じょにその日記

社会のお荷物

10月30日 町内散歩

これは夢だ、夢の中だ
あの子の服を脱がしている、顔を真っ赤にして恥らう姿は可愛い
('A`;)だ、大丈夫。頑張るから・・・
あたふたと脱がして、色々愛撫して、入れて
出して終わって、ぐったりしてて
そのまま一緒の布団で眠り始めて
起きてみたらその子はいなくなってた

そして俺の部屋が微妙に変わっている
('A`)あれ?俺の部屋どうなったの?
母親に聞く
「ああ、あんたの部屋汚かったから片付けたよ?」
('A`)ふうん、そうなんだ
片付けたはいいけど、同人誌とかポスターとか、どこに行ったのかな
('A`)ここでもなければ・・・・ここでもないし
キョロキョロと探し回る
('A`)母ちゃんここにあったポスターは?
「燃やしたわよ」
('A`;)はぁ!?あれ俺の高校時代からのコレクションだよ!?必死こいてお金払って集めた物もあるんだよ?
「何か捨てないと変わらないわよ」
('A`;)馬鹿野郎!自分で気づいて行動に移さないと変われないんだよ!!他人から気づかされて動いて失敗したら他人を恨むようになるんだよ!!


怒鳴り声で目を覚ます
('A`)・・・・あ、今俺寝言言ってたな・・・・
('A`)・・・・あ、ポスターは大丈夫だな
ポスターを確認すると安堵する、良かった、夢だった


今朝は寒いのが苦労する
寝起きで血圧も上がらないので結構苦労する
('A`)寒い寒い


10時ごろ、頭の中で決めていた散歩の時間
外に出ようと自室の扉に手をかけるが、どうやら居間では両親が仕事行く前の準備をしているらしい
('A`)・・・・
外に出たくない
散歩する事は母親に公言しているし恐らくは何か言われるし、親父も一緒にいるから一緒になって喋り始める
面倒くさいし、何か返すのも嫌だし、そもそも出て顔を合わすのも面倒くさい
普通の人を見ると、自分が否定されていく
それが実の家族であっても同じ事
だから俺は部屋から出たくない
ご飯も食べてない、トイレくらいには行ったか
いつまでも熱が入ってこないので体は冷えるばかり
布団の中で誤魔化そうと入った


「お前の趣味はなんなんだよ!?」
('A`;)だから、俺の趣味は読書だって!!
「じゃあ最近は何読んだんだよ!」
('A`;)・・・・ぐう
何も言い返せない・・
「何も読んでないならそれ趣味じゃないだろうが!他には?」
('A`;)ネットで掲示板に書き込むこと・・・
「根暗だな!最悪じゃねえか」
('A`;)・・・くう・・・
何も言い返せない
そもそも、俺の趣味は何だ?
('A`;)ど、動画観賞とか?
「とか、ってなんだよ?何見てるんだ?」
('A`;)・・・・・何も
「じゃあ趣味じゃないだろ。だいたい一日中何して過ごしてるんだ?」
('A`;)ネット上の他人の編集した記事を読んで、他人が見つけてきた面白そうな動画を見て、それでお終い
「何もして無いだろ!!だいたい、お前の趣味はなんなんだよ!!」
('A`;)・・・・趣味と呼べるものは・・・何も無いです・・・


('A`)はうあ!?
目が覚めた
('A`)・・・・はぁ・・・夢の中で疲れてちゃ叶わん・・・
気づけば時間は午後2時
('A`)・・・はぁ・・・うまくいって2時間分の酒か、3時間分の酒か・・・


食事の用意
納豆ご飯くらいしか作れないな
グッシャグッシャ・・・・
('A`)自分の趣味、ねえ・・・・
趣味になるほど何かに突っ走った事はあったか?
高校の頃は本当に読書と言う道を進んでいたが、現在は何もしていない
自分が心を許せるほど突っ込んだ作業も何も無い
俺にとって、日常ってなんなんだろうか
確かに社会人になったら趣味が大事だ
休息にもなる、会社外での仲間を作る重要な要素だ
それが俺には無いんだから、辛い話だ


2時45分、家を出た
酒のために散歩しないと
自転車に乗り込んでとりあえず南に進路を取った
シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・・
('A`)う~ん・・・どこへ行こう?


ふと、益子の町内に行きたくなった
('A`)よし、行き先決定
とりあえず益子町の陶芸の店が多い場所へ
色々こじんまりとした商店で成り立っている
数はあるけど、どれも閑散としている
ちょっと歩けばしまむらがある
ちょっと歩けばかましんとツタヤがある
ちょっと歩けばとりせんがある
ちょっと歩けばベイシヤだ
これじゃ閑散としないほうがおかしい


('A`;)ふう・・・ふう・・・
引きこもりに坂道の連続は辛い
加えて暇そうな店の人が井戸端会議をしながら俺を見ていた
('A`;)・・・・(み、見るな見るな・・・)
でも、ここで何もせず不審者の汚名を着せられるのは耐えられない
いっそ、自分は不審者じゃないと気張ってみるか?
残り5mを切った、さぁ、どうする?
('∀`;)こ、こんにちわー
「こんにちわ~」
・・・・あ、なるほど
こうすりゃいいのか
心に傷を負うことも無く通り過ぎた


とりあえず陶器の商店街も抜けた
陶器市が無ければ人通りもあんまり無い
元々平日だしな
通りに備え付けられたベンチにぐったりと座り込む
('A`;)はぁはぁ・・・・はぁはぁ・・・・
もう30分くらいか?心臓が破裂しそうだ
('A`;)はぁはぁ・・・はぁはぁ・・・・30分じゃ全然酔えないよ
せめて1時間はほしい所
('A`;)はぁ・・・・はぁ・・・・よし、山道に行こうか
これ以上心臓を破壊する気かと自分自身に訪ねられるが、今夜の酒がかかっていた
今夜気持ちよくなるために頑張ろう


シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・
進路は山や木々の多いあまり人の住んでいなさそうな道を走り始めた
ここは一体どこだろう?
('A`)お?一室だけ人の住んでいないアパートがあるな
内部はどんな物だろうと窓から覗き込んだ
('A`)2部屋で・・・・台所は4畳くらい?玄関口の横にお風呂、トイレ・・・
ふ~ん、結構いい部屋だな
とりあえず頭に叩き込む
シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・
('A`)あの部屋に家具を置くとすると、どこに置いたらいいかな?どんな家具がいいかな?値段はどれくらいを目安に?そうなるとどこの店を選ぶ?
色々判断基準を持って考える
部屋を考えながら走る
('A`)う~ん、軽トラでカンセキに行くかな。でもあそこは夕方になると日が当たるから日焼けしないような家具だな・・・
色々考える
大学のときも空き部屋を覗き込んでは間取りを考える
久しぶりに頭の中で出て来た遊びだ、懐かしい
そういえば友達のUさんに出会う前にこれやっててUさんに見つかって、ちゃんと友達になってから笑われたっけな
「変な趣味だなw」って


山を登り、また降りて、今度は雑木林の中を進んで
とにかく好きに進む、目標は無い、行きたい場所も無い
ただあるのは酒のため


('A`;)ふうふう・・・ふうふう
一度休んで回復させた心臓がまた破裂しそう
体力不足が露呈してる
シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・
・・・・陶芸教室?
のぼりが立っている場所を見つけた
自動販売機に灰皿、ベンチ
ここで一旦休憩しようか
('A`;)はぁ・・・はぁ・・・
しばらく休む
引きこもりにはちょっと辛い
3時45分
1時間経ったか、でも1時間じゃまだまだ酔えないな
('A`)せめて2時間は欲しいな
今やったことをもう1時間やるだけだ
大丈夫、出来るはずだ


だいぶ呼吸も回復したのでタバコに火をつける
店の中では主婦の方たちが粘土をこねていた
('A`)あ、そういえば陶芸教室だったっけ
あんまり長居しない方がいいな。迷惑かけるかもしれない
体力も回復したので出発した


しばらくもとの道路に戻る為に走る
小学生だろうか、学校帰りらしい
さてどうしようか、慌てて戻るのも厄介だ
何食わぬ顔で通り過ぎよう
興味関心も無いという態度で
10m・・・・・5m・・・・
「こんにちわー!」
('A`;)ぐう!?
不意打ちだ、まさに意表をついた不意打ち
見ず知らずの俺に挨拶するとは、よく教育された小学生だ!!
('∀`;)こ、こんにちわ~
不意打ちでうまい返し方も解らず通り過ぎる
なんだ、誰も俺のこと敵みたいに思って無いな・・・・
なんだったんだ?今までの敵意


今度は反対側の山に行く
両側に山、その間に道路が出来ているので山を下りてまた登る
シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・
('A`)・・・・・ここは?
めぼしい商店も無く、住宅もぽつぽつとある
そこら辺にあるのは田畑と視界をさえぎる雑木林
('A`)もうちょっと奥まで行って見るかな
何か発見もあればいいネタになるだろう
('A`)あー・・・デジカメ忘れてきた・・・・
そんなことを考えながら奥へ奥へ
雑木林と田畑の割合が雑木林一択になり、坂道もどんどん急勾配
気がつけば住宅は一切姿を消し、宅地開発と思われる重機がそこら中に転がっていた
「XXX住宅地区、開発中 XX年~」
('A`)とすると・・・・これ以上行っても何も無いのかな?
10分ほど登ってみてもめぼしい物は何も無く、アスファルトだった道もしばらく前に砂利道に姿を変え、今では雑草ばかりの獣道になっていた
('A`)ちぇ、何も無いか
戻る事にする


しばらく走るとさっきまで走っていた道になり、益子焼の店が連なる場所まで来た
('A`)う~ん、さっきここ走ったしな。じゃあちょっとそれるか
しばらく走るといい匂いがする・・・・コーヒーか?
('∀`)お?お?どこかに喫茶店がありそうな感じだ
ペダルを漕ぐ足にも力が入る


ふと気がつけば先ほどの陶器店に近くなり、その関連として店がある場所に来た
「喫茶・軽食」
('∀`)おー、ここだここだ
表にかけられた看板にメニューがあった
「コーヒー(アイス・ホット)420円」
('A`)あ~ちょっと高いか
でもおいしいかもしれない
('A`)それじゃ、いつになるか解らないけど、ここに来てコーヒーを飲むことを目標にしよう
一人で入るにはもうしばらくの時間が必要だ


シャカシャカと自転車を走らせる
昔はある程度速度が乗ったらペダルに足を乗せて車輪を遊ばせるという芸当が出来た物だが、最近では難しい
それが疲れを増大させる原因でもあった


益子中学校付近
('A`)う~ん・・・それじゃこれから七井に行って見るかな
進路を七井方面に走り始める


名前がわからない神社を発見
シャカシャカ・・・・キキ!
('A`)・・・・・
自転車を降り、境内へ
ジャリ・・・ジャリ・・・
賽銭箱も何も無い、あまり人が来る事を想定していないのだろう
手を合わせる
('人`)・・・・
頭も下げる・・・・いや・・・・土下座か?
どうせ誰も見ていないのなら、恥もないだろう
_| ̄|○お願いします!!俺を就職させてください!!現状が辛いです!!もう惨めで惨めで、嫌になります!!もっと嫌になるのは自分自身の自信のなさです!!
・・・・ちょっと待て、神様に頼むとしてもただ頼むだけでいいのか?何もして無いのに?
人事を尽くして天命を待つなんて言葉があるけど、俺は何をした?
何もしてないうちから天命?
・・・・駄目だ、厚かましすぎる
_| ̄|○就職に向けて頑張って活動します!!だから見守っててください!!俺を見ててください!!頑張ります!!


('A`)・・・ふう
差し上げられる食べ物も飲み物もない
それでも、また来よう
('A`)よし、行こう


シャカシャカと走る、いよいよ七井町へ
ベイシヤ七井店
('A`)喉渇いた
ブラックコーヒーと炭火焼コーヒーを購入
1本39円、安いもんだ
店の外で飲み始める
('~`)ごくごく・・・ふう
子供がトコトコと歩いてる
挨拶の練習としてはどうだろう?
('∀`)こんにちわ
「こんにちわ~」
なるほど、返してくれるのか
子供の純真さに感謝する
・・・・ひょっとして、人間そのものが挨拶したら挨拶返してくれるんじゃないのか?
じゃあ俺が感じていた敵意は何だ?敏感に感じていた敵意は?
あれは俺が作った妄想か?勝手な自己完結?
実践もせずにただ予想を立ててそれで終わってただけじゃないのか?
・・・・後で試してみよう・・・


ふと、ベイシヤ敷地外に目を向けると「七井幼稚園」の看板があった
('@`)・・・・・
('@`)んぐ!?七井幼稚園!?
昔俺が通っていた幼稚園だ、もう20年近くも昔の話だ
おい・・・嘘だろ?だって昔はもっと奥まった所にあったはずだぞ?
慌ててベイシヤの敷地を出るとすぐに幼稚園の敷地に当たる
('A`;)・・・・・
だって・・・・こちら側はうっそうと繁る林になってて・・・・
友達と隠れんぼするときはこっちに入ったら反則だって・・・・・
あれ・・・・だってこっちは・・・・
呆然と幼稚園を眺める
基本的な建物は変わっていない
遊具が増えている、温水プールが出来ている
昔餌と掃除の当番だった飼育小屋はまだあるけど中に動物らしき姿は無い
('A`;)だ・・・・・だって・・・・・
20年、色々変わるには充分すぎるほどの時間
・・・・はぁ・・・
周囲にはマンションやアパート、そして大型スーパーのベイシヤ
交通の便だってここの121号線を通れば宇都宮
だいたい35分くらい?
こんなんじゃ・・・発展しない方がおかしいって・・・
('∀`;)は・・・・ははは・・・・ははは
なんか笑えてくる


ぐるぐると周囲を散策してみる
変わったのなら変わったなりに、変わってない部分もあるだろう
変わってない部分を探そう
('A`)・・・あ!バス乗り場!
帰るときに集合していたバス乗り場がある
そこはどこから入ったんだっけ?


この細い路地は・・・違うな
じゃあこっち?・・・違う
ここからはどこに出るのかな?
気づけば七井駅だ
高校生が数人笑い声を上げて遊んでいた
('A`;)・・・・う~む・・・
進んで彼らの遊び場に踏み込むわけにもいくまい
雰囲気ぶち壊しだろうし
とりあえずバス乗り場を探そう


細い路地に入る
・・・・あれ?見覚えあるな・・・・
確かこっちに赤い看板・・・ある
少し進むとY字路になってて・・・・おお、あった
確か右に進むんだ
そして・・・・あった!
昔の幼稚園バスの入り口が姿を現した
('∀`)おー!ここだここだ


ひょい、と門から眺める
あ・・・・・バスを並んで待っていた場所に小さなイスがある
そっか、まだここがバスの待合場所なんだ
まだ変わっていないことに少し気分が嬉しくなる
確か・・・俺友達と大喧嘩して、二人ともうるさいからってバスを降ろされたんだ
友達と二人で泣きながら追いかけて、謝って、それで乗せて貰ったんだっけ
ああ、そういえば昔自分手作りの旗作ったことあったっけ・・・
色々な記憶が噴出した
しばらくたそがれる


・・・・カチ!・・・・カチ!
('A`)・・・・
タバコを取り出そうとしてふと気づく
('A`)・・・・止めとこう・・・子供に煙吸わせるわけにもいかないし・・・・
自転車にまたがり幼稚園を後にした


七井駅で時間を確認したかったが、高校生達が待合室にいるので入れない
('A`)怖いなぁ・・・


七井歯科の出入り口前
('A`)ふう
疲れたので座り込む
時間は・・・・・4時45分
('∀`;)はぁ・・・はぁ・・・・やった、2時間飲める!
ハァハァと肩で息をしながら喜ぶ
しかし、少しでも時間がたつと汗が冷える
('A`;)わお、寒い
体の疲れは取れてない、さてどうする?
2時間か・・・・少し濃い目で・・・・
いや待て、12時まで飲みたいから飲むのは10時か?
それまで食べないつもりか?つまみの量は?
濃い目にしても疲れの量もあるだろう、多分周りが早いはず
とするともう少しゆっくり飲まないと・・・・
('A`)う~む・・・・・3時間?
自分自身に問いかけてみる
とりあえず、まだいけそうだ
もう1時間動き回るだけのこと、そんなに難しい事じゃない
もう2時間も動き回った、今までのペースをもう1時間やるだけだ
('A`)よっしゃ!残り1時間頑張るか!
うまい酒を飲むためだ、まだまだいける
足のマッサージを始める
「こんにちわ~」
('∀`)こんにちわ~
なるほど、小学生は教育されてるな
そんなことを考えているうちに疲れも取れる
('A`)よっしゃ、行きますか


七井歯科から市塙方面へ進路を取る
シャカシャカ・・・・シャカシャカ・・・
市塙の親戚の家へ向かう道の途中、神社を見つける
先程よりもうっそうと生い茂る
電灯だって無い、あるのは境内に備え付けられた1個の電球だけ
そこだけ周囲よりも暗かった
('A`;)祟られそう・・・・
でもこっちの方がいい神様かもしれない・・・
('A`)ん、それじゃお参りだな


ザ・・・・ザ・・・・ザ・・・・
境内に着く、手を合わせた
('人`)お願いします!お願いします!俺を就職させてください!お願いします!!
あ、やっぱり土下座の方か
_| ̄|○お願いします!頑張ります!!就職するために頑張ります!!見守っててください!!お願いします!!
とりあえず先ほど買ったコーヒーが1缶余っているのでそれも供える
_| ̄|○頑張ります!!頑張ります!!明日からまた頑張ります!お願いします!!
とりあえず叫び続ける
こんな所を不良たちに見つかったらどうする?こんな叫び声を上げても誰もこなさそうな場所で
お金だって巻き上げられたらどうしよう・・・・
・・・・・そもそもこのかなり暗い神社で土下座で泥だらけにしているという俺の存在はどうだろう?
・・・・・異常者?
_| ̄|○ついでに童顔ロリ巨乳の女の子も紹介してください!!


一通りお願いも終わったので神社を後にする
よし、明日からまた頑張ろう


気がつけばかなり暗いな
秋の日はつるべ落としとはよく言うが、本当に暗くなるのは早いな
とりあえず進路を益子へ
パチンコ屋を通り、住宅街へ
そして高校を通り抜ける
いつのまにか本当に真っ暗だ


星の宮神社を通り過ぎた
今考えればここでもお願いしておけば良かったな
そんなことを日記を書きながら思う
モンマートで少し休憩
トイレを借り、タバコを吸う
現在5時20分か、少しここで1本ゆっくりと吸おう


吸い終わったら足をマッサージ
流石に引きこもりにこの運動はキツイ
('A`)うう・・・・だるい・・・


5時35分、今から帰れば5時45分に家に着くな
これで3時間散歩したことになる
シャコシャコと残り少ない体力で走り始める
暗い、本当に暗い
帰宅ラッシュも始まっているのでちょっと危なっかしい
('A`)それじゃ・・・・住宅街に行こう
この前入った住宅街へ進路を取った


住宅街、会社、高校の通学路を抜けると雇用促進住宅
確かにここなら車の通りも少ない
やはり学生が帰宅の為沢山いた
('A`)暗いから全然怖く無いや


雇用促進住宅を抜けてペンタックス駐車場
このまま通り抜けよう


5時55分、帰宅
('A`;)はひ・・・はひ・・・
あ~・・・疲れた
ぐったりと汗だくの服が重い、そして寒い
早くお風呂に入りたい
しかし弟が入っているようなので無理だ


日記を書き始めていると弟が風呂から上がった
気がつけば7時をすぎていた
('A`)あ、テレビ
今日の予約時間は7時から9時まで
だるい足を引きずりながら居間へ、マッサージをしながらテレビをつける


('A`)・・・・つまんない・・・・
当たりをつけていたのに外れた
仕方ない、お風呂だな


着替えを準備、風呂へ
バシャ・・・・ちゃぽ・・・・
('∀`)あ~~・・・・
毎日お風呂には入れるにはどうしたらいいと思う?
やはりそこはある程度の余裕を持った着替えが必要
じゃあ自分の着替えの量はどうだろう?
下着は1週間分も無い、靴下だってそうだ
柄物のパンツや似たサイズの下着、靴下の色も弟と似ているのでいつのまにか弟に混同されていた
これは非常によろしくない
じゃあ・・・・どうする?
毎日お風呂に入れるための基盤を作ってやら無いといけない
明日は・・・下着類を購入する為にしまむら(益子店)だな
などと髭を剃りながら思う


風呂から上がるとピザがあった
('A`)夕飯と行きますか
しかし・・・・9時から飲むことを考えればセーブしたい
じゃあ1枚で、残り1枚は飲むときに
('~`)個人的にはチーズが欲しい


母親が食事も終わったのでバドミントンの練習に行くという
ついでに今日あったことを報告
('~`)今日朝から二度寝しちゃってさ、起きてから散歩に行ったよ
「へ~、どれくらい?」
('~`)うん、2時45分から5時45分までの3時間
「どんなルート通ったの?」
('A`)最初は益子町の陶芸店回ったり、後は山の中入ってみたりした。その後ベイシヤ行って、近くの七井幼稚園行った
「園長先生には会ってこないの?」
('A`)・・・まだ、そこまで自信が無い
「ああ、なるほどw」
('A`)それと益子中学校の近くの神社で大声で叫んで土下座して、「就職させてください」って頼んだ
「神頼み?いつかは聞いてくれるわよw」
('A`)うん、後は市塙の近くにも神社があったからそこにも入った。コーヒー途中で買ったからお供えにしたよ
「www」
('A`)とりあえず、9時から12時まで飲むよ?
「はいはいw・・・しっかし、あんたも馬鹿正直ね。私達が仕事に行った時間から散歩してたとか言えばいいのに」
('A`)それは・・・解ってたけど、やっぱり自分が自分で許せなくなるから、出来ない
「ふ~んw、それが誰かに認められるといいんだけどね~」
('A`)ほんとだよ


