてきて俺に話しかけるようになることだ。防ぐ方法は、言い出したら怒鳴ること。
ゆっくり寝ていると俺に声をかけようとするから声をあげて追い返す。あっちに行け

空が明るくなってきた。安定剤服用で眠気を出させて寝てしまえば一石二鳥だったのに・・・・
この眠れない時間をもう一度履歴書に当てれば・・・・・・いや、写真がもう無いから無理だな
後は親が出してくれるご飯を待つしかない。というか、もう嫌になる。多分、8時くらいには眠くなる。8時半出発予定なのに?駄目じゃん・・・・
親が、のんびりしているので困る。いや、うるさくても困るんだろうな。
一人求人チラシを見る。小さい会社、知らなかった会社の求人がある。
本当に駄目だったら、行くしかないか・・・・
ECU、作りたいな。まだ作りたいって夢、潰えていない。
本当にしたい仕事なら、ECUを作ること。だったら今回の工場は無しだろう。不安から応募しているんだし。ああ、もう、解らない。


昔は、ミンミンゼミが嫌いだった。特に24時間テレビが終わってからのミンミンゼミはもう夏が終わる象徴だから。終わることが怖かった。
中学生だったらいじめられる。あんまり行きたくなかった。だから終わることが怖かった。
小学生の頃は忘れた。いつの話なんだろう。でも早朝徘徊は始まっていた。
高校生の頃は、郵便局のバイトがあったから寝てたな。それと24時間テレビが終わってからの郵便配達はあまり暑さを感じない配達だった。外回りは如実に暑さを感じるからわかりやすかった。
戻れるなら戻りたいな、高校生の頃に。まだ若かったから楽しかった。
窓から見える景色を見ていてそう思う。結構年取ったのかな。


そして朝、色々酷い状態。両親がうるさくて困る。親父が一番うるさいんだけどさ。
地図なんだよ。場所がちょっとわからないから聞いただけなのにそれで色々うるさくて一人でどたばたと場所を調べて、両親二人で喧嘩して・・・・。ああ、もう、俺の就職活動なんだから黙っててよ。俺がやろうとしていることなんだから、黙って見ててよ。
('A`)・・・・・・・(行く気なくした・・・)
ここで頑張ろうと思うかどうかで色々変わるんだろうな


何とか出発予定時刻に出られる。とにかく場所は教えてもらったんだから、とにかく行くかな。
車で行く。というか本当に行き方が車しかない現実。どこまで田舎なんだよ。


40分くらい車で走る。車線が1車線、それでも国道と言い張るその心意気。乾杯
まぁ茂木と烏山の間は山で隔たっているしね。


ちょっと早く来たので市民公園に車を止めて休憩。すごい田舎だよな・・・
商店ばっか。商店街で成り立ってる。だからこその工場なのか


しばらくすると時間間際になったので工場へ。駐車場でちょっと止める場所が無いので人事の人に聞いて止める。
「こんにちわ、それじゃ、早速面接するから履歴書出して」
Σ('A`;)ええ!?
一人混乱。いやいや、説明会と工場見学を終わらせてから面接じゃないの?志望動機とかそこで固めて、面接じゃないの?俺志望動機とか当たり障りだぞ!?


「それじゃ、会議室で待っててね」
('A`;)はい・・・・
何か汗を拭く前に会議室に通されてそのまま面接の流れになってしまった。
社長と、総務部長と、工場取締役の人が出てきた。
_| ̄|○何この最終面接・・・
というか最終面接です


出入り口で聞かされたいきなりの面接に面食らい、しどろもどろ、頭の中を真っ白にさせながらも何とか受け応える。
「おいおい、成績表が入門ばかり、しかも可が多いな!」
「機械系を志望したのに機械系専門科目が少ないな?」
「年数として留年してる?」
志望動機を応えたり、留年理由とか、情報系なのに機械系を志望した理由とか。
そしてどうして土木課だったのに情報系に進んだのかを聞かれる。


履歴書と成績表がボロボロなら面接もボロボロで終わった。
「それじゃ、気をつけて帰ってね?」
おい、お疲れ様とか工場見学とかの話は無いのか?
何か、手触り的に落ちたような気がする・・・・
このまま追い出されるような、そんな気がする。


会議室横の応接場所で待っている。今日は自分のほかにもう一人いた。
女性の方だった。
「ほ~、留学ね。すごいね」
「TOIECを生かして海外との付き合いを、なるほど」
('A`)・・・・・・何あの談笑・・・・
一人取り残される俺・・・なんだかな・・・


そして、もう一人の面接も終わらせて一般常識試験になる。
「まぁとりあえず頑張ってみてね。」
もう一人とは問題が違うようだ。色々解いていく。
解いているのは良いけど、眠くなってきた。だって徹夜だぞ?時間的にいつもなら寝ている時間だぞ?眠い、眠い・・・・・・・・
うとうとしている状態。駄目だ、寝るな・・・ばか・・・・

「あれ?君寝ていない?」
('∀`;)ははは、そんなまさかw
はい、そのまさかです。寝ておりました・・・・


そして、会社説明会に入る。10時に来て、既に12時になっている。12時から会社説明会と作っている商品説明と、取引先企業。スキマ商品ってやつだね。他の企業の商品同士を繋ぐんだよ。その商品の金具を作れればな、そう思う。