テレビはつまらなかったので部屋で日記を書き始める
('A`)う~ん・・・・・
カタカタカタカタ・・・パン!
('A`)あれ?ここで何したっけ?
カタカタカタカタ・・・・・パン!
そんなことをしていれば9時になった
('∀`)よ、よし、飲むぞ飲むぞ


冷蔵庫から氷、浄水された水、焼酎をグラスに入れる
飲める時間は3時間、早めに酔った方がいいな
トクトクトクトク・・・


今までは、どうしてたんだっけ・・・・
確か、眠る為と家族との付き合い
それがいつのまにか居間にいる間、自分自身を強いと思わせるための起爆剤
自分はとても弱かった、家族の目に映る自分自身の姿に耐えられなかった
何も成していない自分が憎かった
だから、酒に逃げた
少しでも苛立ちを紛らわせたかった
自分はテレビが大好きだ
ゴールデンタイムのテレビがとても好きだ
確か、7時から12時まで飲んでたから・・・・5時間!?
確かに飲みすぎた・・・


部屋に戻って日記を書きながら酒を飲む
('A`)お~・・・・酒が身に染みる~
疲れを感じる部分が麻痺していく
これは・・・効くなぁ・・・
俺が感じたかったのは、これだったんじゃないか?
充実感を持ってお風呂に入って、そして酒を飲んで自分を労って
そして眠りたかったんじゃなかったっけ?
これなら・・・・仕事とか出来るかな・・・・
酒のために頑張るってのもおかしな話だけども・・・・


そしていつも通りに作った酒が以上に回り始める
少し頭がくらくらとする
('A`;)やばい・・・セーブしないと
やっぱり今までにない空腹状態もあるから回るのが早い
疲れも出ているから処理し切れていないらしい
いつもより薄めてみても胃が熱く感じる


10時ももうすぐ終わりになる
まだ1杯しか飲んでいない
それなのにこの胃の熱さ、だるさ、クラクラ・・・
いつもなら1時間1杯が普通なのに
水を飲むようにゴクゴク飲んでいたが今日は無理・・・


12時になった
クラクラと頭が回り、メモまわる
とりあえず寝よう
あした更新しよう
ごくりとグラスに残った酒を飲むと布団にもぐりこんだ
明日も何かいいことが起こりますように・・・・
スポンサーサイト

10月29日 ゴミ捨て

午前6時ごろ目を覚ました
('A`)う~ん・・・・
まだ酒が残っている・・・・
というかトップバリュの焼酎は味付けをしていないからどうしても水を飲んでいるような状態になる
それが飲みすぎを誘発していた
芋でも蕎麦でも、とにかく味があれば飲んだという満足感に浸って終わるが、味がないのでいつまでも満足できずに飲み続けてしまう
それが二日酔いを誘発している原因だった
('A`)はぁ・・・


とりあえずと朝食を探す
あまり食べられそうな物はない
仕方ないとばかりに水を飲み、また部屋へ戻る


ラジオを起動させるとそのまま布団の中に潜り込む
('A`)まだ酒が残ってる・・・


9時ごろ、もう一度起きる
('A`)よし、何かしよう
台所へ向かうと父親が起きていた
昨夜つまみにしていた魚の残りでご飯にする
父親から日産の栃木工場減産の話を聞く
やはりどこも大変なんだろうな
三菱自動車岡崎工場減産、ざまあみろwww


ご飯も食べ終わり、とりあえず部屋に戻る
('A`)さて、どうするか
一応昨日の内にゴミを捨てに行くと言う仕事は言われてる
今日はそれを実行しよう


午前10時ごろ、親が洗濯開始
とりあえず自分が干す係りになる
程なくして洗濯機は動きが止まる
('A`)それじゃ11時くらいに
いつもというか学生時代も社会人のときも洗濯機はかけても干すのは後回しだった
やはり家族がいる時と言うのは引け目を感じて動きにくい
外部への抵抗は無くなった感があるが、やはり家族への抵抗がある
しかしこれはかなり難しい、幼少からの自分を全否定しなければならない


色々、うだうだしていたら母親は諦めて干しにかかった
_| ̄|○何かやろうと思っていた矢先にこれかよ
とりあえずフットワークなどは身軽にしていないといけないようだ
難しい
回復が始まったとはいえ、難しい物がある


そして親父からは木曜日は車が使えないと言う事を知る
機材を運び込むのに使うのだと言う
これでは一人暮らししても自分の車として使うのは無理だな


両親は程なくして仕事へ向かった
洗濯物取り込みを頼まれたのでやっておこう


11時半ごろ、そのまま眠り込む


2時ごろ、起きた
('A`)んあ?
堕落してるな・・・
今夜ますます眠れなくなるのは目に見えている
困ったもんだ


('A`)とりあえず、ゴミを捨てよう
部屋にあるゴミ袋や台所のゴミ袋
そして車庫に置いてあるゴミ袋を軽トラに乗せるとゴミ処理場へ向けて出発した


ゴミ処理場でゴミを捨てる
どれくらいの量になったのか解らないけど、だいたい150円くらいか


また元の道に戻るが、やはり車での散歩はいい
なかなか楽しいもんだ
しかし、ガソリンがなぁ・・・・
学生時代もっとドライブすればよかったと思うが、あの頃はアクティブではなかったのでどうしようもない


ゴミ処理場からの帰り道、どのように外れようとも結局は自分の家に帰るだけなのでそんなに外れる事もない


帰ってくると洗濯物を取り込むことをメールで知らされる
とりあえず取り込んだ


その後、ジョブカフェに電話
携帯電話の履歴に電話番号が入っていた
ジョブカフェからの回答によると、職業訓練の書類を送ったので確認して欲しいと言う事だった
こちらから質問する
週何回か?
→平日は毎日
何時から何時まで?
→朝8時半から夕方4時まで

('A`)とすると・・・・途中で就職活動は無理だな
そもそも距離的な問題がある
車も家族がいつ使うか解らない状態だ
自分の物として使える車がない
電車を使っても距離的なものを解決できるわけでもない
電車となると電車代のことも気にかかる
往復する通学時間はどうする?
('A`)はぁ・・・田舎が憎い・・・
まぁ住んでる場所だ、何とかしないと


そして転職サイトが面倒くさい
履歴職歴資格の部分が面倒くさい
いや履歴書を書くという作業が面倒くさい
そもそも履歴書に書けることがない
面倒くさいね~
他とは違うと歌っている転職サイトがまた特定派遣を載せている
同じじゃねーか
載ってる企業も同じと来てる
仕方ない、自分なりに探してみるか


一通り、一時中断して保存させると今度は自分がインストールしてあるプログラム類を列挙し始める
('A`)う~ん・・・・これとこれとこれと・・・
カタカタカタカタ・・・
消えたけど痕跡が残っているソフトもあるのでそれも加える
OS入れ替えすれば使えるのならもう一度使おう
ウィルスもなかなかやるもんだな


('A`)あーマウスも買い換えないと
他にもSkypeのヘッドセット、外付け
('A`)参ったなぁ
あー買うの面倒くさい
でもそれでいつまでも続けられると言うわけでもないしなぁ


7時、テレビを見に居間へ
テレビを部屋に繋げばそれこそ部屋から出なくなる
モニターの距離のことも考えると危険すぎる
う~ん、どうするかな


色々、芸人も大変だなと思う
まだまだ馬鹿芸人を扱っているのでアシストする役目が必要だ
持ち上げ、話したいと思っている部分を援護し、引き伸ばす
それを伸介はヘキサゴンでは良くやっていると思う
しかし他の番組ではいただけない
伸介の話のみに重点が置かれ法律系にしてもいい話にしても、伸介一人の独断場になってしまってる
確かに伸介の話を聞きたいという人にとってはいい物かもしれないけど、個人的には司会者の話ではなく、ちゃんと番組が持ち込んできた相談なり話なりを聞きたい
伸介の色に染まっている番組も多くなってきた
確かに力を持っているのだろう
酒を飲みながら考える事では無いな、と思って考えを中断させる


そしてFireFoxのアドオンに俺が考えていたアイディアが具現化されていたことに気づく
('A`)あーあ・・・・・先を越されてしまった・・・・・
まぁGraceMonkyというアドオンがある以上、こうなる事は予見できたはず
WEB2.0というサービスが存在している以上、結果的には同じになったはずだ
アイディアは夢見てもそれを作れる人がいない以上、夢物語になってしまう
('A`;)くそう・・・・技術と知識、発言できるだけのアドバンテージが欲しい
昔それを言ったら先輩に「全て欲しいのか?」と言われたが、確かにその感は否めない
自分と言う柱と根元となる柱がない以上、どうしても手広く広げなければならない
しかし、それをやる為にはどれだけの時間やお金が必要か?
そもそも自分に出来ることか?
ジョブカフェ相談員に「あなたは自分を高い所においている」という言葉を思い出す
確かに自分を高い所において自分は何もかも出来るはずと思い込むことは可能
しかし実際は出来てない
時間をかければ出来るのかもしれないが、それをやるだけの時間は残されていない
もうそんな時間は無い、学びなおすだけの時間もお金も無い
自分の足場を確認してそこから歩いていくしかないだろう
とりあえず、自分が考えていたアイディアは自分で確保しておこう
後は自分で発展させて、より良いサービスを作っていけばいい
その為には情報が欲しいな
ネットでは断片的な情報しか得られなかったし、amazonでも探ってみるか
助けを呼ぶなら叫べばいいが、発言して自分以外の何かを変えたいのなら何かをしなければ
それも現場にたった発言をしなければ
他人を無視して自分の利益ばかりを声高に叫ぶのはとても危険な事
独りよがりで実現した物は万人共通の財産にはならない
だからこそ勉強するなり苦労するなりして何とかしないと
もっと多くの物を見ないと
とりあえず、これだけ大口叩くのだから何かをしよう
何もしないままじゃ駄目だな


部屋で、酒を飲みながらネット
どうも居間でテレビを見ているときでは酒の進みが速い
何も考えずにテレビを見て笑っているだけなので楽だからだ
その為自分は何も考えずに酒を喉に流し込んでいる
これが基本的にまずい
考えておかないと
自分なりに何かしら考えておかないとどうにもならない
だからこそ部屋に持ち込んでの酒
ネットで考え事
発言も出来るだけいい


時間が来たのでまた居間へ戻る
居間で色々話を聞かされる
そして自分の毎日の飲酒量について苦言
「明日からあなたの飲む量を何かを成した行動にかかる時間にします!」
('Д`)ブウウウウウウウウウウウウウウ!!
毎日少しずつの進歩でも何が不満か!?
やっぱり不満か!?
何とかして外でてるのに!?
やばい・・・・本格的にヤバイ・・・・

こうなったら職業訓練だ!とばかりに自分に対する逃げ道なのか得策なのか解らないが道を造ってみる
('∀`;)じゃ、じゃあだよ?俺が那須町の職業訓練校に通うとするとだよ?一日8時半から5時まで、通学は往復3時間。平日は毎日だよ?
「あ~みんなが学校や仕事をしている時代に戻るわけね~懐かしいわね~」
やばいやばいやばい!!うっとりと遠い目で語り始めた!!!
自分で自分の墓穴を掘った瞬間だ!!しかも自主発言だから逃げ場が無い!!
ええい・・・まだだ・・・・まだ見込みはある・・・・
('∀`;)で、でもだよ?軽トラはどうするの?俺が使ってるとはいえあれは家族共用、ゴミ捨ては?仕事場の用事でも使うでしょ?弟が雨の日に買い物行きたいといった場合はどうするの?
「ゴミは決まった曜日にゴミステーションに捨てるようになるわね。みんなが以前住んでいた場所で買ったゴミ袋ももうすぐ切れるし、益子町の指定ゴミ袋を買ういい機会だわ。仕事は自営業だし出入り口開け閉めするのも私達の仕事だから土日にで軽トラ使えばいいわ。弟も合羽を着るのが面倒だからトラックに乗ってるしね。無ければ卵とかラーメンで食べるわね。それに私達は軽トラが無いから諦めるなんて、逃げるのは嫌い」
やばいやばいやばい!!!
自分で掘った墓穴に自分で入ったよ俺は!!
改善策を!!回避策を探さないと!!
('∀`;)そ、そうなんだぁ・・・
「うん、あたしはね。何もしないなら、何かして欲しいの。学ぶのでもいい、バイトでもいい、就職活動でもいい。とにかく何かして欲しいの。毎日成長が無いなんて、母親としては辛いな」
善意の泥かけがでたあああああああああああ!!!
しかも個人的に言わせると「お前それ子供を谷底に落としてるだろう!!」って話だよ!!
確かに子供って年齢じゃないよ、24歳童貞の年齢だけどさ!!
ああああああああああああやばいやばいやばいやばい!!
('∀`;)ほ、ほら・・・軽トラでも毎日3時間も乗ればガソリンだってさ・・・向こうでの食事もどうするの?
「軽トラなんて小さいから燃費もいいわよw!それにあんたが朝早い時間に起きてお弁当が必要なら用意するし、そうしたら自分だって弟とか父さんと姉にもお昼とか朝とか作る為にもなるし。それに帰ってきたら早くから起きてるから疲れて飲む量も減って節約になるし、健康にもなる。いいこと尽くめね!」
あ・・・・・・埋まった・・・・
何ということだろう・・・自分で自分のために用意した反抗の為の材料が・・・全部自分を埋めるための材料になった・・・
('A`;)そ・・そうだね・・・
「うん!とりあえず明日は真岡とか益子町内を散歩でもしてなさいwきっといい運動になるわよ!」
('A`;)う・・・・うん・・・・

後日来る職業訓練にハンコを押す事になりそうです


ドラマも終わったので部屋に戻る
さて、どうしたものやら・・・
受けるだけ受けるのもありだな・・・・
どうなるかは解らないが、何とかなるだろう
自分の言葉で墓穴掘って埋まってしまって、責任取る形になったんだし
仕方ないな
有限実行、どんな言葉であれ実行せよ
部室にあったルールだ
とりあえず、やるしかない


それから1時間くらい経ったが酒は回らない
当たり前だ、長時間飲むことを想定して薄く薄く、気分が良くなるだけの量を飲んでいる
そんなんだから眠くもならない


ギィイイイー・・・・バタン
('∀`;)あ・・・えーと、お酒もらえないかな?眠れなくて
「う~ん、あんたのは薄いからね。とりあえず生で行こうか」
焼酎、25℃
ドボ!ドボ!
('∀`;)ありがとね~・・・・ゴク
('A`;)ぐう!?
胃が熱い、焼けるようだ
しばらくじたばたと体を動かす
「あ、そうそう。父さん、じょにそ座っているときに骨が当たって長時間座れないそうなの。何とかできる?」
「ああ、そういうことなら別に構わないよ」
それから整体用ベッドに載せられて、寝かせられる
「はい、腕上げて、足曲げて」
('A`)こう?
「1,2,3!」
ゴキリ!
('A`;)ぐう!?
「センコツのずれだな。お前のアレルギーもここのズレだ。治してもらってないのか?」
あれ?母親だけに寝ぼけて話したことがいつの間にか親父にも?
('A`;)いや全然
「おかしいな~・・・別のやり方なのかな」
骨ではなく神経系統なのだと話そうとしたが既に酒を飲んでいるので聞けないな
「ゴキュゴキュ・・・・・ぷはっ、それとお前尻の肉無いな。そもそも肉が無ければ座ってても痛いだろ?」
('A`)まぁそれなりに
「まずは肉を付けろ。それからだな」
「とりあえず明日から散歩して足腰鍛えて尻に筋肉とか脂肪付けなさい」
何とか脱出した後から更に土を盛られた
('∀`;)そうだね、明日は散歩にでも出かけてくるよ
尻か・・・・
拒食症2年もやったからなぁ、筋肉もとられたし脂肪もな
とにかくもとの体に戻してやら無いと


部屋に戻る
割らない酒を飲む
('@`)ごく・・・
('Д`)ぶべえ!
喉が焼けるなぁ・・・


('A`)それじゃ、ブログ閲覧スタートするかね
久しぶりに動画サイトに入り込んでいたので閲覧していなかった
アンテナ系からガシガシと記事を選ぶ、記事を選んだらそこのヘッドラインパーツに入っている記事から更にめぼしい記事を開く、更にそこから更新されている記事を選び、と順々に開いていく
読み終わってないのに眠くなったら?
まぁいいじゃないか、その時は寝てしまおう
グラスの酒は切れた、後は胃袋の酒を脳みそに移動させてもらおう
頑張れ俺の体


午前2時
酒が体に吸収されるどころか分解されたらしい
しかも夜中という俺にとってのハイテンションモードも手伝って眠れなくなってきた
早めに寝なかったことが悔やまれる
仕方ない、布団に入ろう

10月28日 散発

目を開けた
中学校時代の教室らしかった
沢山沢山殺したいと思っていた人間がいた
いつもいつも中学時代は考えていた事だ
殺さないと、俺が幸せになれない
頑張ろう、もう時間は無いんだろうな


手始めに近くの人から攻撃した
助けを呼んでも助けてくれなかった
仕返しだ
座っていたイスで頭を何度も殴りつけた
頭を守り始めたらお腹を攻撃するだけだ


止めようと大人の人は来た
同じようにしてイスを振り回す
イスの攻撃範囲を気をつけないと
あいつらは俺の人生をめちゃくちゃにした
俺の3年間をめちゃくちゃにした
お腹殴って、頭殴って、足と手を折って
動けないようにしていった
いじめていた人も何度も攻撃した
頑張って殺そう、俺を知っている人を殺していこう
また幸せな日に戻らないと


誰かが通報したのだろうか、パトカーのサイレンが聞こえてきた
('A`;)いあ・・・嫌だ!!捕まりたくない!!
何度も同じ夢は見ていた、今日もその続きだと思ってた
何度も同じ毎日を繰り返してた、今日もその繰り返しだと思ってた
同じようにストレス発散して、そして今日はイレギュラーが起きた
近くの横たわっている人はうめき声を上げて、血を流して、うずくまっていた


('A`;)た、助けてよ!!俺を助けてよ!!!
ここで捕まりたくない!!俺の人生を終わらせたくない!!
廊下にしか人は来ない、騒ぎを聞きつけた人が廊下で俺を見ていた
誰も惨状を見て入ってこようとしなかった
それ以前に俺のために入ってこようと言う人はいなかった
段々この状況に腹が立ってきた
('A`#)助けろ!!!助けろよ!!俺を助けろ!!
いつもの夢の結果を求めた
何度も見ている夢と同じように誰も彼もが仲良くなっている夢だ
誰も、声もかけてくれなかった


カツン!
一人からはさみを投げ入れられた
どうやらこれで死ねと言う事らしい
結局、この夢も終わりか・・・・
ここで、目を覚まさなければ
しかし、どう頑張ろうとも目は覚めなかった
('A`;)う・・・あ・・・・え?
本当に夢じゃないのか?こんなにしちゃって、それで夢じゃないのか?
ここで耐えていれば、高校に行って、幸せな大学生活を送れたのに・・・
なんでだ、何でいつもと同じ世界だったのに、現実なんだよ
死にたくない・・・死にたくない・・・・
だけど、もう俺の人生は終わりだ
はさみを首に当てる、頚動脈を切り裂くように
('A`;)ハァ・・・はぁはぁ・・はぁ・・・はぁはぁ
汗はダクダクと出てきた、怖い、とてつもなく怖い
夢にばかり振り回されて俺の人生終わってしまった
潔く、死なないと・・・・
えぐるように刃を入れて、切り裂いた


('A`)はうあ
どうやら夢の中だったらしい
それに気づくと安堵感を得るが、だけど、やっぱり教室だった
みんな平和に動いてる、何もなく、ただの生活
そうだよ、ただの夢なんだ
女の子がいた、名前も顔も解らない
その子は、料理が得意だった
食べさせてもらった記憶があるが、とてもおいしかった
その子に精一杯の褒め言葉を送った
今考えれば、好きだった
「ちょっと、どうしたのその傷!?首から血が出てるよ!?」
他の女子から悲鳴を上げられた
首を触るとぬめっとした感触
シャツも血で濡れていた
・・・・そっか、やっぱり現実を失敗してきたんだ
('∀`;)あ・・・・あはは・・・・俺・・・人を殺したんだ・・・
('∀`;)大事な大事なみんなを・・殺そうとしたんだ・・・
('∀`;)後、一歩のところで警察が来たんだ
('∀`;)幸せな生活を送るつもりだったのに、みんなを殺そうとした・・・
('∀`;)俺は、馬鹿だ・・・人生を変えようとして、何も変わらないことに絶望して・・・
('∀`;)それで、無理やり周りの人間を巻き込んで壊そうとして・・・
('∀`;)それで・・・失敗した
('A`;)みんな・・・本当にごめんな、ごめんな
みんなが恐怖の目で俺を見ている中、その女の子だけは頷いて俺の話を聞いてくれた
もう、長くないようだ
終わっちゃう、俺の人生が終わってしまう
そっか、全部失敗だったんだ・・・
そのまま、景色は消えた


どこかの畑だった
泥まみれになって倒れていた
泥まみれもあるけど、血まみれだった
どこまでもどこまでも死が迫っている事実だけはかわらなかった
('A`;)あ、あううううう!!あううううううううううう!!
悲鳴を上げたいのに声がうめき声だけになった
何度も声を上げた、誰も気づかない
怖い、死にたくない
一人で死にたくない
さっきの世界で見た女の子が俺のところに来た
うつ伏せから仰向けにして、俺の頭を膝の上に乗せてくれた
('A`;)うぐうううう!ふ、ぐううう!!
ごめんな、ごめんなと声を上げる
また失敗した、今度こそいい人生を送ろうとしたんだ
幸せになりたかったんだ
頭を撫でてくれた
さっき、殺そうとした先生もこっちに来た
「その子はな、”責任”って奴だよ」
責任・・・
「お前はその子の為に、幸せになんないといけないんだよ」
解った、解ったよ・・・・
頭を撫でられている
本当にごめんな、今度は失敗しない
今度はお前のために、幸せになる
お前と一緒に幸せになるから