12時20分からもう一人と昼食。食券が配られる。でも暑さと緊張で食欲無し
その人と一緒に食べながら、就職活動の話をする
「どうですか、状況は?」
('A`)芳しくないですね、そちらは?
「一応1社ほど内定貰っているんですけど、海外に行けないのでちょっと・・・」
('A`;)やっぱりそんな時期ですよね
「この時期はスーツもつらいですね」
('A`)まったくです

「留年してるんですか?自分も1年留学しているので同い年ですね」
('A`)あ、というと・・・・
「1984年生まれ、ですね」
('A`)そうですね
一人あわあわしていた。駄目だな・・・・
その後も談笑してた


「あれ、残してますけど、大丈夫ですか?」
('∀`;)すいません、この時期はちょっと・・・・
トレーを返し、食堂を出た。
「お、食べ終わった?それじゃ、こっち来てね。」
会議室とは別の場所へ。適正試験になった。
隣り合った数字を足し合わせていく試験。やめろ・・・・眠くなる・・・・

時折、周期的に意識を失う。何というか頭の中がリセットされていく気分
俺、大丈夫かな・・・・


終わると、工場見学になる。2時半から見学になる
中がすごい。この前行ったゴム工場とか、機械加工学で行った工場と同じ匂い、同じ音がする
何工程もあるし、運搬もあるのでいろいろぐるぐる見て回る。
金型設計もあった。楽しそうで良いな


40分くらい見回って、終わった。
「いや~、お疲れ様。それじゃ、旅行のお土産のお餅でも食べて行ってね~」
('∀`;)いや~・・・アットホームですねw
「まあねw」
あんこが甘すぎ、胃がムカムカする・・・・

「あ、今帰るの?」
('∀`)本日はどうもありがとうございました。
「確か設計希望だったね。」
('∀`)色々見て回りたいですけど、情報系でありながら自動車業界を志望しているので設計で生かせればと思っております。
「うん、俺も情報系で設計希望だったんだ。頑張りな」
('∀`)ありがとうございます
「うちは町工場に毛が生えた程度だからね~。規模的には弱いかもね」
('∀`)あまり規模にはこだわってませんから大丈夫です


女性を駅まで送り届けることにする。エアコン壊れているのを笑ってた
「この暑さでエアコン壊れるって言うのは、正直つらいですねw」
('∀`;)まったくですよ
駅で別れる
「それじゃ、お互い頑張りましょうね」
('∀`)はい、頑張りましょう


帰り際に新しいタバコを買っていく。途中から雨が降り出す。
履歴書のための顔写真撮影。ついでに近くのスーパーを見ている
あまり欲しいものは無い
というか4写真で700円、何だこの価格設定?


帰ってみると姉が出かけるようだ
('∀`)お帰り~、コミケどうだった?
「うん、涼しかったから過ごしやすかったよ」
('∀`)お疲れ様
「新しい靴買ったんだ。どう?」
('∀`;)またパンクな男物のブーツを・・・
「いや~、欲しくてね。革だから慣らさないとね~」
そしてこの前受け取った宅急便の代金を渡される。3千円くらいか


そして大雨。何だこれ。雷雨だ雷雨
ピシャッ!!!!!!
('A`;)うわあああああああ停電だあああああああああ
「うるさいよ~」
気がつくと姉が帰っていた。早い。というか郵便物を出すだけだったので早かったみたいだ
ブレーカー調整。うん、何とか点いたよ


その後、そうめんを食べていたら疲れて眠っていた。
というか寝不足の状態だったしな・・・
履歴書はどうするんだ?自己PRは?
('A`)ぐぅ・・・・・・・
力尽きた俺にはどう考えても無力だ・・・・・・・


起きると、10時くらいだった。
「あんた明日説明会じゃなかったっけ?」
('∀`;)え・・・え~と・・・
「行かない気だな?w」
('∀`;)あ・・あはは・・・
うん、行かない気です


そして、また眠っていた。次に起きたのは、3時過ぎ
ラジオ聞き忘れた・・・・・・?

070813

起きてみると真夜中だった。そっか、俺実家に帰ってきていて、夕飯食べたら寝ちゃったんだ。
起き上がり、自室に居ることを確認。何だこれは・・・整体の道具が俺の部屋を埋め尽くしている。
整体器具だらけだ。仕事道具の倉庫と化していた。
('A`)・・・・・・・暑い・・・・
ちょっと起き上がり、タバコを手に取るとまだ真夜中の外を出歩いてみた。まだまだ蒸し暑かった。


戻ると布団に戻る。また眠れるはずだ。


暑さに目を覚ます。どれだけ暑いんだ?
とにかく起き上がり、食事と水分の補給。それが終わるととにかく見るものも無いのでテレビを見ている。


午後になる。姉から見る物も無いのならDVDでも借りに行かないかと提案される。
自分も暇なので快く了解する。夏なのでホラー物を借りることにした。他には適当に好きなものを借りることにした。


帰ってからは二人で鑑賞。床で寝転んで見ているので猫が時々近くに来る。どうしてこの家の猫は暑いと言うのに近寄ってくるのだろうか。
とにかく自分自身が暑くなってくるので遠くへ寄せる。それでもしばらくすると近くに来ていた。
二本で3時間くらいか。面白かった。


それが終わるとお風呂に入る。何だこのシャツは・・・・汗だらけ。洗濯機でまわせば酷く水がにごる。
それだけ汗を吸い込んでいるんだろうか。


お風呂から上がると母親と父親が帰宅。親戚の家へ挨拶に行かないかと言う話。自分も行くことになった。


親戚の家で線香を上げた。それで終わりじゃなかった。お酒が出され、食べ物も出される。家族は帰る気はないようだ。
とりあえず会話に参加。就職のことを聞かれる。まぁまだまだってところです。
ただ親父が金持ちだからなぁ・・・俺の出る幕無いじゃん。
「俺を越える?だったら年収4000万以上になってみろ。出来ないなら越せない。俺は目標を年収4千万に掲げた。まだまだ俺の年収は増えるぞ。それだけのアイディアも経営もしている。俺自身がお前をまだまだ養う気でいるしな。車だって欲しければ今からでも買ってやる」
('A`)俺の立つ瀬無いじゃん・・・・・・・
「お前もすごい親を持って大変だな・・・」
親戚の親に心配されながら、親を放置して外でタバコなり吸う。ここの家族というか兄弟はどこに行ったのだろう。出掛けたんだっけかな


「だから、栃木県で言えばまだまだなんだよ!!」
「解るかよ!!」
なんか酒交じりで喧嘩しているので放置
('A`)あーこりゃ放置だな


ぼんやりまた表にいる。酒が抜けた頃に親父から金の稼ぎ方を教わるけどなかなか解らない。
困るね。もっと頭よくなりたいんだけどね。
「ま、本当にやりたい仕事しかしなくていいんだよ。何でみんな無理して仕事しているんだか」
('A`)そんなこと言われても・・・・
「お前も仕事決まらないなら無理してしなくていいよ。俺の元で働いてもいいんだし。最初はお抱え運転手からだけどな」
('A`)本気にしちゃうぞ?
「俺も本気だぞ?」
そんな会話
「何でお前はそう弱気なんだろうな。俺にもきっとそんな時期はあったと思うんだけど、忘れているんだろうな。」
('A`)だろうね~


夜は親父は運転できないので細かな指示を貰いながら運転をする。気をつけていこう。
親父の車は四輪駆動なのでちょっと力があって怖い。でもゆっくり行けばいいだろう。


帰ってきてからゆっくりしているうちに終わる。夜中、持ってきたラジオを聴きながら眠る。
火曜日も暑いんだろうな・・・?

070814

子の日は何もないというか、ただただ暑くてぐったりとしている日だった。
というか力が入っていないので記憶も無い。困ったもんだ
ただある物を食べて、ぐったりと部屋で横たわってた。


そういえば午後くらいになって親の部屋に唯一クーラーがあったので涼みに行った。そこで寝ていたものだから下痢を起こす。厳しい


夜になってからもみんな出掛けているので自分はテレビを見て、夕飯を食べるという何にもすることが無いだめっぷり。まぁゆっくり過ごそうじゃないか


そんな生活リズムを何とかしたい。?

070815

?夜中に二人で晩酌。自分はコーヒー、母親はビールから焼酎を飲む。
('∀`)そう言えば母ちゃんと父ちゃんってどうやって知り合ったの?
「う~ん、どうして?」
('∀`)だって昨日の親戚の家で飲んでいるとき同じ中学と小学校の話だったじゃん
「あ~、そんな会話してたね。実は父ちゃんは東北から引っ越してきたのよ。」

?

そこで聞かされたのは親父は片親として来たのだということ。
父親は結婚後まもなく死亡、その後は親戚縁者を頼って栃木県に来た。
小学校低学年で母親の通う学校に転校。ここで初めて出会った。
最初は良くクラスの人間と喧嘩しており母親は距離を置く人種だった。
そのまま中学校に上がり、卒業して父親は経済的理由から現在の会社の職業学校へ。
一応そのまま出会うことは無くなった。

?

しばらくして同窓会にて再会。会話が弾む。
ただ親父はもう別の人と婚約していた。
「○○くんって知ってるよね?」
('∀`)クラスメイトじゃん!
「あの子のお母さんがお父さんの奥さんよ」
_| ̄|○はああああああああ!?

まぁその後お父さんが結婚に乗り気ではなく、お母さんとも付き合いを始めてしまい、ますます乗り気じゃなくなった。
お母さんはお父さんに奥さんがいる場所へ呼び出されて奥さんから今後一切付き合うなと怒られて、慰謝料の話とかを言われる。
お母さんはそのまま付き合うことも無くなった。お父さんも乗り気じゃないまでも結婚した。
結局、3ヶ月で離婚。
「うん、お父さんはバツ一ね。」
_| ̄|○知るかああああああああああ!!!!!!!
「だって話してないし」

その後、お母さんと付き合いを始める。狭い町だったし、色々噂もあった。
猛反対を食らう。不良だし、バツ一だし。
「ここで『どうぞ~』なんて簡単に了承されたら多分私は結婚しなかったよ。私は反対されると燃える人間だしね。結局反対押し切っちゃってね。」
お母さんはもてたようだ。土建屋だったし、自分の苗字が工務店で登録されているし。電気店も色々な家具関連もうちと係わり合いがあった。自分の家の一声で家具や電気類は決まるのでそれなりにお見合いの話も多かった。
「全部断っちゃったよ。」
('∀`;)・・・・・・・
「いやね、私もさ、あのまま反対されたとおりに見合いして結婚すれば幸せで平和な生活だったのかもしれないけどね。追われるよりも追い込みたい人間だったしね。」
('A`;)母ちゃんの子供としてはその理屈でありがとうと思うんだけどさ、一人の人間として見るなら、馬鹿なことしてるな、とか、何でそこで突き進んだのかなって思う。だって順風満帆な生活が送れたのかもしれないのに、波乱万丈な生活を選んだのか・・・
「私もね、順風満帆ってのはあこがれる。けど後悔してるならそれは順風満帆じゃないでしょ。波乱万丈でもいつか笑えるなら、順風満帆って後で思えると思うの。」

その後、結婚生活開始。ただ子作りに関して、生まれてくる子供が理解を示してくれるかどうか心配だったようだ。今日この話をして、混乱しないか心配だったようだ
「でも良かった。混乱してないし、戸惑っても無いしね」
('∀`;)・・・・・・・・・・混乱しすぎて声が出ないよ?
「なんで?」
_| ̄|○だってあんた当たり前でしょ?こっちはなれ初めの話を聞いてどんなラブラブ話が飛び出して、自分は「はいはい面白い面白いw」な対応を返そうかと考えているときになんだそれは!?