目を開けた
小学校の教室らしかった
給食中だった
俺の給食は隠されていたから、探さないと
ヒントみたいな紙を渡された
オロオロしているうちに給食時間は終わって、掃除になった
探さないと、俺の食べ物探さないと
教室を出て、色々な場所を探す
どこにも、手がかりは掃除場所を書かれた紙だけだった
とうとう3年生の教室まで来ていた
3年生の、またあの子がいた
なりふりは構っていられない
('A`;)ごめん、掃除場所を見せて欲しいんだ
「・・・これ?」
紙を渡してくれた
3年生の掃除場所と、自分の5年生の掃除場所
体育館へ向かう渡り廊下は3年生の掃除場所じゃなかった
あそこなら・・と直感が働いた
渡り廊下を丹念に探すと、自分の名前が書かれた袋が見つかった
そこに自分の食べ物はあった
('∀`;)あった!あったよ!
女の子も喜んでくれた
安心して、食べ物を食べ始めた
廊下だったけど、別にいい
('~`;)ごめんな、変わろうとしたけど、変われなかった・・・
「いいよ」
('~`;)ごめんな、前約束したのに
「大丈夫、変わったよ」
そっか・・・ありがとな
ゴクリと飲み干すと、そのまま意識は途切れた


('A`)ん?
目を開けた、いつもの俺の部屋だった
24歳の俺だった
午前10時、家族は仕事に出かけたようだ


生卵をフライパンの上に乗せ、目玉焼き
目玉焼きが朝食になった、ご飯はまだ食べられない


昨夜聞き忘れたラジオを流す
('A`;)エェーーーー!!構成作家の渡辺君が童貞喪失ーーー!!??
なんということだ・・・
まぁ、仕方ないよな
もう30になったしな


2時15分ごろ、どこかへ出かけようと考える
一応紹介されたカットハウスはあるが、10分で終わるとも思えない
色々注文も多かった
('A`)真岡で・・・・1000円カットで・・・・え~と
カタカタ・・・カチ・・・カチ
('A`)お、身近な所に発見
それじゃあ、行くか


真岡、ビバホーム脇
カットハウス光
2時半頃に到着
券売機で1000円投入し、券を買う


「どうぞこちらへ」
('A`)解りました
「髪型はどのように?」
('A`)就職活動があるので、さっぱりと短めにしてください
「解りました」
シュッシュッ!・・・チャキチャキ・・・チャキチャキ・・・・
「学生さんですか?」
('∀`;)いやー・・・新卒で入ったんですけどクビになりまして、再就職活動ですね
「それにしても髪が長いですね~」
('∀`;)いや、まぁ無職になってから自信失ってしまって、それから引きこもってました
「あ~、駄目ですよ。外に出ないと」
('∀`;)ははは、解ってるんですけど、難しくてね。でもそんな生活も嫌気が差しまして、就職活動のためと気分を変えるために髪を切りに来ました
「へ~、あ、もうちょっと下向いてください」
('A`)はいはい
チャキチャキ
「う~ん、ちょっとフケが多いですね」
('∀`;)あ~、アトピーなもので
「あ~そういえばこの前来た人もアトピーだったわね。頭皮が真っ赤でね。痒くて大変でしょ?」
('∀`;)ははは、確かに大変ですね。掻き毟ったりするので血が出てしまったりね
「大変ね~」
チャキチャキチャキチャキ
「前髪はどうします?」
('∀`)眉毛よりも1cmくらい上まで切ってください、あまりそろえずに
「解りました」
チャキチャキ
「後ろともみ上げはどうしましょうか?」
('∀`)もみあげは自然な感じで切ってください。短めに。それと後ろはスーツもあるのでそれに合うように
「解りました」
チャキチャキ・・・
「・・・うん、こんな感じですね。後ろはちょっとスーツにかかりますね。」
鏡を持ってきて見せてくれる
('∀`)ありがとうございます
掃除機を持ってきて髪を吸われる
ブオオオオオ!・・・・・シュウウウン・・・
「はい、いいですよ。」
('∀`)ありがとうございました
うん、さっぱりしたな
でも学生時代のような髪型にはならなかったな
まぁそんなもんだな。常連でもないし、初めての店だし
気がつけば30分近い時間が経っていた


('A`)ふう
さて、どうする?
もう2時か、糖分取れるな
店に入る、コーヒーを買って出た
プシュ!
('~`)ん・・・ふう
よし、うまい


ダイソーに寄り、ノートとボールペンを見る
('A`)う~ん・・・60PでB5か・・・こっちは40PでA4
どちらを取るか
('A`)まぁしばらくは手持ちのノートを使いきろう
いつの間にかノートは増えていく
よし、帰ろう


車に乗り込んで家を目指す
一人の買い物も気楽なもんだ


帰宅して、前々から入れてみたかったアドオンをFirefoxにインストール
そしてレジストリなどが壊れているので無茶苦茶になったパソコンを苦々しく思う
既にウィルスによって壊されているのでインストールできないソフトウェアもある
DivXなど
そろそろ本格的にHD買ってきてデータ移動して、そしてOSディスクを探して再インストールしないと
・・・・で、どれくらいソフトインストールしたんだっけ?
インストールしてないがプログラムに入れたツール類などもある
拡張パーツなどもある
うわ・・・めんどくさい
色々入れてやらないとまずいなぁ・・・
('A`)はぁ
そのままラジオをつけたまま眠りに着いた


気がつけば7時
('A`)・・・・ご飯は・・・??
とりあえず母親はいないらしいのでご飯を漁る
('A`)う~ん・・・納豆くらいかな
酒を取り出して納豆をつまみに飲む
そうしていると母親が帰ってきた
切ってきた髪を軽く見られる
「ん?・・・ああ、髪切ってきたんだ」
('A`)そうだよ
そして作られたご飯が納豆のネギ入りと魚のぶり焼き
まぁいいけど
とりあえずツマミに加えて飲みだす
空腹状態で飲んでいるので非常に酒の巡りが早い
ペースを抑えて飲まないと
とりあえず見たい番組は見たので部屋に戻る
その後はネット、テレビを見ながらだと酒を飲むペースが速い


9時ごろ、テレビを見に居間へ
難しいもんだ


テレビが終わったらまた自分の部屋へ
ネットをやっているときに気づいた、風呂の準備をしておかないといけない事に
('A`;)どあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!
やっちまった!!!忘れてた
報告
「はぁ・・・もうあんたはメモしていくしかないんじゃないの?」
全くその通り、すいません
とりあえず風呂を追い炊きする
母親は時間を見て入ったらしい


自分は自室でネット
とりあえず、どうしたもんか


両親が帰ってきた
偉いなぁ・・・・こんな時間まで仕事


とりあえず、最後の1杯を貰ってまた部屋に戻る
とりあえずこれで終わりかな

10月27日 カイロ3回目

起床、午前1時
酒の浅いまま眠りについたせいか、もう目が覚めた
('A`)う~む
とりあえず寝なおそうと思っても眠くないのがこまりものだ
('A`)少しおきてるか
結局眠くなる4時までおきていた


起床、9時
('A`)う~・・・・眠いんだか眠くないんだか解らん
とにかくただ体がだるいと言う感覚
('A`)外、出たくない・・・
ゴロゴロと布団の中で寝返りを打つ
('A`)はぁ・・・今日が通院日だしな、頑張らないと
明日は寝ていてもいいんじゃないかなと思う


とにかく準備して出発
体が重くて仕方ない


後輩の家に到着すると後輩の部屋に通される
後輩のパソコンを見ればLANケーブルが刺さっていた
昨夜OS入れ替えでXPを入れたという話を聞いたが、なるほど


ただ、重い
CPUはDuron600mhz、結構きつい物がある
最近はAthlonにしても廉価版をしばらく前の世代を買えばいいと言う流れになってる
ただCPUなどを買い換えるのなら新しいPCを購入すると言う話だ


軽トラに乗り込んで急ぐ
ちょっと勘違いなどで遅れた
今回は親父からカーナビを借りたので設定し、出発


まずは普通に宇都宮に行くルートを取る
七井から宇都宮へ急ぐ
途中からわき道にそれて鬼怒川と並行して走る
そうすると高根沢、氏家になる


時間は11時40分、ちょっと遅かった
急いで診察室に入る
また熱源のあるベッド
背中が温かく、段々力が抜けていく
('A`)ふぃ~・・・・・うとうと・・・
朝目覚めが悪かったので少し取り戻しそうだ


先に見てもらっている患者がいる
その人と世間話をしているようだ
「実はね~、ひ孫が生まれたのよ」
「あ~なかなかひ孫と言うのは見られませんからね~」
「でしょ?嬉しくなっちゃってね~」
('A`)うとうと・・・・・・うとうと・・・・
少しでも力を抜けば、寝る!!


呼ばれたのでなんとかなった
「じょにそさんこっち来て」
('A`)うあ・・・あ、はい


色々訳を話す
('A`)実は・・・この前宇都宮のハローワークに行った時に働いてた時のことを思い出して怖くなりました。働かなければならない、そしたらまた辛い状態になるのかもしれない。そんなはずはないのにと思ってもパニックを起こしました。
「どれどれ、じゃあちょっと横になってみようか」
('A`)はい
足を持たれて降ろされての繰り返し
「それで、会社ではどうだった?」
('A`)そうですね・・・胸倉捕まれたり・・・
パチンパチンパチン!!!
('A`)他にも怒鳴られたり・・・・
パチンパチンパチン!!
('A`)後は差別とかは普通にありましたね
パチンパチンパチン!!
また腰に打たれる
そして手を上げたり下げたりしてその都度反応を見る
「それじゃ次はお腹だね」
('A`)はい
お腹にもパチンパチンと打たれた
一通り終わると今度はマッサージを行った
次に、今度はまたアンプルを渡される
パチン!
('A`)う~む・・・(仕事のこととか考えた方がいいのかな?)
足を上げ下げ、手を腰に置いたり
パチンパチン!
今度はアンプル2つを小瓶に入れて小瓶ごと握る
手を上げ下げ、足を上げ下げ
パチン!
そしてマッサージを行う
後は診察準備の台で寝ている
後輩が入ってきた
('A`)うとうと・・・・うとうと・・・・


後輩と交代
また小瓶で渡された
今日は一体なんなのだろう
お腹のマッサージ、反応を見て、背中マッサージしたり
('A`)・・・(仕事のこととか考えた方がいいのだろうか)
パチン!
「・・・あんまり仕事のこととか考えなくて良いよ。辛い事思い出してパニック起こしてるんだから無理して思い出すことも無いよ。こっちは反応を見せたら治療するからさ」
('A`)あ、はい
ばれてたか


「今日は砂糖のアレルギーと怖さ恐怖のストレスを治療したよ。でも怖さの方は根深いね。ちょっとやそっとでは取りにくい」
('A`)頑張って通院しますね


治療も終わったので、帰ろうか
今日は砂糖が取れない
ご飯も食べられない
気をつけて食べ物を選ばないと駄目だな


色々会話して、これからどうするかを考える
う~ん、どうするか。年内の目標はどうしたらいいのか


国道4号線を通り、宇都宮を通り抜け、上三川へ
そこからインターを降りるとFKD近くのケーズデンキへ
そこでLANケーブルを購入
自分は特に買うものも無い
後輩は他にパソコンに入れるメモリが欲しかったらしいが、既に在庫もない年代品のため256MBで1万円以上すると言う状態
それだったらもう少しお金をためてパソコンを購入すると言う話だろう


帰宅前、ハードオフにジャンクパーツとして売ってないか確認の為真岡に行く
しかしここでも売ってなかったようだ。あるにはあるが、64MB
まだまだ高容量の波が来ていなかった時代もあったもんだ


後輩を家で下ろし、自分も帰る事にする
近くの店で海藻サラダを購入する
味気なさそうだが、一日くらいは我慢しよう


サラダと水を摂取し、いつもどおりマッサージを行うと眠くなってきた
そのまま眠り始める


8時前におきる
今日糖類や炭水化物を摂取できない事を家族に告げる
メンチカツなどが作られていたようだけど自分は食べられない
衣が食べたい


野菜サラダ、味噌汁、豆腐で終了
とにかく食後にマッサージを行うとネットに入る
酒を飲めないのがとても味気ない


体がとてもだるい
いつも通り、カイロ後のだるさ


そして1時間で空腹になる
やはり腹にたまる食べ物が無いというのがとてもつらい
水で我慢する
・・・ああ、明日の午後2時までこんな感じか


さっさとラジオをつけて寝よう
もう少しポジティブに考えられるようになりたい
そしてお腹すいた・・・

10月26日 散歩

飲みすぎた感はないが、それでも長いこと布団にいる
昔高校生のころに飼っていたペットがいた
久しぶりに夢の中に出てきた


その子は風呂の中に沈んでいた
抱き上げてお風呂場で心臓マッサージを繰り返す
口から出てくるのは水ばかり、次第に血も出てくる
もう目を覚ます事はないのは解っているが、それでも動かし続けなければならない
ひょっとしたらという望みがある限り、手を止めたくは無い
いつのまにかお風呂場は血だらけだった


本当はその子は病院の待合室で死んだんだ
診察を待っている最中、もがき苦しんでそのまま俺の腕の中で息絶えた
生き返ることは無いが、心臓マッサージを行ってもらった
肺に水がたまる病気で、やはり水死のようなものだった
何で気づいてやれなかったのだろうかと悔やまれる
あの子は・・・・あの子は最後が俺の腕の中で、幸せだっただろうか
何年も経っているが未だに後悔する


起き上がる。時間は7時
朝食は特に見つけられなかった
昨日夕飯時に作ってもらったオムライスがあるくらいだ
しかも誰かに少し食べられていた
全然量が少なかった


午前8時ごろ、胸焼けとムカつき
('A`;)・・・うぇ・・・
親はまだ起きてこない
今日も仕事なのだろう
仕方ないので布団に横になって眠り始めた


何時かは解らないが、親に起こされたような気がする
何か言われて約束させられたような気もするが、なんだか思い出せない


そのまま、12時まで眠っていた
連日の外出と考えて行動する事がストレスと疲労になっていた
('A`)う~ん・・・・今何時?


今日は雨が降りそうな感じだ
何かしようとは思っていても具体的なイメージも無いので動く目標も作れない
目標・・・・目標?
毎日何かするという目標は?
確かに平日の所は就職へ向けてだった
休日と言う状態では何も関係なくなる
では、外に出ると言うことに対しての恐怖や面倒くささ、億劫さを改善してみるのはどうだろうか?
確かに遊びや買い物など、用事があるときはすんなり出られる
しかし用事もなく外出や散歩と言うのは個人的に苦手だ
外に出て気分転換という感覚が無いこと自体、苦手を証明していた


('A`)・・・・
ちらりと窓の外に目をやる
今にも雨が降りそうなのに?
雨降ったら風邪引くよ?
昨日も明日も外に出る用事あるのにそんなことするの?

明日からやればいいんじゃないかと思う
だけど、明日じゃ駄目かもしれない
今日だけ、今日1回だけ用事もなく近所の散歩をすることにした


ガチャ・・・・バタン
自転車自転車・・・
ここ何週間か、目的もなく散歩と言うのはやらなかったような気がする
いつもは目的があって歯医者やコンビニ等には行っていた
車を運転している時もそうだ
時々暇だからと言う理由で運転している時はあった
ガソリン無駄にまいてごめんなさいと言うのはあるが、楽しかった
とりあえず、どこへ行こう?


('A`)いつの間にか空気の匂いが秋になってる
曇りの様子もまるで秋だった
('A`)景色なんて、見てなかったな
いつから景色を見てゆっくり楽しむ事をしなくなったんだろう
6月にぶらりと井頭公園に来て以降、やらなくなったような気がする


シャーコン・・・シャーコン・・・シャー
ふらりふらりと適当に行く
どこに行くかとかは考えない


('A`)車の多い道、怖いな
シャーコンシャーコンシャーコン・・・
('A`)わき道だな


車に乗っているときは、怖くなかった
車と言う存在が自分自身の存在さえも車全体になっていたし、車自体が完全な個室で守られていると言う感覚もあった
生身の人間に触れれば一発で死なせる、俺が恐怖の対象になった
しかし今は生身、俺が今度はその恐怖を味わう番だった
自転車に乗っているとはいえ、自分の範囲はせいぜい50cm増えたくらい
しかも車とは違い触れても他人は死なせられない、最高で骨折、一番悪くて擦り傷程度
その痛み程度では人は避けてくれないし、何より問題として謝罪と賠償が重なる
車であれば衝突したとしても当人は死んでしまう可能性も高い、遺族に賠償、謝罪されても当人は帰って来れない
加えて自動車特有のエンジン音があった
これで自分の存在に気づいて双方避ける努力をしていた
しかし自転車にそこまで大きな音は出せない
せいぜい車輪かペダルの音
人間の聴力はそこまで高くない
自転車に乗っている時の人間だけに聞こえる動力音だった


わき道にそれると、そこは住宅街らしかった
日曜と言う休日が俺を苦しめ始めた
学校は無いので子供たちは外で遊んでいる
ゲーム世代などと叫ばれているが結構遊んでいる子供も多かった
庭先で遊んでいる子供は手をとめて俺を見ていた
当たり前だ、普段こんな道を選ぶのはこの住宅に関係のある人
大体は顔見知り
加えて昨今の犯罪事情がより俺への興味を注いでいるように感じた
('A`;)・・・・・(み、見るな!こっち見るな!!)


子供たちのいる住宅を抜けてもまだ問題は終わらない
通りを歩いている家族も問題だった
休日は仕事がないという無職にも通用する常識が今俺を苦しめている
母親と子供、お互い用事もないので散歩をしていた
そんな当たり前の光景に俺が割って入っていこうとしている
「これは何の看板かな~?」
「一時停止!」
「よく知ってるね~」
('A`;)・・・(なに、通り過ぎてしまえば良い。どうせ通り過ぎる時間は数秒、後ろを確認せずに走り抜けろ!)
20m・・・・15m・・・14・・13・・12・11・・10
「?」
「?」
しまった!
子供を守る母親は強いと聞くが、まさか自分の真後ろから無音で近づいてくる自転車を察知して振り返るとは・・・
加えて母親の異変に気づいた子供は自分もそちらへ視線を移す
長い髪がよく似合う幼女じゃねえか・・・
数秒、数秒と言い聞かせて通り過ぎる
後ろを振り返るな


この住宅街は駄目だ
時間も時間、昼食も終われば腹ごなしの意味も含めて家族や子供たちは外で遊び始める
そうすればより俺は他人とすれ違わなければならない
会社の多い道を選ぼう
休日と言う常識を利用した自分なりの回避策だった


XX建設
ここまで来れば、どうということはない
・・・煙の匂い?食用油の匂い?
・・・・ジュー!・・・・おーいお酒こっちにもー・・・・
人がいる!?
XX建設脇の資材置き場らしいが、そこに会社の人間らしい人たちが集まってバーベキューをしていた
社員の親睦を深めるイベントとしてはとても安上がりで短時間で済む
加えて休日と言う状態を利用すればみな仕事で疲れた後にバーベキュー開始準備をする面倒くささもない
正に社会人にとっての正攻法の休日の楽しみ方・・・・!!
くそ・・・・裏をかいたつもりがその裏をかかれた・・・・それでいて真正面からの攻撃・・・!!
しかも一般社会人の常識という、まさしく無職では到底太刀打ちできないほどのアドバンテージ・・・・!!!
く・・・・完敗だ・・・
ここは・・・逃げる!!
しかし、自分なりにもルールがある
挙動不審にUターンしてみろ、まさしく社会人という常識においては危険人物の称号を得る
更にその称号は俺の行動を観察し危険が無いと解るまで終わらないだろう
ここは耐えるんだ
自分は何も悪い事をしようとしている人じゃない、何もしない、ただここが目的地までの通り道なのだと言う態度を崩さずに通り過ぎろ!
Uターンよりも何倍も長い時間、彼らの横を通らないといけないと言うのが怖い
しかし既に数名が俺の存在に気づき、近所にいる顔見知りの物ではないという違和感で俺を見続けている
何にも悪いことはしない、ただの散歩だ
俺はただここをサイクリングコースにしただけだ
チラリとも俺は視線を移さずに通り過ぎる事にする
iPodの音量、最大攻撃!!
視界のみに集中させる行動にでる


何とか、通り過ぎる
住宅街も駄目、一般道も駄目、会社の多い道も駄目
それじゃあ俺はどこへ行ったら良い?
音量を上げすぎて耳の穴がヒリヒリするが今はそれどころじゃない


森を切り開いて作られた道路!
あそこなら歩いている人間もいないだろう
存分にサイクリング出来るわけだ
よし、行こう


走っているうちにあることに気づく
ここは・・・・高校生が高校へ通う為に使う道だ!!
何ということだ、一般道からも離れ、会社の出入りの車の心配もない
その安全性が通学路と言う現実を作り上げている
どうということはない、今まで味わってきたが今日は休日
そんな何度もイレギュラーが起こるわけがない


最近の高校生と言うのは日曜も学習に力を入れているらしい
ゆとりゆとりと叫ばれる現代教育
ようやく改善に重い腰を挙げた結果がこれだよ!!
進学校らしく高校の制服を着て帰宅途中の人間数名とすれ違う
自転車に乗っている人間、そもそも車に乗っているときもそうだが、人は自分に危険に晒されそうか判定する為に時々視線を対象物に移す
しかし自動車においては法律で左車線と定められ、道路にも車線を入れられているのでその車線に従って前を向いているだけで目的地へと到達できる
しかし自転車は違う!危ないなと思えば右でも左でも良い
厳密には左側だが、結構アバウトで個人個人の感情に左右されやすい
その常識が自分の自転車と鉢合わせになる事態が発生している
('A`;)・・・(一瞬、一瞬、一瞬の事だ)
一瞬で通り過ぎる、直前にお互いの顔を確認しあった程度
もう・・・・・このままではまずい・・・・
そうだ・・・また道を外れよう