「あー、びっくりしてたのか。でもね、こっちもこうしてサラッと話せるけどさ、当時は大変だったよ。世間体だってあったしね。子供に苦労はさせられないと思ったから必死に働いたし。お父さんもこんな経歴をたどった家族だったから笑われるような人間にはならないように、必死に稼いできたからさ。」
('A`;)・・・・・・・・・・・


「でも、楽しそうな夫婦でしょ?」
('∀`;)そうだね~
「何もしないで後悔するような人間になってほしくないのよ。大変だけどいつか笑えるような人間になってほしいの。」
('∀`;)精進します

なれ初め話がとんでもない方向へと飛び火し、知る由も無かった出生話にまで話が飛んでいた。
「さて、寝ますか~。明日も仕事だし。」
('∀`;)おやすみなさ~い・・・


本当は就職活動とか精神病の話しもしていた。
「あんたそう言えばひとり言多いね。やっぱり一人暮らしだからかな。」
('A`)・・・・・・・う~ん・・・・それもあるんだけど。何というか、自分の声が聞こえてきちゃって、それと会話しているというか。今は少なくなってるんだけど、また聞こえてきそうで、時々呼びかけられてるから呼びかけに応えて・・・・・・・・

半年前、長男だから地元で就職しろと言われた。その為変な方向で受け止めて家族のため、自分を捨てて就職活動をしていた。
自分のためじゃなければ無理もある。自分の元々やりたかった仕事もあった。それを捨てて就職活動していた。結局無理をしていれば心にゆがみが出来る。ゆがみは声となって俺を責める。

('A`)それでさ、電車の中でも聞こえてきちゃってさ、怒鳴ってやったんだよ。黙らさせるために。だけど結局誰も俺に話しかけてなんかいなくて、俺は一人で話していたみたいなんだ。
2分、沈黙。テレビも何もない。ただただ無音。グビグビと母親のグラスの音

「・・・・・・私はね、あんたが大学2年生のときと3年生のときに心を病んで、精神病になった。病院の先生から怒られたのよ。『普通この状態だったら無理にでも連れ戻すだろう。何で放置しているのか』って。あんたの身体も万全じゃない。だから卒業してからは連れ戻すことにしたの。うちは自営業をしていない。お父さんはしているけどあれは道楽的なもの。一代で終わらせると思うわ。昔からの家柄なんて無いから長男って理由もおかしいでしょ。だから、自由でやって欲しいんだけど。まだまだ信用できるようなレベルじゃない。だから就職はこっちでして欲しい。もしも数年こちらで働いて、自活能力も出来て、精神面も万全で、本当にやりたいことを見つけて、私たちを説得できるなら私は別に出て行ってもいいと思う。だけど今はまだ私からは信用できないの。だから数年はこちらで働いてね。」
('A`;)・・・・・・・なるほど
「高校時代くらいに中肉中背で、やりたい理由もあるなら私は大手を振って送り出すわよ。大丈夫、企業だって定年制だって何もないし。キャリア、スキルを求めているんだから。会社から会社へ渡り歩くのだって、私から見たら面白いと思う。」
('A`;)解った・・・・
「別に実家に帰ってこい、じゃないの。関東地方で就職しなさいって事よ。でも東京はゴミゴミしてる。あんたみたいな性格にはちょっとね・・・」
('A`)まぁそこは同感
「埼玉とか、千葉とか群馬、富士宮に友達いるんだから神奈川でも良いし。でも困るのはこれ以上西へ行くことよ。」
('∀`)あ、じゃあ戻れるような段階になったら戻って良いんだね?
「別に良いわよ~。でもとにかく4年くらいかしら?様子見で関東地方にいてね。精神病なんて死にやすいんだから困るのよ。」
('∀`)解った。

とりあえず曲解していたようだ。まぁ今から頑張るにしても、就職先がなぁ・・・・。
頑張るしかないよな。


ひとしきり寝て、朝になる。どうせすることも無いというか、そろそろ履歴書の準備をしないといけないけど、どうにもこうにも。自室なんてテーブルも無くて作業が出来ないのがこまりものだ。


親は今日も仕事なので自分は用意された食べ物を頬張る。おにぎりくらいだけど夏バテの自分にはありがたいと思う。


親父が部屋の掃除で家にいる。自分は衛星放送で映画を鑑賞。時々親父と会話。


「お、そう言えばさ、俺の加入しているカイロ組合があるんだが、調べて欲しいんだ。」
('A`)う~ん、べつにいいよ~
「マルチ商法とかで色々荒れているらしい。どんなことが書かれているのか楽しみだ」
('A`)なんでそんなわざわざ凹むことやるんだろう・・・
パソコンで調べると、まぁ本当に荒れている。詐欺だの、マルチ、違法だと言った文字が並んでいる。
「・・・・・・ふ~ん・・・・・だっせw」
('A`)強いな・・・・・
「愚痴る暇があったらひとりでも多くの客を確保できるようになったらどうなんだか、精進もしていないでお金がもらえないとか、馬鹿だ。組合は技術しか教えてくれない。経営は自分たちで覚えるしかないんだ。それが出来ない人が騒いでるだけだ。」
('A`)なんて父親だろう・・・