人に会いたくない会いたくないという感情のみでハンドルを握ったのでどこだか解らない場所を延々と走り続けていた
('A`)・・・・・雇用促進住宅?
意外な場所もあるものだなと思う
なるほど、先ほどの会社の多さでここに作られたと言う事か
('A`)・・・・もう、誰に会おうとも困らん・・・・勝手にしてくれ・・・
先ほどの心の葛藤や興奮に疲弊したのでただガチャガチャとペダルを漕いでいた
見れば雇用促進住宅の中心には公園があり、何名かの母親と子供たちは遊んでいるようだ
この距離では自転車の音には気づかないらしく、誰も振り返らなかった
何事も問題なく通り過ぎる


雇用促進住宅には沢山の人間が住んでいる
一戸建てに行くのであればそのルートは沢山あり、出会う確立は分散する
更に一戸建てといえど各人が用のある家は違うので更に出会う確立は分散する事になる
しかし、雇用促進住宅という全く別々の用事を持つ人々の行き先を統一させる場所
更にはいまだ住宅を持つには至らない若年者家庭と言う現実が、問題を発生させた
先ほども確認した子供がいる状態
友人だろうか、雇用促進住宅を目指して自転車を走らせていた
「XXのボスいるじゃん?あれXXって技だと倒せないバグがあるんだって!」
「うっそー!あれよく使う奴じゃん!」
「だから体力削って最後は他の技使うんだって~」
「@@にも教えてやろうぜ!」
子供と言うのは、どうしてこうテンションや気力が高いのだろう
羨ましく感じる
('A`)何も感じなくなってきた・・・
ただガチャガチャと通り過ぎた
子供たちも、今日は雨降るかもしれないから辞めとけばいいのにな、と考えながら


外界に対する心の壁は勝手に作り上げた他人の心に対する空想と、先走る非現実的な予測、現実的な結果で疲弊し、既に意味を成さなくなっていた
('A`)もうどこでもいい、帰ろう
帰りは・・・・じゃあこのまま道を通ろう
ペンタックスを通り始める
別に社員が出てきてもどうってことない
慌てる事もない、休日出勤ご苦労様とでも思っておこう
まるで両手ぶらり戦法
身構える必要は無い、戦うこともないのだから
散歩の基本、人がいても通り過ぎる
それだけだ


('A`)あれ?通り過ぎちゃったよ
両手ぶらりが正しかったのか、いつの間にか自宅近くまでの道をフラフラと自転車を漕いでいた


('A`)ただいま~
現実と外は危険が一杯だ
やはり俺は引きこもろう
・・・・とは思えなくなった
体が熱い、興奮してる
いつもネットを眺めるだけでは出て来ない圧倒的な血流が頭と体を駆け巡っていた


クギュルルル~~
('A`)お腹すいた・・・
朝食のみで昼を水で誤魔化した俺に胃袋が空腹を訴えていた
たった30分のサイクリングと言えど、良い効果はあるらしかった
規則正しい食生活も、現実に戻る1歩だな
('A`)何かないかな
白米はあるようだ
('A`)・・・・お、納豆見っけ
納豆ご飯にする
たんぱく質、塩分、納豆キナーゼ
加えて白米の炭水化物
健康でいいかな


('~`)ムグムグ・・・・ふむ・・・・むぐむぐ・・・
開きっぱなしだったブログに目を通し始める
一通り読み終わったらまた別のブログを探す
そして一件面白そうな物を見つけた


明日から本気出す?今すぐやらなければ人生は変わらない
http://blog.livedoor.jp/d26001500/archives/51081050.html
('~`)そえじゃあ・・・明日も何かしようかな
軽い運動だったけど、気分は少し前向きになっていた


3時ごろ、後輩から電話
いよいよ本当にPCIのLANカードを購入したらしい
何とかなってくれるといいが・・・
「明日うち来ますよね?その時に手伝ってください」
('A`)解った、病院終わったらな


5時ごろ、母親帰宅
「ただいま~」
('A`)お帰り~
「洗濯物は?」
('A`;)・・・・・
すっかり忘れていた
何とか謝罪


7時ごろ、酒を飲み始める
テレビを見ながら


遅かったけど夕飯になった
個人的にはつまみがほしい


そして疲れていたのか9時過ぎに眠くなってきた
('A`)うとうと・・・・うとうと・・・
酒、ペース配分してたのに勿体無い
もうちょっと飲みたかったなぁ
結局、眠った
今日はこれでお終いだ

10月25日 衣類を購入

起床、6時半
('A`)ふぁ・・・まだ眠い
もう一度もそもそと布団を被りなおす
7時くらいに目を覚ます


昨日開きっぱなしだったブラウザからブログを読みふける
ただ大きな議論系は主要な(色文字、強調文字)のみを読んでおしまい
('A`)自分なりの視点で情報選択したいな
現在は受身、与えられる情報のみで不満
('A`)何か・・・・・探してみようかな


家族も出かけたので一人でご飯・・・・のはずだった
('A`)何も無いよ・・・
煮物はあるけど、う~ん
仕方ない、煮物を少し腹に入れておこう


出発の準備をする
そしたら胃の動きが少し怪しい
('A`)まぁここ連日自分から動こうとしてるから、疲れてるね


【きょうやるべきこと】
・郵便局でお金を下ろす
・衣類を買いにいく(何か安価な物。イオン?しまむら?)
・上三川のガソリンスタンドでガソリン給油


後輩の家に行く予定もあるから二人で行くか


ブロロロ・・・・
('A`)あ、借り物のDVD忘れた


ブロロロロ・・・
益子郵便局、ATM
今日は珍しく混んでる


後輩宅
DVDは返しておく


お互いの今週したこと
とりあえず進展無かったり、あったり
これからどうするか
転職に関して自己PRをどうするか?


ジョブカフェに行く途中でパニック発作が発生したからそれを抑えられる漢方薬があるというので飲む
('~`)・・・・にが
・・・・・・・お腹が、熱い?
なんか熱くなってきた
後輩によると冷え性らしい


アニメを二人して見る
もえたんから始まり、ガンソードを経由し、コードギアスに入った
一気に最終回を見せられて少し凹む


「そう言えば雫って知ってますか?」
('A`)・・・・・いや、解らない
「面白いですからやってみてくださいよ」
('A`)そうか?
インストールされたのでプレイ


30分くらいで終わるかなと思ったら1時間くらいかかった
('A`)ふむ、結構面白いな
なかなか、古いゲームと言えど奥が深い


「そう言えば自分他にパソコン1台持ってるんですけど、ネット使えなくなっちゃって」
('A`)繋がってないの?
「ネット繋がる穴が無くて」
('A`)????
案内され後輩の部屋へ
「このパソコンなんですけど・・・」
FMVのDeskPower
問題は中身だ、OSがMEとな?


('A`)後ろ見てみるか
よくよく後ろを見てみたらマザーボードにLANケーブル差し込む穴が無い
PCIカードかと思ったらそこにはISDN/モジュラーケーブルの穴
なるほど、こりゃ繋がらないよな
「8年前に買ったパソコンなんですけど、現役です」
('A`)8年前か・・・・ADSLも無かったような・・・


とりあえず対策としてはPCIのLANカードを買ってくることかな
ISDNは外そう
「ネットでありますかね?」
('A`)あると思うよ、980円~2000円くらいで
それからこのパソコンを使えるようにしたいとか、カードとかHDとか取り替えるならまた別に何か買ったほうがいいかとか


またパソコン部屋に移動
「一応無線カードならあるんですよ」
('A`)・・・・これはノート用無線LANカードだね
「使えるようになりませんか?」
('A`)じゃあやっぱりこのカードを使えるスロットを持ってる機械買わないと
難しい問題だな
そもそもあのパソコンで動かせるのかどうか・・・
ちょっと心配だけど、俺のMEもLANカード入れてネット使ってたから大丈夫かな


それからパーツ探し
カタカタ・・・・カチ・・カチ・・・
色々あってUSBのLANも見つける
しかし・・・・あっちUSB1.1だしな
そしたらやっぱりUSB2.0カード買って入れないと光回線だから遅くなっちゃうし


それからBTOパソコンを売っている店
色々見てみる


('A`)うお・・・4時半か
衣類買わないと、それからガソリンも
結構暗くなってるからゆっくりできないな


('A`)ちょっと真岡行って、衣類買ってくるよ
「一緒に連れて行ってくれませんか?」
('A`)良いよ


車に乗り込み真岡を目指す
道中そもそも作り変えるのではなく新しくとても安いパソコンを購入してそれにMEを入れてやればいいのではないかという話になる
しかし・・・・いくら爆安パソコンとはいえ、ハイスペック化著しい昨今のPC事情にあのOSはついてこれるだろうか?
ムダにリソースだけ食われたのではたまらないだろう
「でも個人的に98を入れたいんですよ。XPだと昔のPCゲームできないので」
('A`)なるほどな~


イオンへの道を間違えたのでユニクロを紹介される
「次の信号を左です」
('A`)はいよ
「次はまっすぐ」
('A`)おk
「そうすると左手にユニクロです」
('A`)なるほど


ユニクロ店内
いっそやっぱりイオンでいいのではないかと思い始める
('A`)しかし、ユニクロの服はダサいと聞くな
じゃあ一般的な若者が着ているような服が似合うの?
('A`;)いや・・・でもお金ないし
そもそも着て似合うように努力してるの?
('A`;)う・・ぐ・・・・
髪はボサボサ、肌つやは悪い、まるっきり引きこもり
('A`;)あ・・・・・う・・・だ、だって何が似合うか解らないし
じゃあ店員に聞けば?
('A`;)・・・・う・・・・でも、引きこもりで・・・
だから?いつまで閉じこもってるの?
('A`;)うぐ・・・・


行くか・・・
手近な場所にいる店員に聞く
('A`)すいません、今店内にあるのは全部秋物ですか?
「秋冬用ですね。色々取り揃えております」
('A`)それと、服をあまり買わなくて、家から出ないのでどのような服が似合うのかよく解りません。教えてください
「解りました、こちらへどうぞ」

「パーカーはお好きですか?」
('A`)う~ん・・・・頭の帽子部分があまり・・・・
「そうですか・・・・う~ん。それではこちらへ」

「セーターなどはお好きですか?」
('A`)・・・・色合いがどうも茶色や黒ばかりなので、何だか地味かなと
いっそ変わるなら、自分のよく着てる服の色さえも変えてみようか
「解りました。それではこちらへ」

「フリースではどうでしょう。カラフルな色を取り揃えております」
('A`)どれどれ?
「お客様は・・・・・Lあたりかなと思います。」
('A`)う~ん・・・・それじゃあこの縞模様を
('A`)次は・・・・何か安価なのあります?
「解りました、こちらへどうぞ」

「こちらはクルーネックという服です」
('A`)あ~、袖が長くてTシャツみたいな生地の
何だか薄い泥水のような色合いが気に入ったので選んだ
結局まだまだ地味なものを選ぶ感覚があるな
('A`)一応これでOKです。ありがとうございます
「それでは失礼します」

最後の1着・・・・これは自分の感覚で
何か・・・何か無いか?
俺はワイシャツが好きだ、さっぱりしててカジュアルだから
じゃあ、シャツ系列を探そう

そして、赤と白のチェックシャツを選ぶ
これでいいかな

「4180円です」
('∀`)ありがとうございます
似合う似合わないより、今日は衣類を買いに来たということを忘れてた
しかしこれがいい結果をもたらしたと思いたい


お互い車に乗り込んで帰る事にする
イオンは・・・まぁ気が向いたら見に来るかな
「そういえば髪切らないんですか?」
('A`)う~ん・・・
どうするべきか、切るべきか切らざるべきか
伸ばすと決めたが、どうにも邪魔臭くて仕方ない
「一応場所教えておきますので」
('A`)そっか、助かる


「しばらく道なりに行くと、右手にあります」
('A`)お・・・あったな。ありがとう
後で来てみるかな


('A`)ガソリン、どうするかな
「月曜日でいいんじゃないですか?カイロ行く前に入れていけば」
('A`)ふむ、そうするかな
帰る事になる
今日の目標のガソリンは月曜日に持ち越し


益子町、後輩の家
('A`)・・・と、送ったはいいけどこんな時間か
とりあえずもう帰ることにしよう
「それじゃあ月曜日に」
('A`)解った、10時くらいに
とりあえず今はカイロのドミノ倒しを続けさせよう
また新たな道も開けるだろう


家に帰り酒を飲む
もう髪を切る事を宣言した
大学祭や合同説明会前には切っておきたい

10月24日 法律的なアドバイスを貰う為に

起床、6時
('A`)・・・・うぇ・・・
最後の最後で高い焼酎はきつい
残る
ザアアアアアアアアア
('A`)ああ・・・・今日は雨か・・・
気分は重くなり、憂鬱になる
今までしでかした事の様々な記憶を思い出し、一人頭を抱えだす
・・・みんな・・・・すまない
昨日までのポジティブな感情はどこへ、気がつけば自分はイスの上だと言うのに膝を抱えてただ黙りだす
('A`)はぁ・・・



昨日開いたブログアンテナサイトで更新されているブログ、気になっているブログ全てを開く
更にブログのリンクの更新情報が記載されているブログパーツがあるブログでは更新され自分の気になっているブログ全てを開き始める
気がつけばいつもの日常と同じようにSleipnir1.66のタブスペースの限界を凌駕して、幾つもの階層を作り上げている
開いた情報の数、およそ80・・・!
人と人との繋がりとその人間一人一人の興味関心の繋がりのなさを実感する瞬間だ


('A`)それじゃ・・・このブログの記事から読み進めていこう
大抵は2chの、それもVIPを中心にまとめているブログが多い
流れに乗って騒ぐスレ、突発的な思いつきにより立てられるスレ、立てた人間が主導となりスレが進んでいく展開(ただし、最近は小説や物語などに座を奪われている感が否めない)、小説やAAなどを多用したスレ
それらを一人ひとりの人間が個人個人の育ってきた環境や知識などで取捨選択し、掲載している
たまには掲載するスレが被る事もあるだろう、しかし、被っていても微妙に違う
物語系のスレなどでは顕著、物語を投下する人間に対して展開に沸き立つ人間の発言を掲載しないようなブログもあるし、積極的に掲載し投下している人間には触れられないが自分たちも仲間だと言う読者の共感と一体感を呼び寄せる編集を行い読者コメントを盛況にするブログもある
しかしそれは一長一短、ブログと言う特性上コメントで後出しとして発言しなければならないのでスレの書き込み内容は変えられないのでブログのコメント欄のみで争いがはじまる場合もある
それは社会ニュースなどを中心としたブログに良く見られる風景
稀に良い情報もあるが、なかなか他人の視点に立った発言と言うのは見られない
ネットと言う匿名性の問題点も付与されていると思われるが

個人的には文化祭や仲間内での仲のいい、グダグダとした風景を眺めていたい
たとえどのような境遇であろうとしても、その受け入れた結果でお互い騒いでいると言う風景、空気がとても好きだ
馬鹿げた事でも、架空の事でもいい
ずっと語り合ってて欲しい
青春のような雰囲気さえ感じる

社会ニュース系では当たり前の議論と自分の主観に立った主張
何の役にも立たない結果論などが展開されていたりもする
勿論他人の立場に立ちより良い方向性を持たせた建設的な発言をする人もいる
なかなか、考えさせられる

ただ、どうしてもヘッドラインニュースに乗せているニュースリンクやブログの更新リンクまとめだけは許せない
俺はその記事を読みに来た
ヘッドラインニュースブログの管理人が編集した記事でも良い、俺はあんたの主観や個人的見解をスレの雰囲気に見え隠れする編集を見に来た
それを何もせず、ただ更新したブログだけを記事内に羅列してそれでおしまい
それが個人的に気に食わない、他人の苦労をさも自分のように書くな
その上タイトルだけは他のブログの更新記事から持ってきたタイトル
目に付きやすいのは確かだけど、それでなんになる
時間の無駄、記事を一番上に持ってきているのならいいけど大抵は解りにくい
嫌いになりそのブログ自体が出てくることを苦々しく思ってしまう

動画サイトも自分で気にいった動画を紹介するブログならいい
そういった人は必ず自分のセンスを洗練させいずれは大きくなる
だけど・・・問題はただお気に入りやリンクに入れておいたブログの更新があって見に行ってみれば面白そうだと思ったからリンクして更新したブログ
何の変化も無い
去年、一昨年の流れを見ても同じ
自分の好き、を追い求めて情報を記載しているブログは流行や好き嫌いの変化が解り身近な存在
ただ他で紹介されているブログは・・・・


('A`)
ああ・・・・・・・・・・・・・・ここまで書いていて、有頂天になっている
引きこもりや世間を知らない人間特有の、他人に受け入れられた喜びから来る有頂天
これは激しく危険
そろそろ目を覚まさないと
俺は本来こんな人間ではない
引きこもりで、他人の目ばかり気にする引きこもりなのに、何を考えている
抑えないと・・・


だけど・・・
ここまで自分の感情をちゃんと文章に出来るまでに改善された頭を誇らしくも思うと同時に、大学のプロジェクト煮参加していた時の周りを見ず主観だけで生きていた自分と被るので苦々しくも思う
そして一番の問題点であるニートというアドバンテージも自分の立場と発言に対して相違を感じて自分自身の頭を苦しめる
しかし、このまま伸ばしてみようと思う
確かに実力も行動も伴わないクズだけど、ここで行動と実力さえ改善されれば話になるのではないかと言う甘え
とにかく、やれるだけのことはしてみようと思う


いくつものブログを読み(大抵はいつも更新しているブログだけど)、目の疲れや姿勢の疲れなどを感じて横になる
社会人になっている時は、頭で考えず自分なりに答えを出して進み方を考えていたから問題なかった
しかし今現在は受動・・・あくまで受身
それがいつまで経ってもモニターを眺め続けなければならないと言う状態を発生させている
仕事しているのなら文章を考えて思考のためにモニターから目を離すこともある、学習のために書籍に目を移すこともある
いつまで経っても無いのだ、引きこもり無職と言う現状の為、娯楽はパソコンから得られる情報のみとなる
それが目を酷使させ、変わりに頭は使わずに情報が流れ出している現状と言ってもいい
それが・・・・それが問題だった・・・


昼も過ぎる頃、居間に出て冷蔵庫を覗く
弟は寝ているし、家族は仕事に出かけている
ここで父親から差し入れされたお弁当に目が行く
('A`)食べてなかった・・・
水と昨日買ってきた午後の紅茶とタバコで空腹を紛らわせていた人間にはありがたい
とにかく食料の調達とばかりに食べ初める
('A`)うん・・・うまい


部屋に持ち込んで食べる
('~`)むぐむぐ・・・・・・むぐむぐ・・・・ふむ
そして、昨夜も飲みすぎた体のためか下痢を起こす
まるで人間ポンプではなく人間パイプ
それがたまらなく嫌だった


('A`)ふう・・・おいしかった
半分食べた所で冷蔵庫に戻した
雨は朝から変わらずに降っていた
時折雨足は強くなり、動画サイトで見つけた動画の音は聞こえなくなり、ラジオを流そうとしていたのに聞こえなくもなったり、邪魔だった
('A`)労働基準局や労政事務所に行く予定だったのに・・・困ったな
朝、出かける両親に今日の予定を告げ、卑屈ながらも宣言したと言うのに
雨のおかげで視界は悪く、行き先も宇都宮の奥まった所にあるらしく、わかりにくかった
カーナビは父親が持っているので利用は叶わない
('A`)ふう・・・どうしよう


とりあえず、労政事務所の場所を調べよう
宇都宮の・・・・どこだ?
場所は解るが、道路などが繋がらない


('A`)もしもし、栃木県庁ですか?
「もしもし、こちら栃木県庁です」
('A`)え~と、労政事務所に行きたいのですが
「解りました、どちらにお住まいですか?」
('A`)XXです
「解りました、国道123号線を通った方がいいですね」
('A`)一応、宇都宮駅まではわかります
「そうですか・・それでは宮の橋通りを伝いまして・・・」
そんな感じだった
ただ、とりあえずそこまで
頭の中の地図では繋がりようが無かった
やはり実際に行って見なければ


ついでに労政事務所に電話。予約が必要かどうか
場所や予約の有無を聞いた後、事情を聞かれる
('A`)かくかくしかじか・・・前職とのトラブルで・・
「う~ん・・・・そちらか~・・・・どうも管轄としては民事などの裁判所に判断を仰ぐしか無いな」
('A`)解りました、裁判所の話を聞けるのはどこですか?
「ちょっと待ってて、宇都宮の法律相談所の電話番号教えるから」
番号を教えてもらい、後にした


法律相談所
('A`)もしもし?
「はい、宇都宮法律相談所です。どうしました?」
('A`)実はかくかくしかじかで・・・・
今までの流れを話す
「そうでしたか、ところであなたは宇都宮市の人間ですか?」
('A`)いいえ、XXです
「あいにく・・・うちの地域は宇都宮市役所の管轄になっているので市民しか対応出来ないんですよ。」
('A`;)あ・・・い・・・・・
「それでは失礼します」
('A`;)あ、ちょっとま・・
ガチャ
('A`)・・・・


民事、法律、裁判所、そして管轄内での相談
重要な糸口は揃った気がする
自分の住んでいる町役場のページに入る
そこで法律や相談、などでサイト内検索をかける
・・・あるな
司法書士法律相談所
ここに電話をかけよう


司法書士法律相談所
('∀`)もしもし
「はい、司法書士法律相談所です」
('∀`)こんにちわ。かくかくしかじか・・・・・
「なるほど、お話は解りました。ですが平日に相談を承ってはいないです。土曜日の午前10時から3時までの間にお越し下さい」
('A`)解りました。予約などは?
「不要です。」
('A`)解りました。ありがとうございます
ガチャ
なるほど、土曜日か
('A`)とりあえず、土曜日は遊ぶ約束があるから無理だな


ザアアアアア・・・・
雨はまだまだ降り続ける中、毛布をかぶって眠り始める
('A`)自分の中では大きな前進だと思うよ?
何もしない、何も考えないよりは、大きな物だと思う
雨よ、止んでくれ


布団の上に横になる
('A`)ふう
このまま、寝てしまおう


5時、起きる
('A`)はぁ
確かに電話し自分にとって最適なルートを作り上げたのは良かった
しかしそれでも外に出られなかったと言う事実が物凄く苦しい
('A`)ふう


それから、またブログを見始める
沢山あるのでそれが困る
自分で選んだ事なのにその量に苦しめられ始めている
いつも同じような感じだけど、まるで監視しているような感じになる
('A`)ふうむ・・・
一度、ネットから離れてみようか?