まもなく、雑談スレッドが見つかる。
「あーストップストップ。全部読むから見せてくれ。」
('A`;)こういうの読むと疲れちゃうから・・・
「良いって良いって、むしろ見せてくれ!」
それから3時間、「これは!」「いやいやw」「うわ~」と言いながら閲覧をする親父がそこにいた


夕方も進み、栃木県は夕立の予報が入る。5時過ぎだったか。
母親も帰ってきたので近くの店へ飲みに行くことになった。この家族は事ある毎に飲んでいる。
いつものことか・・・


自分は冷奴とコーラというミスマッチ。両親は適当にビールや焼酎と一緒に野菜炒めを食べる。
「仕事でね、水虫がね」
「そりゃ通気性が悪いんだろ」
('A`)しょうゆが薄いのかな?

そんな会話で一時間飲んだり食べたり。もうすぐ7時になろうとしていた。
「じゃあ帰るか」
「そうだね」
('A`)夕方に食べたおにぎりが残ってるなぁ・・・


帰宅してからテレビを見て、母親は就寝。というか居間で力尽きている。
父親は自室を掃除。あの部屋は本が積み重なっているのですごいことになっている。
経営とか色々、もう本当に一月3万くらい使うのだろうな、という本の量


そのまま眠ってしまった。大変と言うか、眠いから・・・

帰る準備中~

何も準備できていない事に気づいたwwwww
やばいwwwwww

つか向こうに行ってから自己PR書類ってのを書かないといけない。A4くらいだから写真貼ったりして何とか書くけどね
問題は履歴書が5枚しかないって事。足りないね、コピー機で増やすしかないねwwww


もう無難にiPodで手を打とう
そして本を買いに行っていないと言う現実
ああああ今日の夜からは花火大会だから余り余裕も無いだろう
急がないと

つか洗濯もしないと・・・
何か人生かかっているので焦り気味
それにしても暑い

?

とりあえず天然水とスポーツドリンク、コーヒー、お茶を購入してきた。そしてiPodと傷防護ケース。後は充電対応FMトランスミッター。


iPodはEidenに行って買おうとしたけど無かった。FMトランスミッターはあった。ケースも処分品を購入。

ジャスコまで行ってiPodを購入。30GBか。とりあえず聞ければいいから。
食べ物購入するのを忘れた。まずったな
ガソリンも入れないと、後は部屋にある同人ダンボールも車に積み込もう。忙しくなるな。


そして帰ってから調べるとiTunesが必要なのか・・・
今まではMP3フォルダ作って入れるだけだったから簡単だったんだけどなぁ・・面倒くさい。

まぁいいや、とにかく準備を急がないと。
花火大会も始まってしまう。これを見て、後は最終チェックをしたら帰るんだ。忙しい


iPodに音楽を送信中に花火の音。
('A`)・・・・・そっか、いよいよ今年で最後の花火大会が始まったか・・・・

これを見たら本当に終わっちゃうんだな。そんな感慨にふける
('A`)まぁいい、充電はしばらくすれば止まるだろう。ちょっと見に行くかな。


そこから原付で移動。去年よりも激しい交通規制。
去年の場所へ行くことはかなわなかった。
とにかくふらふら見ている。
あんまり満足行く場所でもなかったのが残念。


最後の最後、何とか抜け道を見つけて最前列まで移動が出来た。残り30分くらいだったかな。


スターマイン、8尺玉、去年のような大パノラマが形成された。
・゚・(ノД`)・゚・・・・う・・うあ・・・・・


まさか涙が流れるとは思わなかった。去年の事、この町に来たこと、色々考えては花火みたいに消えて、凄く悲しくなった。
本当はこの町と離れたくないけど、離れなくちゃいけない。
友達を残しているけど俺は出て行かないといけない。俺は長男なんだ。もう実家に戻ることが決まった長男なんだ。

田舎独特の流れと言うべきか、守らなくちゃいけないことだけど、守りたくなかった。みんなとまだまだ遊んでいたかった。みんなとずっとずっと話し込んでいたかった。


本当のこと言うと、去年と同じ場所に行きたくてずっとそこらへんを歩き回っていたんだけどねw
うん、何とか今年最後と言うか、この町の思い出が出来た。
良かった。

?

そして帰宅してから、友達が遊びに来ないかと言う電話を俺にくれる。もう喜び勇んでいきますとも!
何ヶ月ぶりだろう、久しぶりに会うなぁ・・・

元気してるかなぁ・・・。
とりあえず早く会う為にも急いで荷物を車の中に積み込まないと・・・そして待ち合わせ場所の駅の名前を調べておかないと・・・

?

汗だくで荷物を積み込む。この町でずっと暮らして行こうと思ったから同人誌とか色々、部屋にあった本は全部持ってきたんだ。だけど意味なかったな。長男ってことを考えれば解ったんだろうかな。
積み込むたびに汗が噴出す。

仕方ないので軽く水タオルで体を拭いておく。あんまり効果があるようには思えないけどね。

?

とにかく、準備が揃ったのでこれでいける。最後の持ち物
携帯電話と、バッグ3つ。後は革靴。iPodだな。

途中でガソリンを入れていこう。

?