夜、親が帰ってくる
母親から職業訓練とハロワ求人データを渡された
('A`;)ふう・・・
解ってる、何もしていないからだ
何も進歩していない生活をしているからだ
しかし、自分にとっては重荷になる
社会人という足場が存在していないのでなかなか他人との渡り歩きの際にどうしてもそれが障害となる
言葉、思考、それが自分にとっての裏づけを作れない
実体験を伴わないので言葉の雰囲気に重みが無い
それがどうしても俺を苦しめている
それを見越しているのかいないのか、色々持ってきてくれる
重い・・・・とても重い・・・・


久しぶりにお風呂に入ることにする、1週間ぶりか
親が、喜んでいた
こんなことで喜ばれても困る
自分の体を大事にしなさいといわれても、この家での居場所はあまりない
だからとても息苦しい
団欒を提供する場所であるはずの居間は少し怖い
家族全員と顔を合わせなければならない
家族全員何かを成しているのに自分は何もしていない
その事実だけでも苦しくなる


バシャ!・・・ザバ!・・・・バシャ!
('A`)ふう


お風呂から上がると予約していた通りテレビを見る
今日は午後8時から午後10時、午後11時35分から午後12時05分まで
それが俺の指定していた範囲
あらかじめ指定さえしていれば自分の言い分も通るのだなと思う


母親が用意していた食べ物を食べ、新しく買ってきたらしい焼酎に手を伸ばした
浄水された水で割る
('A`)んぐ・・・・・んぐ・・・・
これが無ければ眠りは少なかった
行動していないから疲労回復のための時間量が少ないのだろうか
やはり無理をしてでも毎日外に出てみようか
軽トラでどこかへ行ってもいい
iPodでも持ってどこかへ行けばいい
少しは気分転換にでもなるのだろうか


指定していた10時と言うテレビ時間も終わり、部屋へ戻る
酒を飲みながらネットに浸り始める
両親は俺が酒を飲みながらネットに浸るのをあまり快くは思っていないらしい
必ず部屋に持ち込むと呼び出される
「じょにそーーー!!こっちで飲みなーーー!!」
('A`)・・・・・・解った
何かを成していれば、跳ね返せるのだろうか
それでも今日は親が出かけている
学生時代に戻ったような、そんな少しばかりの気楽さを覚える


少しずつ、少しずつ、思考や知識の回転は良い方向へ向かい始めているようだ
議論と言うわけではないが結構な頻度で言葉を書き込めるようになり始めた
相変わらず口で言葉を出すのは苦労する
自分の喋りはとても遅い
頭の中で考えていた言葉を喋ればどもる
頭の中で言葉を考えようとすれば話は変わっている
だから俺は何も喋らない
他人の言葉に相づちを打つだけだ


午後11時35分、もう一度テレビの時間
親に了承を取り見始める
ここで入れるお酒も今日最後の1杯だろうか
12時以降は飲めない、飲んではいけない
明日への社会復帰となる規則正しい生活の妨げになるということで親が決めたルールだった


ルール
みんな成人したのでみんながみんな互いにこすれあう事も無く生きていくにはまだ時間が足らないような感じがする


午前零時
コップに入っているお酒を一息に流し込むとラジオをかけて布団にもぐりこんだ
ある程度小さい音量でも眠りに入れるようになった
一人暮らしをしていた頃は爆音でかけていた、四六時中
寝ているときでも起きているときでも、テレビを見ている以外はラジオだった
親から怒鳴られたのでとりあえずは自粛している
家族の足音、物音にビクビクしている自分にとってはラジオの音が少し心を軽くしてくれていた


そろそろ、寝よう

ティーラー直行・ジョブカフェ職業訓練話し合い

朝9時、怒鳴り起こされる
Σ('A`)何事!?
「じょにそ!!いい加減におきろ!!」
親父だった
('A`)ふぁい・・・・おきたよ・・・・
そこから何か話をされる、修理だったような
でも寝ぼけた頭ではよく解らない
('A`)う~ん・・・・眠い・・・・
ふらふらと何か食べようと居間へ
「お前なぁ!準備しろって言ってるんだから早く準備しろよ!!」
('A`;)あ、ああ、ごめん・・・
とにかく着替えて・・・・あれ、靴下は?


なにやらもう一度声を荒げて注意されるがそれどころではない
そして居間に向かうと今度は広告の裏に地図が書かれていた
「ここが福田屋、そしてここがパチンコ、わかるか?」
('A`)・・・・・・一応・・・
正直寝ぼけた頭では解らない、どこに行こうとしているのかも解らない


そしてぼけた頭なので親父から怒られる
「だーかーら!!こっちが警察から向かえば福田屋の裏に出るんだろうが!!」
('A`)・・・・そうだっけ?
いまいち真岡の町並みは頭の中で繋がらない
「いい加減にしろ!!馬鹿にしてるのか!!」
('A`;)いや、そんなつもりは・・・・
「高校ならわかるだろ?高校の場所はどこだ?」
正直、地図が下手糞すぎて解らない・・・
福田屋の場所が解るけど、道路の位置おかしくないか?
福田屋は交差点じゃないよ、たしか葬儀品が交差点だ
そして交差点の向かいがブックオフ
簡略されすぎてて解らない
そして道路の配置が解りにくいので高校の位置さえも間違える
「なんでそんなことまで解らなくなっちまったんだよ!!」
いちいちテーブル叩かないでくれ、おろおろしてて頭が混乱してくるよ
('∀`;)あ、ああ、解った。ここがXXだね
「もういい!!!」
広告をクシャクシャに丸めると床に叩きつけるように捨てた
「もう勝手にしろ!!」
バタン!と強く扉をしめて出かけた・・・・・のか?


「なんでそんな所に突っ立ってるんだよ!!ついてこい!!」
勝手にしていいんじゃなかったの?
軽トラに乗せられて、親父が乗っている車を自分の車に乗って後ろを走る
朝だからって車の速度が速すぎる・・・・
ついていけないよ・・・
そして裏道を頻繁に使う
表通りを走ってほしい


('A`)どこにむかっているんだろう?
ブックオフを抜け、アイラインへ向かう為の道になった
('A`)そう言えば・・・パチンコ店を抜けるとトヨタやホンダなどのディーラーが密集している地帯があったな
恐らく、そこに今俺が乗っているダイハツのディーラーもあるのだろう
ようやくさっき説明されていたことが実を結び始めた


案の定、そこにダイハツのディーラーがあった
整備工場前に車を止める
「ほら、修理費。じゃあ俺は仕事行くから」
('A`)はい


軽トラは工場の中に入れられ、自分は待合室に促される
('A`)えと・・・
空いている席、あるな
座って、携帯電話を取り出した
「お飲み物は何にいたしましょうか?こちらがホット、アイスとなっております。」
メニューだ、飲み物だけっぽいな
('A`)それじゃアイスティーを
「かしこまりました。少々お待ち下さい」


「どうぞ」コト
('A`)ありがとうございます


整備風景を眺める
ヴイイイン!プシュン!プシュン!
何か音がしている、何をしているのか


('~`)チューチュー・・・・ゴクゴク・・
15分くらいで整備員が来た
「じょにそさん。修理が終わりました」
('A`)ありがとうございます。原因はなんですか?
「接触不良だったようです。どこも壊れていないようです。何回かケーブルを抜き差しているとシガーライターが治りました。恐らく何かの拍子に接触が悪くなったのだと思われます。」
('A`)ありがとうございます
「もしまた故障するようでしたらもう一度持ってきてください。ソケットを交換します。」
('A`)いくらくらいかかりますか?
「そうですね・・・しばらくお待ち下さい」
整備員は受付にあるパソコンに軽トラの車種名と型番を入力していた


程なくして戻ってくる
「ソケット交換の場合、部品取り寄せです。取り寄せと工賃を含めて3千円くらいです。日数は取り寄せも含めると1週間程度。車検証のコピーが必要になります。」
('A`)解りました。ありがとうございます
とりあえず、紅茶飲み終わったら出よう


紅茶を飲み干し、サービスで貰ったお茶菓子をいくらかお土産にもらうと受付から出た
先ほどの整備員が俺のところに来た
「念のため、御自身で確認してください。」
('A`)解りました
確かシガーライターは・・・あった
カチ!
押し込んで、反応を見る
・・・・ポン!
燃焼が確認された瞬間だった
('∀`)治りましたね
「今日は何も交換していませんし、修理と言うほどのことはしてませんのでお代は結構です。ありがとうございました。」
('∀`)ありがとうございました


ディーラーを出る
ブロロロロ・・・・
('A`)ふう・・・叩き起こされて何が何だか解らない間に色々なことが進んだ
こういうドミノもあるんだな
いや、しばらく前から倒れていたじゃないか
認識できていなかった


ファミレスから折れる
('A`)確か、この先にツタヤがあったはず
お、あった
('A`)よし、場所の再確認


そのまま走り、福田屋付近
('A`)あ、福田屋の裏通りからならハローワークに行ける!
昨日していた約束を今完成させよう
ブロロロロロ・・・・
小道に入る


('A`)ちょっと待て
軽トラをいきなり急停止する
プーー!!!プ!!プ!!
後ろの車からクラクション、当たり前か
移動


('A`)聞きたいことを書いたノートは?
そもそもノートどころか、まだ聞きたいことも調べたい事も受けたい講義の事も何も調べていない
('A`;)・・・・ここは撤退だ。午後になる前に準備しないとな
約束は約束だからな、忘れちゃ駄目だ


家に帰る前に、食べ物中心に売られているスーパーに寄る
('A`)何か・・・食べようかな?
お弁当売り場、惣菜売り場がある
だけど自分は欲しくない
('A`)果物?味気ないし・・・・じゃあ、なんだろう・・・・
果物と野菜を手にとっては棚に戻す
お菓子なら?と思って手を伸ばしても食欲がわかずにまた戻す
('A`)・・・・帰りにコンビニにでも寄って帰るか?
だったらなお更こちらで買ったほうがいいはずなのに、解らない
('A`)じゃあ、飲み物かな
先ほど飲んだアイスティーがおいしかったので午後の紅茶を買うことにした


('A`)う~ん・・・・どうするかな
ついでに敷地内のマクドナルドへ
メガマック、生まれてこの方一度も食べた事無かった
('A`)単品って出来るのかな?
単品を頼む事に決める
('A`)メガマック、だけください
「かしこまりました、390円です」


程なくして出来上がる
「出来ました。袋に入れますね」
なんだ?握りこぶしを一つ作った程度の高さ?
え?だって写真じゃ手を開いたくらいの高さ・・・???あれ???


とりあえず手渡されると、出口へ
途中に雑誌を売っている場所に目が移る
PRESIDENT「年収2000万の手帳術」
('A`)ほお・・・面白い特集だな
色々かかれている、身近な駄目社員の例とか
だけど、俺には関係ないような、想像できないような
解らない
「「情報は一冊のノートにまとめろ」なんて使い物にならない本もありますが、こちらとしては迷惑ですね(笑)」
('A`#)・・・・
無職の、無給状態の中、何とかして捻出して、選びに選んだ一冊なんだよ
それを使えない?何言ってやがる??
確かにスケジュールも学習も豆知識も、あまつさえよく行くような店の情報とかも全部そのノートに書いて一元化しろとかかかれてたよ
だけどそれは手帳術がなかなか理解出来ない人じゃないか
年収2000万とか貰ってる人とかは努力とかは呼吸するくらい簡単なんだろ?日常的に努力して何かを変えようとしてるんだろ?
だけどさ、変えたくない人だっているんだよ
毎日が昨日と同じであればいいという人だっているんだよ
その人が急に高い場所にあるわけの解らない場所教えられても理解できるわけ無いんだよ
その人にとっては足場の無い場所登らされてるだけだから
だから、一歩
基礎的な足場でもいいから、とにかく立ち上がるだけの足場が出来るように、そういう本が必要なのではないか
「夢が叶う手帳術」とか「出来るメモ術」とか、そういうのは出来る人が独自に編み出して、やってたんだよ
本当は教えられても千差万別で違うから、なかなか通用しないよ
色々、批判するくらいそちらは出来るのかもしれないよ。だけど出来ない人だっているんだよ
その人が行ける場所に到達する為だって、その人以上に努力しなければならない人だっているんだよ
環境だってあるんだよ。事情があるんだよ
努力しないから、って片付けるのは簡単だよ
少しは理解してやれよ!!
その本を喜んで買い込んだ俺の身にもなれ!!
まぁ切り捨てられるんだろうな・・・


店を出た、車に乗り込む
マックを開けると、なんだかごちゃっとした食べ物が・・・
('A`)これ・・・・食べるの?
なんか・・・もっとこう・・・見た目においしそうだなと思えるものが食べたかったな
('A`)ま、一口で感想変わるかもしれないじゃないの。食べるさ
もぐもぐ・・・むしゃむしゃ・・・・
('A`;)・・・・・ただの塩味だ・・・・
俺はテリヤキソース時代の味を求めていたんだけどな・・・
モスバーガーにでも行っておいた方がよかったな
まぁいいや、帰ったら食べよう


県道を走らせる
途中でラジオ(Nack5)を聞く
「関東地方今日の天気は晴れ・・・・東京などでは・・・・」
('A`)ふ~ん♪ふん♪ふ~ん♪
「それでは最初のお便りから・・・埼玉県・・・・・さんからのお便りです。「昔高校生の頃に聞いていた曲が忘れられず・・・・」まぁ色々あったのでしょうが、過去の事です。今は思い出に浸ることだけを考えて、前を向いてください。それではいきましょう・・・・です!!」
ジャラララ~~♪♪
なにやら曲が始まるが、あまり気にしない
('A`)まぁ、FMもいいね
AMばかり聞いていたから解らなかった
そもそもラジオ好きなのにねw


家にたどり着くと、ブログを回り始める
ブログの更新順に表示してくれるサイトで気になる記事を片っ端から表示
そういえば昨日は見てもいなかった
いつのまにかタブブラウザでは表示しきれず、階層化して表示される
タブを一つ一つ読んで消して、タブにしろということらしい
しかし、ブログ一つ一つについているヘッドラインスペースからも生地を選んでいるので無尽蔵に広がっていく
とうとう画像サイトでいくつもの画像を開いているような状態に
('A`)ま、いいか


読み進め、読み進め、とにかく読み進める
30くらい記事を読み終わったら一時停止
('A`)ふう
一時停止
疲れた、2ch・・・・VIP行くかな
既に1時になっていた


某スレ
59 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/23(木) 13:01:58.57 ID:vGank47Y0
('∀`)女神様!!そのパンツを!!パンツを脱いだ写真を見せて!!

60 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/23(木) 13:02:34.88 ID:HBpBDBY60
女神様、俺からもお願いします
パンツを脱いで!

61 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/23(木) 13:03:40.79 ID:q/hLFN0m0
マンマンを見せてください!お願いします

62 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2008/10/23(木) 13:05:39.58 ID:5yAgFTtf0
(><)ごめんね!ここは彼の物なの!

63 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/23(木) 13:07:11.08 ID:vGank47Y0
('A`)なんだ・・・彼氏持ちか・・・

64 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2008/10/23(木) 13:12:31.14 ID:Oil1lQtj0
なんだただのビッチかよ
帰るわ

65 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/23(木) 13:15:40.51 ID:q/hLFN0m0
死ねよ



_| ̄|○おわああああああああああああああ
やっちまった・・・空気を全てぶち壊した・・・
そのままスレはDAT落ち・・・
('A`)なんてことしてしまったんだ・・・・



2時ごろ、ブログ読んでたり2ch巡回も疲れたから布団に横になる
毛布をかぶると本格的に寝てしまうから横になるだけ
朝からいろいろ合ったけど、ちょっと体を休めるくらい・・・・


5時15分、目を開ける
('A`;)どええええええええええええええええええええ
ハロワは!?これから先の流れは!?
俺は・・・俺はまた!!!俺の人生を!!!ぶち壊した!!それも・・・・自分の手で!!!
自己責任、自己責任といえど・・・・駄目すぎる!!!
何もかも・・・・また引きこもりの生活に戻ってしまう・・・・
何か模索しようと思っても、何も思いつかない
そりゃそうだ、もう5ヶ月以上無職引きこもり
新しい道を探すのは求人広告だった
ハロワの求人データだった
何か新しい、道の開ける取っ掛かりではない
何もかも、流れ・・・・
何やってるんだろう・・・
なんだ、ちょっと上昇したのは1日か・・・
なんだかな


どうせ、引きこもるのなら表示させたブログ記事全て目を通そうと見始める
もう、部屋から出ることは無いのかもしれない
ははは・・・・・はは・・・


7時ごろ、電話が来た
0286・・・???一応栃木県だけど・・・どこだ?
('A`)はい、もしもし?
「こんにちわ、栃木県若年者職業相談所の、XXXXです」
昨日の、長いこと相談していた担当の人!!
('∀`;)あ、あああ!!こんばんわ!!
「しばらく前に相談メール送ってもらって、それで昨日はやりたい事や進みたい道を相談してきた、「じょにそ」さんですよね?」
('∀`;)そうです、俺がじょにそです!!
「解りましたw。今日のお昼、XX市の職業訓練校の方が来ました。じょにそさんの話をしてみたところ、「そういうことなら優先的に対応します」と言う返事をいただきました。確かにちょっと遠いかもしれません。でも個人的に、受けて欲しいなと思います。」
('∀`)いいんですか?それで、期限はいつからいつまでですか?
「はい、電気工事関連のコースが来年4月から再来年の3月と言うちょっと長いですが、どうでしょう?」
ええい、長いし遠いけど、背に腹は代えられないし、教育を受けられるのならいいや
('∀`)お願いします!!
「はい、それではこれから面接を受けられるための書類を作成します。準備が全て用意できたらじょにそさんの実家に送りますけど、いいですか?ハンコと名前だけの状態にします」
('∀`)ありがとうございます!
「解りましたw」
('∀`)・・・・・それから、何でこんなに、良くしてくれるんですか?
「・・・・・何となく、というのもありますが、他の相談に来る方よりも背負っているものが大きいですし、何もかも、諦めているので、助けてあげたくなりました。今のところは沢山の人に声をかけて協力を要請しています」
('∀`)ありがとう・・・・・ございます・・・・
「何か質問ありますか?」
('∀`)いいえ・・・本当に、ありがとうございます
「それでは、失礼します」
ガチャ!・・・・ツー・・・ツー・・・
なんだよ・・・なんなんだよ・・・・
ズキン、と心が痛くなる


そしてその後にトラスト・テックから電話が来た
頭に来すぎてどうしようもないので割愛
離職票はもう6月に貰っているはずなのに、なんで「じょにそ」君なんだ?
普通、さんづけだろ?そもそも携帯番号とかもう既に処分しているはずだろ?
なんなんだ?
これはいけないことじゃないのか?
それとも保持期限とかあるのか?
無理やり約束させられる
まだまだ強く出られると困ってしまう
('A`)・・・・絶対、払わないから
カリキュラム最中に辞めたんだ。もう関係ないだろ


色々、報告するものがある
21 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/23(木) 20:51:22 ID:GbaUaTxV
前スレ946じゃないけど
動き出す、変わるって物凄く怖いな
今までの流れを変えなくちゃいけないんだから
上流から下流へ、水面に浮かぶ枯葉のように流れていった俺の人生
無職で、引きこもりで、自信なくなってて

「生まれ変われ、また元の生まれた場所に戻るんだ!」と言い聞かせて昨日は若者向けハロワに行ったよ
前職でいじめられたり暴力振るわれた記憶が頻繁に出てきてさ、怖かった
汗はダクダク、震えるし
本当に、変わらなくちゃいけない一歩目とか、自分の人生のドミノを倒すのは苦労する
本当に怖い
ハロワに入るのだって怖かったよ、30km以上ある道のりをまた引き返そうかと思ったくらい
またいじめられる、また暴力を振るわれるってな
でもここで引き返したらもう二度と戻れなくなると思って行った
今までの境遇、全て話したよ。受け止めて、改善案を出された
自分の人生が音を立てて転がりだしたような気がするよ
近所のハロワで今日職業訓練の申し込みをすることを約束させられた
いろいろあって、また出られなくなっちゃったけど
今日さっき電話あった。昨日ハロワで話した相談員だった
もうハロワ閉まってる時間だったのに電話くれて、新しく県の東の職業訓練校で新設される学科があるんだと
俺のこと話してくれたんだと。そういうことなら優先的に処理しますって
いい人もいるもんだな
そしてハロワのほうで書類全部用意して送ってくれるみたい
一つ目のドミノを倒したら何かが動き始めたよ
きっかけって大事だね


22 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/23(木) 20:56:03 ID:8XRNEF64
>>21
よかったね。よかったね。
頑張れ!