それじゃ、行ってくるよ。2週間後くらいには戻ってこれると思う。
もしくは途中で何か書き込むかもしれない。まぁいいか、行って来ます。
そして色々話し合ってきます。現状のこととか、これからの事とか。


じゃ~ね~


結果

?うん、落ちましたよ
メールで伝えるとか最近は便利だねw


謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、先日は弊社の採用試験にご来社いただき、ありがとうございました。

早速、貴殿につきまして慎重に選考致しました結果、
誠に残念ながら、今回は貴意に添いかねる結果となりました。

せっかくのご期待に添えず、大変申し訳ございませんが、
何卒、ご了承下さいます様、お願い申し上げます。

末筆ながら、今後の貴殿のご活躍をお祈り申し上げます

?

だああああああああああああああああああ
解らんかねー、俺の良さとかさ
こんな所にいい人いるってのにさー
何なんだろうね。もうアウトソーシングで手を打とうかね
いや・・・しかし・・・

あああああああああああああもおおおおおおおおおおお
あたまいてえええええええええええよおおおおおおおおお
死ね!もうぎゃああああああああああす!!

?

?

つか祈るならお札でも入れやがれってんだ!!分厚いお札でも入れてくれるなら少しは頑張れるぜ!

東京に行ってきたよ

昨日は東京に行っていた。東京で車の内装品や電子部品を作っている会社だった。


まぁ昨日はもう新幹線使おうと思っていたから別にどうということも無い。暑い中水筒に氷と飲み物を用意。2月頃には思いもしなかった重装備がここに完成というわけだ。
2月頃は一冊の本と飲み物だけ、会社書類も入ってたかな。いつからこんなに重くなったのか。
今入っているのは2冊の本と水筒とタオルと扇子と何社かの会社書類、他にも食料や飴、ガムの類。
恐らく総重量は3~4kgになるだろうか。持っている最中、手は痛い。出来ることなら持ちたくは無いと思う。


行きは新幹線。静岡駅で乗り換えて10分くらい早めてみる。品川駅から新宿へ移動。
新宿からは地下鉄の東京メトロ丸の内を使用。方南町へ向かう。

新幹線、広くて快適で、ゆったりしている。自分が乗り込もうとしている車両が喫煙席だから夏場で帰省シーズンといえど、子供は少ない。
静かだし、というより周囲はサラリーマンばかり。なんだかお互い様。

品川からは電車に乗る。暑い・・・弱冷房車だかなんだか知らないが・・・辛い・・・
子供は元気すぎる。何であそこまでテンションをあげられるのか。そして乗り込んだら空いている席まで即座に向かう。周りのことを考えない。すごい
「一駅なんだからおとなしくしなさい」
ズダダダダダダダダダダダ!!!!
駆け回るな、大人しくしようぜ・・・・

新宿駅から地下鉄へ。結構広いので迷います。
そして方南町方面へ向かう。暑いね・・・・

方南町駅、終点だ。後は会社へ向かうだけ。


駅から出て少し迷ったので近くのカメラ屋で道を聞く。親切に教えてもらってありがたい。
そして教えてもらったとおりに行くと大きなビルがあった。ここだな。そして大きすぎ。


説明会会場へ通されると会場には俺一人、人事一人。
_| ̄|○またかよ・・・・
広い広い会場に俺一人。15分前に到達したから俺一人なんだとかそんな理屈じゃない。
開始してから5分経過しても誰も来ない。


「予約はあったんですよ。・・・・来ませんね」
('A`)来ませんね・・・・
「それじゃ、始めましょうか」
('A`)そうですね・・・・
「こちらの席だとスライドが見やすいですよ」
('A`)解りました


会社の生い立ちからどこの会社の部品を主に作っているか。部品での発明とか。
そして栃木の開発センターが来年に移転することになって、埼玉で開発することになったようだ。
栃木で働きたいから応募したんだけどな・・・・
一応テクニカルセンターとして残るようだ。ただそこで働けるかどうか解らない。
まぁ22日には開発センター内にある子会社の説明会も受けるからな、大丈夫だと思いたい


そして質疑応答。結構好き勝手に質問できる。栃木の開発センター移転を中心に聞いてみた。
それが終わると筆記試験。最初は国語。難しくは無い。けど簡単でもない。
数学、かなり難しかった。時間切れになってしまった。
英語・・・・・
φ('∀`;)アアアアアアアイイイイイイウウウウウウエエエエエエエエ

最後は性格分析。これはまぁ、自分のことを書けばいいので気楽だ。楽しく受けられる。
ガリガリと書いていく。


終わると、履歴書、成績証明書とか健康診断書などの必要書類を提出。
('A`)あ、この後グループ企業の方にも行こうとしてます
「ああ、色々見ていくといいですね。選考段階で迷うかもしれませんが、いい経験だと思います。」

これで終了、部屋から出る。
「今年度の採用担当をしておりますが、一人というのは初めてですよ。」
('A`)8月ですから流石にもう皆さん決められて、来なくなったのではないでしょうか
「やっぱりそうですかね」
('A`)でも個人的には1対1というのは嫌いじゃないです。気軽に質問できる雰囲気ですし


会社から出る。外は暑い。夏だ・・・・
帰り際にコンビニで飲み物を購入。何で炭酸を購入したのかわからない。
飲みながら駅まで向かう。


方南町から乗り込むとオタクなお嬢さんを見かける。多分気のせいだと思うけど、でも雰囲気的にオタクっぽい。
ノリとか話し方だな。後は挙動がそんな感じだ。楽しそうで羨ましい。