25 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/23(木) 21:07:16 ID:reTrlUn1
>>21
大変なのは最初の一歩だよ。頑張ったね。
これから先はきっといいことがたくさんあるよ!
応援してるよ。


は・・・・ははは・・・・なんなんだよ・・・・なんなんだよみんな・・・・
声、上げればよかったじゃんか・・・
仲の良かった人にも話さなくて、誰にも話せなくて・・・
拒食症だって、パニック症だって、統合失調症の時だってそうだった
誰にも話せなかった、怖かった。誰かが離れていくんじゃないかと
みんな裏切るんじゃないかと・・・
ブログに書いて、日記に書いて、それで言えなかったことを全部書いてた
それで、自分の気は済んでた
でもそれって・・・凄く迷惑な話だよな・・・

なんだよ・・・こんなたった一言で・・・変わっちゃうんだ・・・・
なんだよ・・・なんなんだよ・・・・
腐って・・・世界と現実諦めて・・・嫌になって
みんな殺してしまおうと考えて
この国壊してしまおうと考えて・・・
なんなんだよ!・・・みんな・・・・なんなんだよ・・・・


友達に流れを説明して、軍曹に説明する
大学の先輩の軍曹、元気かな
ムゥウウウウ!ムゥウウウウウ!
「・・・もしもし、軍曹です」
('∀`)軍曹!こんばんわ!!
色々と話してもらった
「それでね・・・こういう書類が必要なのよ」
('A`)あ・・・え~と・・・大丈夫です
「そうかそうか、大丈夫か・・・・(その他にXXXが必要だってこと話して)うん・・・・それとね、他にもXXXって書類が必要なんだよ」
('∀`)解りました
「その他にね・・・・(もう一度関係を立証できるような物、それが必要)うん・・・・離職票も必要だけど、他に内定承諾書とか持ってないかな?」
('A`)う・・・あ、え~と・・・・無いです・・・
「ふ~む・・・ないか。・・・・仕方ないか」
色々説明
ノートに書き込んでおく
たった4行、どうなるかは、自分次第
「ふむ、まぁ頑張ってね」
('∀`)はい、軍曹も、後ろにいた女性の方も、ありがとうございます!
「ん・・・・喋ってみるかい?うちのお母さんだよ。会社で働いてて、経理事務担当でね。じょにそのことはなした時、おかしいと思って色々解決策を話してくれたんだよ」
('∀`)は、話します
ここまで来たんだ、どんどん流れに乗ってみよう
「・・・・こんばんわ、「軍曹」の母です」
('∀`)こ、こんばんわ
「あなたも大変ね。色々話は聞いてるわよ」
('∀`)ありがとうございます

いろいろと話をされた
必要な書類とか、関係など
その他労働基準局に行った方がいいとか
8月9月だったら行きたくなかったけど、今なら・・戦えるかもしれない
怖いし、負けるかもしれないし、賠償金請求されるかもしれないし
だけど・・・戦ってみたい
無謀なんだけど、だけど、口をあけて声を張り上げたい
もう、泣き寝入りして、泥みたいな生活してるの、もう嫌だ


「それじゃあ会社を解雇させられたときにタイムシート削除させられた事とか、教育書籍を逃げられない場所で買わされたこととか、ちゃんと言うのよ?」
('∀`)解りました、ありがとうございます!
「それじゃ、「軍曹」に変わるわね・・・・・もしもし、軍曹です」
('∀`)はい
「どう?参考になった?一応、解決策とはいえないけど、話してみたんだ。ちょっとやってみてよ」
('∀`)わかりました!
「ではでは、明日も頑張ってください」
('∀`)ありがとうございました。おやすみなさい


はは・・・・ははは・・・・
なんか本当に変わり始めてるよ
解らないけど、悪い方向なのか、いい方向なのか
だけど何かは確実に変わってる
1週間前と同じ生活をしている状況から、変わり始めてるよ
昨日も一昨日も同じ、同じように同じブログサイトの記事を沢山読み進めて、それで一日が終わってた
なのに10月16日からジョブカフェに来て欲しいとメールを貰って、話は進んで、合同企業説明会に参加する事に決まって
たった一声張り上げて、たった1回のメールで「心配させたく無いなぁ・・」の感情取っ払っただけで、こんなに変わるのか?
なんなんだよ・・・他人に感じてた壁とか・・・・
全部勘違いか?
ははは・・・・・ははは・・・・


親父にも、今日のディーラーの件を謝って、今日一日の流れを話して
「XX?宇都宮にも専門学校は沢山あるぞ?」
('A`)いや、そういうことじゃなくてね・・・
「あなた、「じょにそ」から話を聞いたけど、相談員が特別に話を繋げてくれたみたいよ。宇都宮に行けとか、そういうことじゃないみたい」
「ふうむ、そうか。まぁ頑張ってみなさい」
('A`)あ、ありがとう


11時をすぎて、もう眠くなった
流石にここ連日の外出は体に応える
明日は・・・・労働基準局か、労政事務所か・・・
とにかく調べよう
確か、労働基準局は労働基準法の管轄、労政事務所は、どうなんだろう
眠い・・・
後は、電話して調べよう
宇都宮の労政事務所なら、宇都宮まで行こう
この前行って来た、次もいけるはずだ
大丈夫、外くらい簡単に行ける
誰かについててくれないといけないような状態じゃなくなったんだから
大丈夫だ、もう大丈夫だから



動かないと、駄目になる

ジョブカフェ面談

6時ごろ、起きたようだ
('A`)・・・・・うえ・・・
軽く二日酔い
('A`)ふう・・・水水・・・
まだ家族は誰もおきていない
・・・いや、弟はこれから眠る時間のようだ
給水して、もう一度眠りについた


10時ごろ、親に声をかけられる
「じょにそ、今日は車修理してきなさい」
恐らくは軽トラのシガーライターソケットのヒューズのことだろう
('A`)でもディーラーの場所解らないよ?
「ディーラーじゃなくてカンセキでいいから、ヒューズ買えば済むでしょ」
('A`)でも俺交換できない・・・
「交換はカンセキにいる整備の人に頼めば出来るはずだから、やっといてね」
('A`)はい

「・・・ああ、それから」
('A`)はい?
「今日こそジョブカフェに行って職業体験の話を聞いてきなさい」
('A`)・・・・はい
恐らく親の我慢も限界らしいな


昼12時くらいまではネット上にいる
('A`)ふう・・・ジョブカフェはどこにある?
宇都宮の・・・・県庁?・・・そこから更に先か?
('A`)う~む
ちょっと電話
('A`)もしもし?
「はい、若者専用職業相談所です。」
('A`)え~と、しばらく前にジョブカフェ相談メールで相談内容を送りまして、その後面談をしたいという話でしたので電話をかけました。
「誰に言われました?」
('A`)え~と・・・XXXさんをお願いします。
「解りました。少々お待ち下さい」
♪~~


「もしもし?」
('A`)こんにちわ、じょにそです
「はい、どうしました?」
('A`)10月16日にかなり長い相談メールを送った、じょにそというものです
「あ、あー!お電話ありがとうございます!」
('∀`)覚えててくれたんですか?
「はい、覚えてます!今日は面談ですか?」
('A`)はい、今日これから大丈夫ですか?
「え~と・・・・・午後3時以降に来て頂ければ面談可能です」
('A`)解りました。午後3時以降ですね
「場所は解りますか?」
('A`)・・・一応、上三川とか宇都宮あたりまではいけますのでそこから地図を印刷して行こうと思います
「だいたい栃木県庁を目標にして来て頂ければ間違いありませんので」
('A`)解りました、今日はよろしくお願いします
「解りました。気をつけて来て下さい。失礼します」
('A`)ありがとうございました。失礼します
これで・・・・ドミノが倒れた
倒し続けなければ、止まらせちゃ駄目だ


('A`)・・・・さて、行くか
必要な物、色々な物をバッグに詰め込んだ
髭も剃る
ジョリ・・・ジョリ・・・
('A`)よしよし、行けるな


まずは真岡、カンセキだな
真岡へ向かい、カンセキに入る
('∀`)こんにちわー
カーサービスショップ
「はい、どうしました?」
('A`)実はシガーライターソケットのヒューズが壊れてしまいまして、修理して欲しいのです
「解りました、お車はどちらですか?」
作業服の人を車まで案内して様子を見てもらう
「どれどれ・・・?」
ケーブル類が入っている蓋を取り外し、検診器を各所に当て始める
チカチカと検診器のランプがついている、恐らくは通電状態?
「ふうむ・・・」
チカ・・・チカ・・・・ ・・・・・・・・
「ここか?」
・・・・
「ここのようだが・・・・おかしいな」
('A`)どうしました?
「いや、一通りのヒューズは生きているようだ。だけどまた別の場所にヒューズボックスがあるらしく、こちらでは配線の細かい部分がわからないので手の出しようが無いんだ。ディーラーに持っていって見てもらうのがいい。こちらではどうにもできません。」
('A`)解りました。今日はありがとうございます
「それじゃ」


カンセキ店内に入る
('A`)確か・・・カーナビコーナーがあったはず
あった
GORILLA?確かよく使っていたメーカーだな


('A`)ふむ・・・値段も結構安価だな
8~9万円か
手が出せそうだ
して・・・このSSD4GB対応というのは?
('A`)メモリーカードのようだけど、4GBのカードしか対応でき無いのかそれとも上限無くSDカードが使用できるのか、どっちだ?
店員を呼んでみる
('A`)このSSD4GB対応というのは?4GBメモリーカードしか対応できないのか、それとも上限無く最近出ている16GBカードとかでも対応できるのか、どちらでしょうか?
「・・・・ちょっと問い合わせてみます」
結果、SDカードと言う種類を容量の上限無く使用できると言う物だった
('A`)なるほど
それじゃ、パンフレット貰って帰るかな


('A`)まだ時間がある
さてどうするか?
じゃあ近場にある車載用品の店を巡ろう
オートアールズがここからなら行ける


オートアールズ
('A`)う~む・・・色々有名メーカーばかりで、値段も20万弱から・・・
高すぎる・・・
HD内臓だからちょっと欲しいけど
それでもマップの住所や電話番号、目的地検索の登録件数は先ほど見た9万円のとは変わらない
恐らく現状では横並びになっているようだ
それで高機能化させているだけだな
まぁHDナビだと地図データは毎年自動更新だから、いいな~・・・
長く使うつもりで買うか、消耗品覚悟で買うか
('A`)まぁ電化製品は3年が寿命だしね・・・
パンフレットだけ貰って店を出る
後は・・・オートバックスだな


オートバックス
駄目だな、オートアールズと同じ会社、同じラインナップ、同じような配列
有名メーカーは必ず看板が天井付近に立てられて入り口からでも見えるようにしてる
一つ前の世代、それでも去年の冬ボーナスモデルは簡単に棚の隅に隅に追いやられてる
恐らくは処分品、ちょっと心配
ここも、やはり重要な住所件数や電話番号件数などは同じだった
恐らくは頭打ちの状態


('A`)さてと・・・・行くかな
いつもどおり、真岡から宇都宮へ行く為のルートを取り始める
最初は真岡市街地から、国道4号線を目指すルート
真岡の町並みもしばらくすれば途切れて、住宅街のような町並みになる
ゆっくり行こう、まだまだ時間はある


橋を渡り、国道4号線バイパス
右に行けば「氏家」と書かれた看板がある
氏家・・・氏家?
('A`)そう言えば、アレルギー治療カイロも氏家だったな
同じ4号線、恐らくこの国道を頼りに進めばたどり着く事が出来るだろう
('A`)・・・・ふむ、次回の来院の際にはこのルートで行く事にしよう
確かに後輩から教わったルートは直線的に、曲がりくねってはいるが、国道4号を使うルートだ
しかし自分にはどうも解りにくくて仕方ない
そこで自分の知っている道を取っ掛かりにしてたどり着く事にしてみた
確かに上三川を使用するのは失敗したから、今度はうまくたどり着けるようにしよう
('A`)まぁ、うまくいければいいけど



バイパスも抜け、橋も抜ける
しばらく走れば宇都宮と共通点を感じる住宅街に入り、ビルなども目立ちはじめる
ドクン・・・・ドクン・・・・・
急に、息苦しくなり始める
脈拍も大きくなり始める
前職の忘れよう忘れようと思っていた辛かった記憶が頻繁に頭の中に出てくるのだ
それがどうしても息苦しさを助長している
('A`;)ふ・・・ふう・・・ふう・・・・
大丈夫だ、大丈夫だ
何も無い、殺されはしない
惨めな思いもしない、殺したくなるような感情も無い
きっと大丈夫だ
現状を話して欲しいといわれたから行くだけだ
何も困らせはしない、幻滅させもしない
大丈夫、きっと大丈夫だ
一番嫌だった、倉庫裏で胸倉を捕まれて蹴り上げられて、罵倒された記憶も出てくる

「てめえ!!!!何やってんだよ!!!!」
ギリギリと首は締め上げられ、息苦しい
睨み目、どうしようもないくらい怖さが背筋から来ている
足元がガクガクと震え始める
殴られてしまうのだろうか、ボコボコにされるのだろうか
('A`;)ぐ・・・・ぐうう・・・・
「すみません」の言葉が出ない、呼吸が出来ないから、声も出ない
「何とか言えよ!!それが下っ端の態度かよ!!」
ガクガクと揺すぶられる
ガン!!
安全靴の鉄板が入っている部分で膝を蹴り上げられる
その瞬間に土の地面に転がる、突き飛ばされたのかもしれない
('A`;)ゲホ・・・ゲホ・・・
「次やったらクビだと思えよ」
('A`;)は・・・はい・・・・げほ・・・
先輩は立ち去った
('A`;)げほ・・・げほ・・・
よろよろと立ち上がり、仕事に向かう
もう・・・どうでもいい・・・・どうでもいいんだ・・・・
この工場も、派遣会社も、全部どうでもいい
この会社の人間全部殺そう
そして、自分も死のう
こんな国、会社、全部殺さないと・・・
邪魔だから、殺さないと、俺に危害を与える人間を殺さないと
じゃないと、俺は苦しめられてしまう
だから、殺さないと



('A`;)う・・・・げほ・・・はぁ・・・はぁ・・・
息苦しくなる、土の匂い、作業服に染み付いた油の匂い、風景、煙突から出ていた化学薬品の匂い
全て蘇る
またあの環境に行かなければならないのか、またあの辛さを味わうのか
怖い、怖い、怖い
路肩に止めた、限界だった


('A`;)はぁ・・・・はぁ・・・はぁ・・・・
大丈夫だ、本当に大丈夫なんだ
あんな事滅多におきないはずだ
だから大丈夫だ
みんな俺のことを信頼してくれてる
大丈夫だ
('A`;)お、落ち着け・・・俺の心臓・・・
ドクドクドクドクと、音楽をかけているはずなのに頭の中にまで響いてくる心音だった
('A`;)はぁ・・・は、はぁ・・・・はぁ・・・・
5分ほど、流れる車だけを見る
何も考えないように、考え始めたら頭を振る
昔誰かに教わった、嫌な記憶の忘れ方だった
視線をひとつの所にしている時に記憶が出てくるのなら、その風景に記憶をリンクさせて固めてしまえばいい
そうすればその視線の風景を見なければ思い出せなくなる
そう教わった
('A`;)ふう・・・・ふう・・・・ふう・・・・
大丈夫だ、大丈夫なんだ
きっと次の職場の人間はいい人ばかりになるんだ
俺の心のそこから尊敬できる人間ばかりがいる
名前で呼んでくれる人がいるんだ
ここで死ねない


('A`;)はぁはぁ・・・・・・・・・・・・・ふう
ようやく、心臓も呼吸も収まった
誰かがいないので虚勢を張る心配が無いから一気に真っ向勝負を仕掛けてきたな、トラウマめ・・・
いつか本当に体当たりでぶつかって消滅させてやる
それまで待っていやがれ
絶対に倒してやる


「宇都宮市街地」という看板を何度も通り過ぎた
ビルと大きな建物、確実に市街地という風景だった
既に宇都宮駅前は通り過ぎ、栃木県庁を目指していた


「栃木県庁 1km」
信号待ちで地図を取り出して確認
県庁の南の方向にジョブカフェの住所の場所でゴールポイントが指し示されていた
('A`)ふむ・・・もう5分くらいかな


また、心臓が荒くなり始める
今度は足元の震え、ガクガクと止まらない
その内体全体に発生する
怖い・・・・怖いんだ・・・・!!!!
県庁らしき大きなビルはあと1kmまで迫った
ここに来てどうしようもない不安に襲われる
あ・・・・ああああああ嗚呼嗚呼ああ嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!
悲鳴、悲鳴、悲鳴
汗はダクダクと背中を濡らす、寒気は止まらない
怖い怖い怖い怖い
気弱だと何とでも言ってくれ・・・怖い物は怖いんだ
どうしようもない不安、震え、冷や汗
('A`;)誰かあ!!!!誰か!!!!誰かあああ!!!!!!!!!!!!
叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ
誰も聞こえるわけが無い、誰も気にしてくれるわけも無い
横断歩道を渡る人は俺のほうをチラりと見ることもあるが、だから誰かが助けてくれるわけでもなかった


「君さぁ、そんなんで大学生なの?」
「なんで君みたいなのが理系なの?」
「研修で何習ったの?」
「あーあ、残念だね。どんだけ汗水たらしたって、誰も認めてくれないのに」
辞めろ辞めろ辞めろ!!!!そんな目で俺を見るな!!!!!
俺は!!!!俺は!!!!!俺は!!!!!!!!!
心臓はバクバクと鳴り出し、吐き気、めまい、呼吸の息苦しさは再発した

「てめえ!酒の席で先輩の言う事が聞けねえのかよ!!!」
「ちったぁ素直に聞いたらどうなんだよ!!!!」
辞めてくれ・・・頼む・・・酒臭いよ・・・・
お願いだ・・・やめてくれ
そんなに睨まないでくれ・・・・
「派遣さん!!会議室から出て行ってくれよ!!」
だって・・・だって・・・・俺もこの会社の新入社員で・・・・
「部外者は関係ないだろう!!!!うちの会社の人間に言ってるんだよ!!!」
だけど・・・・俺もみんなの・・・
「いいから!!時間の無駄なんだよ!!」
胸倉を捕まれて引きずられている時、誰も俺を見ない
お前ら・・・・仲間じゃなかったのか・・・?
パートナーって・・・説明会で言われたのに・・・・
みんな・・・助けてよ・・・・




('A`;)はぁ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・
きっかけ、ドミノは倒れたんだ
だから、この流れは止めちゃ駄目だ
電話で約束したんだ、絶対に3時に行くと
だから行かないと、約束は絶対なんだ
変わると約束した、友達とまた会うために約束した
変わらなきゃ、変わると決めたんだ
大丈夫だから、大丈夫だから
きっと大丈夫だから
死なない、死なない、もう死なない・・・

('A`;)う・・・あああ、あああああ、あああああ!!!
怖い、怖い、怖いんだよ・・・
じょにそ、助けてよ!!!お願いだよ、助けてよ・・・
頭の中の俺に問いかけても俺は何も応えてくれない
無理なんだ、あいつはそこまで出来ない
だから俺が変わって、教えてあげないと
変わらなきゃ、変わらなきゃ
家にだって居場所は無い、外に出てもみんなの目が気になる
ただ何もせず生きているのがとても惨めに思えてくる
もう両親から何時間も説教されるのはごめんだ
変わるんだ、変わらせるんだ
人生をやり直すんだ、みんなに胸を張って会いに行く為に
だから頑張らないと
ここまで来て、引き返したら俺は絶対に戻れない場所まで行ってしまう
大丈夫だ、きっと大丈夫だ
誰も怒鳴らない、誰も無視しない、誰も馬鹿にしない
今度こそ、今度こそうまくいく


車は県庁付近の何かの事務所の駐車場に止めていた
('A`;)はぁ・・・はぁはぁ・・・・はぁ・・・・
息苦しい、何もかもが灰色だ
大丈夫だ
汗さえ拭けば、きっと誰からも異常だとは思われない
大丈夫、大丈夫なんだ


栃木県庁、正門ゲート
('A`;)・・・・入るぞ!
3,2,1・・・GO!!
殺されろ、殺されてしまえ、誰も彼も殺す、殺してやる!!
死ね、全員殺してやる!!!


警備員が手を振って俺の車を止める
「こんにちわ、今日はどうしました?」
('∀`;)こんにちわ・・・・今日は若者向けのハローワークに用がありまして、ここからどう行けばいいのかと思って聞きに来てみたんです
「ハローワーク?うちの管轄でね、まず地下駐車場ゲートを通って、券を発行して、その後受付で申請して、後は受付の人に聞いてね。」
('∀`)はい
「ああ、それと。駐車場2時間は無料だからね」
('∀`)ありがとうございます


('A`)ふう・・・さぁ、行くぞ
ここまで来て引き下がる?それは出来ない
俺の心の弱気な部分なんか、すぐに殺してやる、消してやる
変わると誓った、何もかも変えてやる


地下駐車場前ゲート
「はい、ストップストップ」
('∀`)こんにちわ
「こんにちわ~。もうちょっと前進んで、機械感知できてないよ」
('∀`)はい
「・・・はい、ストップ」
ピー!ピー!ピー!駐車券を、発行、しております
「今は午後3時、これから2時間有効だから」
('∀`)ありがとうございます


ブロロロロロ・・・・
Aスペースが空いてるな?ここで


地下駐車場から階段を上がって、正面ホールまで来た
('A`)え~と・・・・受付・・・受付・・・????
「どうしました?」
また警備員に聞かれる
('A`)えと・・・ハローワークに行こうとしてまして、入り口で受付をしてから行ってくださいといわれたのです
「ああ、なるほど。受付はね、ここからじゃ見えないけど向こうの柱の裏だよ」
('A`)ありがとうございます!


受付
受付の若い姉ちゃんは二人で話し合ってケラケラと笑っている
行くぞ・・・・行くぞ・・・・
俺が残り15歩くらいで会話をやめ、仕事の顔になった
('A`)こんにちわ
「こんにちわ、今日はどういった御用で?」
('A`)はい、ここの近くにある若者向けハローワークを受けようと思ってここで細かな場所を聞こうと思ってここに来ました。そしたら警備員からここの管轄だという事を聞きまして、駐車場も利用していいと言う話を聞き、利用させてもらいました。ここからハローワークまではどのように行ったらいいでしょう?
「ハローワークですね、でしたらこちらの・・・」
簡易地図を取り出した
中央部を指差した
「ここが現在地、ここから南に進んでください。そうするとすぐに見えてきますので」
('A`;)え・・・えーと・・・地図を・・・
「あ、すいません!・・・・こちらです」
('A`)ありがとうございます
プリントされた地図を手渡される
ふむ・・・・とにかく南だな


うぃいいいいん
県庁から出た、とにかく真っ直ぐ行こう
トコトコトコトコトコ
('A`)ふ~ん・・・色々な建物があるね
芸術館、県庁の支部的建物、様々だ
('A`)え~と・・・この建物の隣、と・・・


栃木県ジョブカフェ、WORKWORKとちぎ
建物を見て、少し足がすくむ
('A`;)ふう・・・・・・・なに、死ぬわけじゃない
あれだけ大きな波が2発も連続してきたんだ
もう怖い物はない
変わると決めた、生まれ変わって、人生をやり直すんだ
俺は俺を、またもとのレールに戻してやる
俺のために、誰のためでもない
大丈夫、生きて帰るよ


ウィイイイン・・・
内部は普通か、まるで真岡のハローワークのようだ
オフィスの一室らしい
看板の通りに入る
('∀`;)こ、こんにちわ
受付に挨拶
「こんにちわ・・・・見ない顔だけど、初めて?」
('∀`;)は、はい
「そっか、それじゃここの用紙に名前と所在地と、年齢を書いてね」
来所者名簿らしい、名前を書く
「それで今日はどんな用かな?」
('∀`;)え、ええと、こちらに相談メールを送りまして、来て欲しいとのことでしたので、来て見ました
「解った、それで、メールを返した人の名前は解るかな?」
('∀`;)は、はい。XXXXという方でした
「解った、ちょっと待っててね」
ついたての向こうに入る
「Kさん、じょにそさんが来たよ」
「解りました、すぐ行きます」


「こんにちわ」
('∀`;)こ、こんにちわ
「え~と・・・・どちら様でしょうか?」
('∀`;)はい、10月16日にかなり長いメールを送りまして、ご迷惑をおかけしました。今日は相談に来るという連絡をしましたので、来て見ました。
「あ!さっきの方ですね。ありがとうございました」
('∀`;)い、いえ・・・
テーブルに促された
Kさんはハローワークの名前が入った封筒を持ってきた



「それじゃあ、メールで一通りの事を聞いたんですけども。あなたの現状を確認させてもらえますか?」
('A`)はい
就職活動のこと、会社に入ってからのこと、会社の事、家族のこと
色々話した
「メールの通りですね。それでは、これからあなたの心を整理しますね」
('A`)はい
「あなたのメールを読んでいると、ご家族に対して恨みがあるのか、自分自身を恨んでいるのか、はたまた反省しているのか解らないのです。こちらの用紙を使っていただいて結構ですので、どんどん書き込んでいってください」
A4の印刷用紙を渡された
色々と、自分の昔の家族の現状
いつも夫婦喧嘩してたこと
姉と弟は自己主張が激しい、両親は喧嘩、それじゃ自分が折れないと、この家族は壊れてしまう
だから、我慢した
両親に相談しようとしても、入り込めなかった
結局、幼少の頃からだったからなかなか相談できなくて、人の顔色を伺うようになった
('A`)こんな、ところですね・・・
「あなたは何故両親の言いつけを守って栃木に帰ろうとしたのですか?」
('A`)それは・・・
昔、拒食症だった。それでボロボロになってしまい、家族は心配した
その結果家族はなるべく手元に置いておきたいと思ったのだろう
だから家族は帰って来いといった
俺も、養ってもらったし、学費を払ってもらった負い目もある
素直に帰る事にした


('A`)2月、3月なんて就職活動の本番じゃないですか。俺はその頃就職課にも頼らず、ただ勤務地に栃木県という文字だけの求人を選んだんです
「うまくいきました?」
('A`)いいえ、面接の際に最初から栃木県を希望しました。おかしいですよ、普通は企業は新人研修は本社の置いてある神奈川とか東京とかで開始します。それをいきなり栃木です。何か事情がありそうだなと勘ぐられて、落とされました
「そうですよね・・・・。そこまで栃木に行きたいと思ったのなら、栃木にしか会社の無い会社を選ぶべきです」
('A`)そうだったんですよ・・・・
色々、勘違いが生んだ悲劇だった
「静岡でも決まってしまえば決まったのだから仕方ないといえましたよね。」
('A`)本当に・・・・それに静岡は愛知も近くて、ヤマハも、スズキも・・・ちょっと行けばトヨタもあった・・・俺のやりたかった電子制御の会社だって、受かる受からないは別にしても沢山合った・・・
「静岡は愛知と同じように港も近く、輸出する為の精密機械などが中心になっています」
('A`;)は・・・ははは・・・・俺、本当に何やっていたんでしょうか・・・・
「・・・・・」
('A`;)どうしようも・・・なくて・・・・誰も頼る事ができませんでした・・・・
「・・・・」
('∀`;)俺・・・馬鹿です・・・・誰も信頼できなくて・・・敵ばかり増やして・・・それで・・・・
('A`)それで・・・・この状態です・・・・
「・・・どうすればこの状況を変えられますか?」
('A`;)・・・・それは・・・・小さくても確実な成功体験を一つずつ積んで・・・それで自信をつけて、そして正社員を目指して・・・・
「無理ですね」
('A`;)はへ?
「20年以上生きてきて、どこか一つでも性格変えられました?10年生きてきたうちで何か自分の性格を変えるようなことがありました?ないですよね?人間の性格はそう簡単には変わらないんですよ。」
('A`;)あ・・・う・・・・
「今持っている性格、それをすべてポジティブな考え方で見るんです。あなたはあなたの持っている武器で戦わないといけないんです。誰かに助けてもらおうと思っても無駄です。あなた自身が戦わないといけないんです。」
('A`;)う・・・・
また・・・一人か?・・・
「ですが・・・あなたを助ける事は出来ます。」
('A`;)はい?
「表現を変えるんですよ。」
誰かに何か言われても自分の考えている方向以外は動き出そうとしない
それはあなたが臆病や怠け者でもなく、慎重な証拠
誰かに色々言われて簡単にやり方や進む方向を変えてしまう
それは自信が無いのではなく柔軟性に富んだ心を持っているから
そしてあなたは会話していて感じたがとても素直な感情を持っている
('A`;)ち・・違うんです・・・・本当は、言っていい事と悪い事がわからなくて、面接で言っては駄目な事、雰囲気を悪くする事をいってしまうんです
「それは、戦略の立て方ですね。面接で聞かなければならないことは必然的に決まっています。時間は決まっていますから。ですから戦略を立て、予測した質問に対してポジティブな回答を用意しましょう。」
('A`;)はい・・・・でも、俺そんな言うほどいい人間じゃないです・・・いつも惨めで・・劣等感ばかり持ってて・・・
「・・・・・・あなた・・・」
('A`;)はい?
「あなた・・・とても、可哀想な人ね」
いきなり失礼な
「いい部分を持った自分がいるのに、それをあなたは認めたがらない。その上殺そうとしている。」
('A`;)・・・・・
「息苦しいし、自分の良い所が無いと信じているからそこを拠点にして周りを見られない。目の前の事だけを考えて生きているから何も生まれない。」
('A`)はい・・・
「大丈夫、あなたはとても良い人ですよ。」
「それと・・・ちょっと待っててください」


「はい」
('A`)これは?
とちぎ求人企業合同説明会
「今書いたいい所を清書して、職務経歴書としてこちらのイベントで各企業に提出して欲しいんです」
('A`)でも・・・これ・・・
「確かに履歴書は不要ですが、それでは企業にとってあなたは説明を聞きに来たその他大勢のうちの独りになります。そこで職務経歴書が効いて来ます。ひょっとしたらアポイントメントを取らない企業もあるかもしれない。でもあなたをアピールするチャンスです。」
('A`)・・・・解りました
「ついでに職務経歴書の書き方の冊子も配布します。短期職歴ですのでフリーター、の部分がとても参考になります」
('A`)ありがとうございます


「【仕事をしたくない理由】・・??何ですそのノート?」
('A`;)あ・・えーと・・・
不用意に話す内容を決めていたノートのページを見られた!
配布されたプリントで隠していたのに、まずい
「ちょっと、見させてもらいますね」
('A`;)あ・・・はい
「『頑張りが理解されない』というのは?」
会社で派遣社員として働いていたのですが、派遣社員は派遣だからと、どれだけ頑張っても派遣は派遣だからと、認めてもらえませんでした
新入社員専用の会議に出ようとして、自分も入っていいのだと思って入ったら怒鳴って追い出されました
「・・・・」
社内報を読んでもいいんだと思ったら社員の方にひったくられて、「部外者は読むんじゃない」って言われました
「・・・・この、【暴力】というのは?」
同じ派遣会社を取り仕切っている派遣社員に怒鳴られました。他にも正社員の方に無視されたりもしました。
同じ派遣社員の方に胸倉をつかまれて蹴られたりもしました
「・・・・・・何で蹴られたんですか?」
(空気・・・というか俺を見ている表情がまずい・・・)
('∀`;)遅刻して・・・俺は、営業所に連絡よりも先に派遣先に連絡する方が得策だと思ったんです
「本当はどのような連絡ですか?」
('∀`;)営業所所長、派遣先の派遣取締り、職務の先輩、班を取り仕切っている班長、課を取り仕切っている課長です
「説明はされました?」
('A`)一度だけ、入所の際に言われました。ノートに書きましたが、見落としました
「・・・・」
('A`)これが一度目の遅刻でした
「・・・・他にもつらいことは?」
('A`)研修所、ですかね。まともな研修がありませんでした
「名刺やメールなどは?」
('A`)え~と・・・スライドに映されてそれを係員が音読して、「メモしておいて」で終わりです。1時間だけでした。
「電話の応対なども?」
('A`)はい・・・同じように・・
「・・・・」
('A`)失敗して、怒られるんです。「研修所で習ったんだろ!!社会人で何やってるんだ!!」って。・・・無理ですよ、右も左も、独学の為の本屋の場所だって解らない・・・・どうすればいいんですか・・・
「・・・・・酷すぎる・・・・」
ふう、と小さくため息を係員がついた


「2ちゃんねるって知ってる?」
は!?
('∀`;)は・・・ああ、まぁ・・・
「あそこは完全匿名だからさ、あなたという個人情報が解らない程度に、書き込んで憂さ晴らしすればいいと思うわ」
どうしよう・・・・就職板でコテハン名乗って一時代築いたことあるって、言っていいんだろうか・・・
('∀`;)あ・・・ああ、まぁmixiで業務のこと書き込んだり、派遣会社のこと書き込みました。そしたら、派遣関連に進む人は「じょにその何月何日の日記を読んでから書き込め」という書き込みが合った事あります
「あら、良かったわね」


「あなたは、とても悪い環境で育てられましたね。今まで良く耐えて来ました。ここまで底辺の環境を味わったんです。大丈夫、次ちょっと一般的に悪いレベルでも、あなたにとってはかなり幸せに感じられますよ。」
('∀`)そうだといいですね!


「もうちょっと、ノートを見させてもらいますね」
('A`)あ、はい・・・
「【やりたいこと、夢】?」
('A`)これは俺が行きたいと思っていたところです
最初は電子制御に行きたかった、それでも色々な会社から電子制御設計といわれているうちに勘違いしてしまって、そのうち設計だけが独り歩きを始めた
おかげで途中から設計に振り回されるようになったが、行きたい
「どうして電子制御に行こうと思ったんですか?」
('∀`)あ、それはですね・・・・
この部分はちょっと割愛、恥ずかしい
「へ~・・・あなたは誠実な人ですね」
('∀`)そうですか?
「性格の部分に書き加えましょう」
そして制御の延長の回路、外側のケース部分の設計、情報科らしくシステム設計、プログラミング、マイコン制御


「あなたは、とても自分を高い所に置いているのかもしれません」
('A`)え?
「あなたは設計や回路などできないでしょう?それでも夢や希望だけでも進んでいる。だから視野は狭くなるし企業は見つからない。」
('A`)はい
「釣りみたいなもんです。この魚だけを釣るぞと思ってもなかなか見つかりません。でも魚、を釣ると思っていればいろいろ釣り上げている内にその魚も釣り上げるでしょう」
('A`)はい
「あなたはまず、パソコンの基本的スキルに自信がある、と思ったほうがいいんです。情報科でしょうから恐らくはプログラミング言語なんて習ったのかもしれません。でも業務ではまた研修して忘れている部分を思い出させないといけない。ひょっとしたらとても苦手な部分を教えられてやらされるかもしれない。あなたが想像しているよりもはるか彼方のレベルの業務をやるのかもしれない。そうしたらまたあなたは疲れて傷ついてしまう。」
('A`;)はい・・・
「パソコンの操作は、色々な所で使います。業界に関係ないですよ。大丈夫ですから」
('A`)はい
「企業を選ぶとき、電子制御ばかりに固執しないでくださいね。企業の人員配置や適正などもありますから。必ずしもあなたが行きたいと思っていた場所に行けるわけではありません。」
('A`)はい


「それでは、働く目的を決めましょう。ここで先ほど聞いた家族との状態や、家での暮らし方が関わってくるんです。」
('A`)そうなんですか?
「それではじょにそさん。精神病はどのような具合ですか?」
('A`)う~ん・・・・・一応状態はいいです。今は時々通院して、薬貰って飲むだけです。
「ご家族は理解してますか?」
('A`;)う・・・・あんまり・・・・
「一緒に病院行ったりなどは?」
('A`;)あったんですけど・・・・その日仕事が入ったということで、消えました
「・・・・」
('A`;)やっぱり健康な人は風邪薬や頭痛薬みたいな感じで、悪くなったときだけ飲みますよね。精神病みたいにいつも飲み続けるなんて、解りませんよね。ですから毎日飲んでいたら怒られました。「薬は毒だ!解っているのか!」って
「・・・・カウンセリングを受けたりは?」
('A`;)・・・・無いです。
「あれ?でも治療を受けているんですよね?」
('A`;)「どのような症状ですか?」「このような症状です」「解りました、この薬を出します」「先月出した薬はどうでした?」「症状は治まりましたが眠気が酷いです」「解りました、今回からこの薬にしましょう」・・・こんな感じです
「薬局ですか?w」
('A`;)両親は・・・俺を整体の実験台にするのですが、「整体さえ受けていればこの病気は治る」と言って聞きません
「・・・・・う~ん・・・」
('A`)・・・・
「独立を目指しましょう」
('A`)はい?
「あなたはあなたの両親と一緒に住んでいては、幸せにはなれないと思います。自己主張の激しい姉弟さんもいるんですよね?それでしたらあなたは働いて生きていても家に帰ってきたら息苦しい生活をしなければなりません。本来家庭と言うのは、疲れた体を休める為にあるんですよ。疲れに帰ってどうするんですか?」
('A`)そう・・ですよね・・・


「それでは、仕事をしたい範囲を決めましょう。さきほどやりたい仕事が書かれていましたけど。最低限です、情報科であるシステム的、またはパソコンに触れる。この程度にしておかないと見つけられませんよ」
('A`)ありがとうございます


('A`)そういえば、親に介護に行け介護に行けと言われているんですよ
「どういうことですか?」
('A`)なんどもパソコンを使って技術者になりたい、技術者になりたいと言っているのですが、「あなたにはそんな知識は無い。それに今まで苦労して仕事を探してきたのに見つからなかった。だからあなたは技術者として世間に受け入れられなかったし、技術者に育ててくれる会社もなかったことになる。あなたは優しいから、介護の道を進みなさい。」「でも自分は体力が無いから・・・」「肉体労働はしばらく業務に慣れれば体力もつく。やる気の問題。」「でもお金が薄給だって聞いて、生きていけない・・・」「じゃああなたはそれだけのお金をもらえるほど頭がいいの?」と言われています
「・・・・・」
('A`)それで、介護の現状を聞こうと思って
「やっぱり、あなたは独立するべきですね。現状は右の耳から左の耳へ、でいいんですけどね。」
('A`)はい
「介護、厳しいですよ。若い男性が一人で生きて行こうと思っても、無理です。若い女性なら結婚と言う選択肢で兼業ということで生き延びられるのですが、男性には厳しいでしょう。女性も、子供も育てないといけない。将来的に介護の道へ進みたい、経営を学んで介護業界に独立したいというのなら解りますけど。介護業務、を目標にするのはあまりにも無謀です。」
('A`)・・・・
「もっと、別の道があるんですから。それにあなたは大卒でパソコンが扱えると言う特技もある。頑張りましょう」
('A`)はい
「・・・多分、あなたが毎日家にいて動かないから発破をかける意味で言っているのかもしれませんね。辛い選択肢を持ち出せばもがこうとして行動するはず、と言う考えかもしれません。」
('A`)なるほど
「それから、人に言われて介護の道に進んでどう思いますか?また送ってもらったメールのように、両親を恨むようになりますよ。」
('A`)・・・はい
「XXのせい。とするのはすごく楽です。でも、それでは仕事は覚えられません。自分の責任で失敗し、転んで、立ち上がるからこそ成長します。誰かのせいで歩き出して転んだら、あなたは誰かのせいにして一生起き上がれなくなります。私はそのような道は進んでほしくありません」
('∀`)ありがとうございます


「それから、言われ続けているといじけてしまいますし、体も鈍りますよね」
('A`)そういえば・・・
「何か週3日程度、アルバイトなどどうでしょう?給料の一部を家に入れてもいいし、就職活動に使っても良い。何より仕事の段取りで頭を使うからある程度は頭の回転も復活するでしょう」
('A`)でも俺・・・大学生活で溜めたお金と社会人で溜めたお金を集めて、66万と28万で80万以上あります
「それは使わずに取っておきなさい。・・・でも凄いですね。それだけ溜めて。バイト大変でしたでしょう?」
('A`)いえ、仕送り10万で家賃4万7千を引いて、電気ガス水道を引いて、ネットを引いて・・・・後は生活費みたいな食費で引いた残りです
「10万で!?・・・・・・それでよく溜めましたね」
('A`)一応、高校時代のバイト代があったので教科書などはそこから出しました。本は、図書館の本を借りたり、図書館から捨てられる本を貰っていました。生活費が余ったら時々安い本を買いに行って読んでいました
「高校時代はどんなバイトを?」
('A`)郵便局です。夏冬春と2年間やっていました。勿論夏と春は募集していないので電話して履歴書を送りつけて、無理やり雇ってもらってました
「頑張りましたね。もう一度、やってみては?」
('A`)給料・・・・安いもんですから・・・
「でも、何かしないことには始まらないでしょう。」
('A`)そうですね・・・


('A`)そういえば・・・・何かするということで一つお聞きしたい事が
「なんでしょう?」
('A`)職業訓練を受けたいのです
「解りました。専門の相談員をお呼びしますのでしばらくお待ち下さい」
('A`)はい


それから、宇都宮で取り扱っている職業訓練の種類
専門学校で習える訓練の数々、それに国から補助金が出ることなど
たくさんのことを教えてもらった
ちょっと自分の中で考えている計画もあるので割愛


「先ほどから色々会話をしていたようですね」
('A`)はい
「私と、約束をしてください。」
('A`)はい
「明日の朝起きたらハローワークに行き、職業訓練説明会申込用紙をもらい、希望を決めてください。」
('A`)・・・解りました
また、次の倒れるドミノが見つかった・・・・
「頑張りましょうね」
('A`)はい!


色々と用紙をまとめ始めた、そろそろ終わり?
「こちらの用紙を封筒にしまってください。そろそろ終わりですね。今日は、お疲れ様でした。」
現在4時48分
('∀`;)いやぁ・・・・ありがとうございます。これから5時までに県庁駐車場に戻りますよ。
「あら、それでは次回からハローワークに駐車場があるのでご利用下さい」
('∀`)はい、本日はありがとうございました
「それでは、気をつけてお帰り下さい」
('∀`)はい、失礼します


外に出る、来る時よりも多少気温は下がったようだ
車の往来は激しくなり始めている
('A`;)て、観察してる場合じゃない
現在4時53分

ドッタドッタドッタドッタ!!
美術館が近くにあるのでおばさん達が道路を占領している
('A`;)ああ、もう!!通してください!!お願いします!!通ります!!!
掻き分ける、何人かと肩がぶつかるが謝っている暇が無い
お金がかかってしまう
ドタドタドタ!!!
現在4時55分


息は切れそうになる頃、県庁受付ロビーに入った
地下駐車場へ向かう階段を駆け下りる
4時56分


ドタドタドタドタ!!!
駐車エリアD・・・・・C・・・・B・・・・・
('A`;)くそ・・・・・くそ・・・・・
久しぶりに連続して外に出ているから体力消耗が激しい
それでなくても来る途中にショック状態が発生しているんだ
息切れが出ていてもおかしくない
57分


何とか車を見つけ、乗り込む
キュルル・・・・・キュルルル・・・・
('A`;)かかれ・・・かかってくれ・・・・!!
今日やった車の点検にむかっ腹立てたい気分もわかるが頼むから機嫌を直してくれ!!
58分


ブルン!ブロロロ!
('∀`;)よ、よし!
急いで発進すると「徐行」の文字なんか見て無いよとばかりに走らせる
59分


「車、を、確認、しました。カード、を、入れてください」
カチ!・・・ピー!ピー!ピー
5時ジャスト、カードが出口ゲートに飲み込まれた
「カード、を、確認、しました。」
「お疲れ様」と警備員に挨拶され、県庁地下駐車場を後にした
('∀`)間に合った!!!


道路に出る。既に暗くなっていた
ハロワと帰り道急いでいたせいか気づかなかったけど、足の震えが出ていた
('∀`)はははw、まぁ、怖かったしな
恐れはあった。昔のことを話す怖さが


走っていると途中コンビニを見つけた
缶コーヒーも無くなっているから新しい飲み物と、タバコ休憩だな


コンビニで車を止めて、降りた
数歩歩いた所で倒れた
転んだと言うより、そのまま足から崩れてゴン!と落ちた
起き上がり、立ち上がる
別にどこも怪我はしていない、砂が服についた
けど・・・・問題は信号機で止まっていた車の運転手みんなが俺の方を見ていることと、コンビニ前でたむろしている高校生、店内の店員と客全てが俺を見ていることが困った事だ
そしてその全員が心配そうな顔で俺を見ている
頭はくらくらする程度だ、別に問題は無い
肉体的疲労か、精神的疲労か
どちらもか?
解らないが、休ませてやりたい


飲み物を購入すると、タバコを吸いながら休憩
後は、さっさと帰ろう



一度ドミノが倒れたらまた新しいドミノが倒れ始める
発端はどのような状態だったとしても、結果的に物事は滑り始めてる
ここでバトンを渡すように倒し続けて行こう



あああああああああーーーーーーー!!!!
仕事するのが怖いと言う事を話し忘れたーーー!!!
・・・まぁこれは精神病とかトラウマの範疇だな・・・・
話したらまた問題が発生するよ



家に到着、ぐったりする
('A`)ふひい・・・
もう、動きたくない・・・


8時ごろ、テレビを見ていたら急激な眠気が到来した
('A`)コックリ・・・・・コックリ・・・・コックリ・・・・
30分くらいで眠気は去った
('A`)ふう


色々あるが、解決には向かい始めたな
しかし、久しぶりに何時間もかけて日記を書いた
こんなに他人との会話を逐一覚えていられたのって、どれくらいぶりだろう
酒も混じってたのに、覚えてる
凄い事だ


とりあえず、もう寝よう

ジョブカフェ相談メール送信結果

相談日】 2008-10-16

【相談内容】栃木県に住んでいます。
大学は静岡県西部の理工系大学でした。
新卒時代に就職活動をしていましたが、親からの実家に戻ってきて欲しいという意味をあまりよく理解せずに理解した為、就職活動のメインとなる2月3月を勤務地が栃木県になっている企業ばかりを選びました。


静岡県には沢山情報科でも活躍できるメーカーが揃っておりましたが、親からの注文と言うこともあり、それには見向きもせずに毎日のように東京まで鈍行で電車で向かい、説明会を受けておりました。
移動時間が長いということもあり、毎日疲れておりました。
勉強や、履歴書、面接練習などの時間が取れず、成績は芳しくありませんでした。
誰かに相談しようにも、自分は留年していて完璧に一人の状態で就職活動を行うしかありませんでした。就職相談室の人間に相談しようにも、「1社内定取れればいいわけだから」とあまり相談に乗ってくれませんでした。
春休みも終わり、授業が始まりました。自分は単位を残していたので就職活動ができませんでした。
なんとか捻出した時間で就職活動を行おうにも、授業やレポートとの並行はかなり辛い物があり、やはり内定は取れませんでした。
秋になり、10月になっても内定が取れず苦労しました。
もう親の言いつけを守っている場合じゃないと思っても就職先は見つからず、特定派遣ばかり。
先の見えない不安とバランスのない食事、不安定な精神状態で挑んでいるので就職活動中に精神病を発病し、倒れたりもしました。
現在はたまに薬を飲む程度に安定しているので就職や仕事には支障はありません。
最後の最後、2月も半ばを過ぎた頃になんとか特定派遣で仕事が決まりました。行きたくない行きたくないと思いながらも、なんとか我慢して仕方ない仕方ないと自分に言い聞かせて内定を承諾しました。

「勤務地考慮」と出ていたので栃木県を希望したのですが、自分が静岡県から近い名古屋の採用センターで採用されたので名古屋区分になってしまい、愛知県の自動車エンジニアリングになってしまいました。

4月になり、日々自分を騙して仕事に取り組みましたが職場環境があまり良い物ではありませんでした。
仕事をしていましたが何度もミスを連発し、何度も質問しているような状態でしたので怒られ、呆れられの連続でした。
特定派遣だというのに名前で呼ばれず派遣さんと呼ばれて仕事をしていました。
怒られてばかりいるし、成功してもそれが当たり前で褒められもせず、面白くありませんでした。
社内報は外部の人間だからと読めず、会議にも出られない。
仲間との連帯感や一体感を見出せず、いつも孤独に仕事しておりました。その内何をしても怒られるのならと考える事や努力しても認められず当たり前と言われるのなら努力する事もやめ、毎日はいはいと上司や先輩の言うとおりに動くようになりました。
自分で何も考えず、会話もせず、何も感じないようにと思って仕事しておりました。
しかし、考える事も努力する事もやめたため、仕事は覚えられないし先の見通しを持って仕事もしないのでミスを連発するようになり、最終的には毎日事務作業をするようになりました。
向き合うのはパソコン画面のみです。一日の会話時間が5分だった日も何度もあります。
その内、持っていた車が車検の関係で乗れなくなってしまいました。毎日徒歩で仕事に行くのですが仕事に行くだけで疲れてしまいぐったりと集中力も出ず仕事しておりました。
能率が悪いのでカフェイン錠剤を朝と昼、何錠も飲むことで寝ないようにしておりましたが毎日酷い胃痛に悩まされました。
ストレスや胃痛の関係で就職活動終了と共に一区切りついた精神病が症状を出すようになり、精神病になってしまいました。
しかし病院に行く時間など取れないし、車も無いので時間もかかる、交通の便が一応はあるとはいえ、酷く時間がかかり予約の時間に間に合わない事が何度もありました。
その為治療薬がないので手持ちの精神安定剤だけで誤魔化し誤魔化しやっていました。
安定剤は酷く眠気が出るのでカフェイン剤の量は多くなりました。
胃痛も頻発するようになったので市販の胃薬でなんとか誤魔化しておりました。
しかし、悪い事は続く物で薬を飲んでいる所を社員に見つかり、上に報告が行き、病気が知られてしまいました。
入社承諾書では精神病も安定していたので「健康」と書いてあったのですが、話が違うということで派遣先を首になってしまいました。
派遣先を首になれば新卒2ヶ月の人間に紹介できる仕事もなく、派遣元も首になりました。
首の理由は病気を隠していたということで懲戒解雇になるはずだったのですが、色々言い回しをされて自己都合退社になりました。
一応再就職面接の際には「派遣期間終了の為解雇」にしてあります。しかし、特定派遣だから正社員のはずなので食い違いが出て落とされます。
正直に話そうにも病気のことを話さなければならないので更に落とされる確率が高くなり怖くて話せません。
今年6月に首になりました。08年度です。再就職をしようと頑張っていたのですが、履歴書を書くたびに去年の辛さが蘇り、会社にいた時の無視されたり同じ派遣社員から胸倉を捕まれたり蹴られたりした記憶が蘇り、どうしても踏み出せなくなりました。確かにあのような環境の会社の方が少ないのは頭では理解しているのですが、どうしても怖くて怖くて仕方ありません。
不運が重なって首になったということも承知しております。
ですが怖くて一歩が踏み出せなくて困ります。
踏み出しても今度はまた勉強をしなければならない。
夢も希望もない、やりたいこともない。何も無いんです。自信もなくなってしまいましたし、誇れる物や自慢できる物がなくて困っています。
体力もありません。本当に何も無いんです。 毎日何とかしようとは思っているのですが、短期職歴のネガティブな情報ばかりが出てきているし、もう派遣は嫌だと思っているのに求人票は派遣とはわからないように偽装して掲載していたりする。
自分は、留年したので仲間とは1年くらい距離が離れています。
ついで無職です。なんとか元の位置に戻って、胸を張って仲間と顔を合わせたいのです。
何も引け目を感じることもなく会話したいです。
毎日無気力です。怒られても胸に響く物もなく、ただ怒られないように部屋から出ないようにして暮らしています。他人の顔色ばかり窺うようになりました。個人的にもう限界です。

一歩を踏み出そうにも、やりたい事も解らなくなってしまっているし、それでもやりたくないことは解っているしで嫌になります。
何か1歩目になるような物を、教えてもらえればと思い今日はメールしてみました。長文、失礼します。


【回答内容】メールを頂きましてありがとうございました。
あなたのこれまでの辛い体験、現在の苦しい胸の内、日常の様子など、とても良く分かりました。読んでいるこちらにまで、重い気分が伝わりました。
それはあなたが、緻密な現状分析能力、優れた文章能力、長い文章を書く構成能力をお持ちだからですね。 現在は、辛い日常を強いられているわけですが、ご自分の良い所を認め、自信を取り戻していただきたいと思っております。
確かに、過去も含めマイナス面にばかり目がいくのは仕方ありません。でも、自分も含め、誰かを、何かを責めても現状は変わりません。
それよりも、あなたの『良い所』探しをしましょう。なぜなら、求職活動というのは、自己肯定から始まるからです。
一番身近な自分自身を嫌いな人を或いは劣っていると認識している人を企業が高いお金を払って雇うと思いますか?企業に限らず、他人が認めてくれると思いますか?
だからこそ、あなたはあなた自身の価値を知らなくてはならないのです。まず、
・あなたは高学歴をもっています。
・しかもその大学は、理工系で情報系です。(文系より求人は多いです)
・五体満足であり、あなたを支える実家もある
・何よりも若い!! 当ジョブカフェでは、求職活動のための様々な支援をしております。
ぜひ一度、ジョブカフェとちぎにいらっしゃいませんか? お越しを心からお待ちしております。一緒に、問題を解決して行きましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは貼っていいのか悪いのか、解らないけどまあいいか

アレルギーカイロ 2回目

色々と昨夜の両親との大喧嘩で鬱になりながら起床
('A`)はぁ・・・
どうしようもない、求人票を見るのが怖いんだ
就職するのが怖い
早くトラウマを克服しなければ


とりあえず約束の時間もあるので髭を剃る
ジョリ・・・・ジョリ・・・
('A`)ふむ、こんなもんかな


急いで出かける準備
タバコが切れそうな感じなのでコンビニで買い込むことにする
飲み物を買い込んでいる途中、後輩から電話
「もしもし?今どこですか?」
('A`)今出たとこだ、すぐつくよ


後輩の家に到着し、しばらく部屋にいる
アニメを軽く見ていると時間になるので出発することにする


秋晴れとはいえ、少し気温はある
もう10月だというのに、夏の雰囲気がまだあるのはおかしな事だ


これから氏家を目指すことになる
かなり遠いので少し困る


まずは益子ルートからクリーンセンターを通り、宇都宮ルートを取る
4号線だな
道中、あまり会話は無い
個人的に昨夜の事で凹んでいるのであまり返せる自信も無かった


宇都宮を目指す前に、途中から進路を帰る
雇用促進住宅などがある場所へ入る


そしてしばらく走るとかなり長い平坦な道になる
ここがかなり暇


とりあえず4号線にもう一度入る
ここからなら解るんだけど、ちょっと難しいな


病院に到着
後輩「こんにちわー」
('A`)こんにちわー
受付「こんにちわー・・・あ、二人とも知り合いだったんですか?」
('A`)ええ
とりあえず自分が予約時間が早いので入る
後輩は待合室にしばらくいたようだがすぐに他の診察準備台へ


室内では他の患者がいるようだ、自分も診察準備台へ寝る
なにやら熱を持った物体がシーツの間にいるらしく、背中の血行が急速に良くなっていく感覚がある
ついでマッサージ機能もあるので非常に気持ちいい
ヴィイイイ・・カチャ・・・・ヴィイイイ・・・カチャ・・・
('A`)うとうと・・・


「本当にありがとうございました。」
「どうぞまた来て下さいね」
「それでは失礼します」


マッサージ機能は止まったらしく、熱源のみが稼働中だ
('A`)うとうとうと・・・・
「じょにそさん、こっち来て下さい」
('A`)ふぁい・・


「それじゃ、うつぶせに寝てね」
('A`)はい
足にサンダルのような物を履かせ、両足の長さを見ている
「倒すね」
ペタン・・・ヒョイ・・・・ペタン・・・・
「それじゃ右腕を腰に」
('A`)よっと・・
ヒョイ・・・ペタン・・ヒョイ・・・ペタン
「じゃあ次は左腕」


「背中まくってね」
('A`)よっこらしょ
ヒョイ・・・ペタン・・・ヒョイ・・ペタン
グリグリと器具を腰に押し付けられる
パチン!
一体これはなんだろうか


「はい、右腕あげてー」
パチン!パチン!・・・ぐりぐり・・・パチン!
「じゃあ次は左腕」
パチン!


「はい、仰向けになってね」
('A`)よいしょ
「腕上げて、ある程度の力で保っててね」
('A`)はい
医者が腕を倒そうとするので自分は腕に力を入れる
心臓の部分に手をやる
一瞬嫌だな、と思った
「ああ、弱くなってるね」
次は胃袋の部分
別になんとも
「うん、ここは大丈夫だ」
次は腰に手をやる
くすぐったいから辞めて欲しい
「ああ、ここもだね」
お腹の所々に手をやり、上げた左手の反応を見る
「全体的にエネルギーが弱くなってるね」
('A`)そうですか?
後輩は待合室に移動したらしい
「彼とは友達かい?」
('A`)そうですね
「いくつくらい都市離れてるの?」
('A`)2つです


ちょっと就職に関して
('A`)実は無職でしょっちゅう怒られているようになってしまって、家に居辛いですよ
「ふ~む、それは仕方ないよ。」
('A`)流石にもうすぐ半年も無職なので何かしないととは思っても、どうしても前職の時に仕事が覚えられないし、集中できないしで困ったもんでした
「そりゃ体とか心に不安な物を抱えたままだったら誰だって集中できないよ。誰だって深刻な悩みを抱えていたら仕事に集中するのは難しいからね。無意識でもやっぱり能率に出てきちゃうんだよ。」
「それにさ、半年とか1年くらい無職でも大丈夫だよ。人生はまだまだ何十年ってあるんだ。焦って体力が無いのに土木とかやって3日で辞めたんじゃ、お互いに辛いじゃないか。いくつも職歴つけたんじゃ向こうの印象だって悪いんだから、じっくり自分に向いてる仕事を探さなくちゃ」
('A`)はい
「でもアメリカもやってしまったな。金融企業も破綻しちゃって、それですぐ日本のほうにも影響出させちゃって、困ったもんだ」
('A`)まったく、こまったもんです


「はいじゃあうつぶせね」
('A`)はい
ペタンペタン・・・ヒョイ・・・ペタンペタン・・・
また足の高さを調べている
グリグリ・・・・パチン!
今度は首筋に来た
ヒョイ・・・ペタンペタン・・・
ぐりぐり・・・パチン!
今度は脇の下だ


「はい仰向けになって」
('A`)はい
戸棚からアレルギー発生物質を持ってくる
カチャカチャと選んでいるようだ
今日は何をするのか知らされていない
「はい右手で握って、左手は上に上げる」
('A`)はい
またお腹を触られた
「ああ、全体的に弱くなってるね」
今日の物質はなんなんだろう?


「持ったままうつぶせになってね」
ヒョイ・・・ペタンペタン・・・
グリグリ・・・パチン!パチン!
グリ・・・パチン!
そんなことを何回かやっていく


「はい、仰向けになって」
またお腹を触られる
グイ・・・グイグイ・・・・
「うん、全体的に力があるね」
('A`)ふう
「今日はビタミンBを治療したから」
右手に握ったアンプルを見る
「Bitamin B Comp」と書かれていた
('A`)砂糖じゃないんですか?
「砂糖は次回だね。まずは神経活動を活発にしないと。その後脳を活性化させる物質にするよ」
('A`)なるほど
「それじゃマッサージ入るから、うつ伏せになってね」
ヴィイイイイイイイイ
グリグリグリグリグリ
「はい息吸ってー・・・・止める」
('ー`)
ヴィイイイイイイ
グリグリグリグリ
「はい吐いてー・・・・止める」
('ー`)
ヴィイイイイイイ
グリグリグリ
「はい今度は早く吸って吐いてを繰り返す」
('A`)はぁ!ふう!はぁふうはぁふう
ヴィイイイイイイ
グリグリグリ
何度かやった


「はい仰向けになって、右足を力一杯開いてね」
('A`)ふんぐ!
ググググググ・・・
「・・・・くっ・・・はい、いいよ」
('A`)ふう
「いいね、力出てきた。それじゃこっちのベッドで寝ててね」
ベッドに案内され、寝かされた


「それじゃこちらに来て下さい」
後輩が呼ばれたようだ
俺は先ほどのマッサージの効果か、脈拍が早くなっている
ドックン・・・ドックン・・・
('A`)ふう・・・ふう・・・
「実は昔のことを考えていて・・・・で、思い当たる節を・・・・・こんな感じです」
「ほう、こんなに?一つ一つやっていこうか」


程なく力も抜けてきたのか眠くなる
('A`)うとうと・・うとうと・・・
向こうの方で後輩はやはりパチパチとやっている


「じょにそさん、もう一度こちらへ」
('A`)はへ?
どうやらもう一度やるらしい
後輩はエネルギーに集中できないらしいので向こうの部屋へ


「それじゃ、仰向けでね」
('A`)はい
また先ほどのアンプルを渡される
「はい足開いて」
ググググググ・・・
「うん、弱くなってるね」
さっきの呼吸止めて足を押さえてたのはどうしてだろう


「はいうつ伏せになってね。マッサージするから」
ヴィイイイイイ


「はい仰向け、足開いて」
グググググググ
「・・・・・・・くっ・・はい、もういいよ」
('A`)ふう


また別のベッドに寝かされる
また脈拍が大きくなってる
('A`)ふう


次は後輩の番らしい
「実は自分にサプリメントが合っているのかどうか、調べて欲しいんです」
「よし、一つ一つやっていこう」
('A`)うとうと・・・・


15分くらいだろうか、寝かされていたが今度は手をマッサージされる
ヴィイイイイ
手の様々な場所をされた
「はい、今日は終わりです」
('∀`)ありがとうございました


待合室に戻ると、マッサージの手順の紙を渡される
「まずは親指と薬指の間をマッサージしてください」
('A`)こうかな?
ツボを押す要領だな
グリグリグリグリ
「あ、そんなに力入れずに、さすってください」
('A`)こんな感じ?
ズリズリズリズリ・・・
「いえ、撫でるように」
('A`)こんな感じかな?
サスサスサス・・・
「そうですね、1箇所を30秒から1分続けてください。次は反対側にある骨の出ている部分をさすってください」
('A`)はい
「次は肘の表側をさすってください」
('A`)こんな感じ?
「そしたらくるぶしから指4本分上の部分を」
('A`)なるほど
「そして足の親指と薬指の股の部分を」
('A`)ふむ
「その後は反対側も同じように」
('A`)なるほど


「それと、今日はビタミンBの含まれている物は摂取してはいけません」
('A`)解りました
プリントを渡される、日常的に食べている物で沢山あるね
運動選手なんかがよく食べていそうな物ばかりだ
「お酒も駄目ですからね」
('A`)はい
確か神経の流れを変えたから麻痺させないように、だったな
「お風呂は今から6時間後以降に入れます」
('A`)はい
「マッサージは2時間に1回、その時水分はコップ2杯くらいを摂取してください」
('A`)はい
「以上です、お疲れ様でした」
('A`)ありがとうございました


脈拍も上がっているのでたいして食欲も無い
お昼時だと言うのに
後輩を車に乗せて、帰る事にする


帰り道、後輩からビタミンB摂取の有用性を説かれる
('A`)ふむ、なるほどなぁ~


帰り道の最中、同期から電話
道路わきの空き地に車を止める
('A`)ちょっと待っててね


会話を始めるとなにやら派遣できな臭いことが発生しているようだ
ブラックの常套句みたいなことが平然と始まったらしい
「うん、それで今日は最終確認としてお前に電話してみた」
('A`)辞めとけ辞めとけ、黒すぎて怖くなるよ
しばらく会話する、後輩は持ってきたお弁当を食べ始めたらしい


「そういや今日お前は何してたんだ?」
('A`)ああ、俺は今日はカイロでアレルギーを治してもらってたよ
「何のアレルギー?」
('A`)ビタミンBだね。神経系を活発にして、次は砂糖をやるよ
「ああ、なるほどな。それなら精神病も治りそうだな」
('A`)早く治る事を願うね
程なくして電話終了


車に乗り込んで真岡へ戻る
砂糖か・・・そういえば昔はコーヒーに大盛り2杯入れて飲んでたな
あれが俺にとっての栄養源だった
拒食症でいっきにぶち壊しまったな


真岡に到着、喫茶店に入る
どうやら指定されていたマッサージの時間らしいので始めることにする
('A`)え~と・・・手の甲の・・・・ここだな
さわさわさわ
('A`)え~と次が・・・・


水も大量に飲めということだったのでドリンクバーで水を大量に飲み始める
どちらの効果か解らないけど、体が先ほどマッサージを受けたときのように体が熱くなる
('A`)ふう


その後、就職に関してとか、お互いの目標をどこに置くかなどの会話を始める
大体1時間くらいだっただろうか


帰り、近くのダイソーに寄ってから帰る事にする
ノートで何かいいのは無いだろうか
まぁちゃんとしたノートには叶わないんだろうな


帰り際、母親から電話が入る
洗濯物らしい


帰ってから遊ぶことも出来なくなったのでただ送迎するだけになる
後輩を家に送り届けると、自分も帰る事にする
('A`)え~と、洗濯物洗濯物・・・
あれ・・・ない?
洗濯機の中に入ったままだった
別に干さなくてもいいらしいので猫に餌をやる


('A`)さてさて・・・どうするかな
ただ、就職に関してネガティブなイメージが打ち消せない
怖いんだ、また無視されたり怒鳴られたり、蹴られたり胸倉捕まれたり、努力を認められなかったり、仲間として認識されず差別されたり
それが怖くて就職が出来なくなった
しかも昨日の大喧嘩も含めて、部屋から出ることも多少の心への抵抗がある
('A`;)ふう・・・参ったな・・・
頭を抱えて悲鳴を上げそうになる
解ってる、就職して家にお金を入れなければならないことも
だけど、すぐに辞めそうな所に行っても・・・
しかも本当に仕事が覚えられなくて困るのだ
「甘えるな!」の一言で片付けられても・・・・
頭を抱えていても始まらない
ノートに殴り書きでいいので整理し始める
しかし、息