新宿駅に着いた。この後は品川駅まで向かう。
電車内は依然として暑い。そしてサラリーマンの姿が多い。さっきは昼食帰りや帰省しようとする人が多かった。


品川駅からは新幹線に乗り込む。さっき買った飲み物がもうぬるいとはこれいかに・・・
仕方ないので缶コーヒー購入。暑くてかなわん・・・

飲みながら新幹線を待つ。早く来い
各駅停車に乗り込む。なかなか掛川に止まってくれる電車も無いもんだね


新幹線に乗り込んで、喫煙席に乗る。どうでもいいけど横のおっさんは酒を飲むなああああああ
くそう・・・あんなに冷たそうに水滴を浮かび上がらせて、その上中身は喉越しの良さそうなシュワシュワ炭酸なんだろうな・・・・
プシ!でもプシュ!でも音を上げてみろ?俺が壊れるぞ
プシュ!
あああああああああああもうううううううううう!!
喉を鳴らすなーーーーーー豪快に飲むなーーーーーーーーー
焼き鳥とかおいしそうに喰うなーーーーー
俺も飲みたいよーーーーーー!
はぁ・・・疲れた


掛川まで読書。行きはどうしても緊張気味だから何も読めない。
後はうとうとしてた。持ち込んだ扇子が気持ちよく風をくれる~


掛川駅について、乗り換えて袋井。7時50分。これでおしまいだね

?

そんで、今日は名古屋へ行く予定だったけど、どうにも起きれない。
体でも弱っているのかな。起きたら鼻血を噴出した。
そして喉が渇くので色々飲む
あ~・・疲れてるのかな
?

東京じゃーーー

これから、というか11時28分から東京まで出発じゃーーーー!!!

履歴書OK、成績証明書OK。とにかく必要書類は万端だ。

今回はもう新幹線も解禁してる。新幹線使用で4時間半の道のりが2時間半にまで短縮されるこのうれしさ!

新幹線はゆったり乗れていいね。資金的なことを考えなければ文句なしに多用したい乗り物

?

それに俺は喫煙席も使うので結構気楽。トイレもあるから気が楽だ

後はどうするか。飲み物はまだ準備していない。緑茶はいらない、かと言ってコーヒーもなんだか嫌だ

コーヒーは帰りに缶コーヒーでも買っていこうと考える

水筒は洗浄と乾燥を済ませてある。何を入れようか

今からだったら99円ショップもあるんだから、それを使おうか

何がいいかな~

?

相変わらず、移動のことの方が楽しく感じるから困ったもんだ?

名古屋の設計だ~

朝早くから動く。今日は企業への提出書類とゴミ捨てだな。
ゴミをひたすらまとめる。あれだな、もうちょっと綺麗にまとめられたらな。
車に詰め込んでおく。後で持っていくことにした。


とりあえず詰め込み終わるとお風呂に入る。ぬるめでいい。


終わってからしばらくして大学へ。今日は書類申請だ。
大学で証明書発行してもらおうと思ったら前回発行してもらったときの結果について書けといわれた。忙しいのにな。でも仕方ないかな。


書き終わると次は証明書発行書類の書き込み。色々調べないといけないし、5社分だから忙しいね。
書き終わって、シール貼って、研究担当にハンコもらって。忙しいな。


それが終わって何とか提出。だけどそれを終わらせるともう時間が無い。もう電車が出てしまう。
コンビニでお茶を買って電車に乗り込んだ。今日も名古屋へ。
お茶を飲みながら電車に乗っているけど、ただ、ちょっと辛い。お茶のせいで胃酸が出過ぎて気分が悪い。
多分徹夜したせいだな。烏龍茶にしておけばよかったな。
('A`;)・・・うう・・・
吐き気との戦い。もうほとんどぐったりとしている。
その為ぐったり状態から意識を失う。


時々寝て、頭が働かない状態で移動して、そして名古屋駅へ。
('A`)・・・・
ぼんやりと勘だけで動く。地下鉄東山線へ。栄駅で降りる。
栄駅出口。ボロボロの服を着た人が沢山いた。


そして迷子だ。ここから先がわからない。どこに行くんだっけ?
('A`)・・・・電話するか・・・・
会社に電話。会社の人に迎えに来てもらった。


会社の説明会会場に通される。広い会議室に・・・・・俺一人!?
「さぁ、こちらへどうぞ」
  人事     俺
?

寝過ごして終わった・・・

夜中、必死こいて勉強。いや、全然わからないのだ。
まずは30問の単語問題。調べて調べて、書き込んで、進みは遅い・・・・
気がつけば空は白み始める。セミは鳴き、カラスも鳴き、太陽が明るくなってきた・・・・
午前6時半。終わらない、先が見えなくなった。気分は段々焦りに変わった
・゚・(ノД`)・゚・おわらねええええええええええええ!!!!


午前8時、ぐったりと力尽きる。
徹夜の眠気が来たようだ。でもここが頑張り時だと新しいコーヒーを入れる。
まだまだ頑張れる、頑張れると思いながら頭はゆらゆら・・・・
午前9時だったか10時だった。本当に力尽きたようだ

?

起床、午後4時。
_| ̄|○えええええええええええええええええええええ
試験、戦わずして終了・・・・
俺の馬鹿ああああああああああ


はい、今期試験予想
【経済学】
持ち込み可能教科。中間試験も割りと上手くいった。
試験自体も結構いい感じだ。単語をその場で調べるという本当に大変だったけど、うまくいった
これは取れるといいな。うん、取れると思うよ。


【機械加工学】
釣り合い問題は何とか上手く行ったし。工作機械計算問題も上手く行ってると思いたい。土壇場で覚えたんだよな、公式・・・。
それが上手く作用したと言うか、公式を組み替えるだけで答えが出てくれたから助かった。試験中に先生からも数値が合っていると言われたし。
取れる・・かな。去年とは違うし。上手く理解してた問題もあったし


【統計解析】
死んだな。試験中に寝るとかありえないね。ソフトウェアの使い方も解らなかった。だから答えの数値も出せなかった。
解らなかったし。ほとんど白紙の状態で出した。


【CG中級】
これは作品の方を先に提出して、作品レポートも出してから採点だった。
全部出す物出していたし、試験も作品感想だったし。取れたと思う。


【オブジェクト指向問題】
教科書に載っていなくて授業でもやらない問題を試験として出すとはどういうことかと!?
難しかったよ。一応やるだけやったけどさ。手応えは五分五分ってところだ。


【感覚知覚】
寝過ごしで受けられず・・・絶対落としてる。再試も無しだ。あるとはどういう了見で行うつもりか・・・
つか再試なんて芳しくないやつに対してだよな・・俺にチャンスが来るとは思えない
落ちた


【計算機ハードウェア】
レポートは一応出してある。認められない物もあったけど、前回受けた時よりは成績がいい。
試験も手応えはあったけど、そう思いたいだけかもしれない。
神様仏様、俺をお救い下さい!な状態。


【基礎電磁気学】
これは行けるだろう。演習も大丈夫だし、最終回で配られた予想問題で解らないところを聞きに行ったし。
一応手応えもあったし。取れるだろう。


【エンジン工学】
出されたレポート問題を思い返すとなんだか不安になる。レポートテーマに沿って書けただろうかと言う疑心暗鬼。
これはまずい・・・
とりあえず不安な科目


【生物学入門】
落とした。寝過ごしてたし


まぁ、終わったことだし。部屋の片付けと、就職活動の準備をしよう。
明日は大学に行って必要書類の申請と履歴書の見直しだ。
?

最後の試験だけど・・・

今日は生物学入門の科目
覚えられない、覚え切れない、解らない。
過去問は何とか後輩からもらった、けど感覚知覚同様、暗記勝負・・・
65問分なんて覚えられない、そして解く作業も存在する
('A`)頭が・・・・痛い・・・・
もう精神力もギリギリです。解いては見るけど、無理だ。解けない。
何でこんな科目取った?取れない科目だって解っていたのに


唸りながら、半分焦りながら解いていく。確かに落とすことの方が確定している科目だけど、やらないで落としたくない。
とにかくやれることをやろう。
そんなポジティブ思考、5分もすれば壊れるだけだ


6時、朝日を拝みながらも尚のこと真っ白な問題用紙。
'`,、('∀`) '`,、朝焼け綺麗だな!!
65問分を暗記するなんてのも無理な話。と言うか要領が悪すぎる。
就職活動があったんだから持ち込み科目を重点的に取得すればよかったんだ。それを俺は・・・・


昨日同様少しずつだが眠気が訪れ始めた。
少し眠ろうか?今日は4時間目からだ。敵前逃亡しないで解いてこようか。駄目なのは最初から解っている。この方法は賢いことじゃないけども、それでもやっておきたい
何もやらずに夏休みは迎えられない。迎えたら俺は俺に顔向けできない
そんなことやりながらも時間は刻一刻と過ぎていく・・・


8時半を迎えると先ほどの勇姿はどこへやら、ふてくされる俺がいた
ヽ(`Д´)ノやってられっか!!何時間も時間かけて全然出来ないし!覚えられないし!!ふざけんな!
怒りもあるし、焦りもある。覚えられないからイライラしている。
何かもうあれだな、困ったもんだ
落ちるって解ってるけど、頑張ってみたいじゃない?


そして眠いのか眠くないのか解らない状態。徹夜してたからな。
そして今寝たら起きれるかの算段を建て始めた。きっと起きれると思いながら、起きれない場合の状況も考えて身が震える・・
ああ、どこまで出来るんだろうな。全然出来ないのは解っているけど、何とかしてやりたいよ。?

 | HOME | 

 

プロフィール

傷病廃人

Author:傷病廃人
連絡はこちらにftmpr106☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

1984年6月9日
栃木県益子町在住

アニメオタクに戻りたいと思いつつ、ゲームオタクに戻りたいと思いつつも不規則勤務から戻れそうも無いと断念

現在は専属のコスプレさんと同行して撮影会を楽しんでます
フィルムカメラ大好きな人間と旅をしたり、デジタルカメラが大好きな人と旅したり、クルマ好きとドライブしたりゲーセン仲間とゲーセン巡りしたりと今を精一杯楽しむことに

面倒な性格と面倒な精神病
あまり出さないように努力だけはしている


趣味は映画鑑賞とカメラ

カメラはPentaxK-mとK-5
レンズは短焦点1本とズーム2本を常用

他にコンデジはRicohCX4、扱いやすさが魅力

フィルム一眼レフはCANON EOS5
他にCANON AV-1、ミノルタa7700i
短焦点数本とズームレンズ、純正ストロボを活用
フィルムはフジを使いたいが財布との相談で中古のコダックやアグファになることが少々


こんな人間ですがよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん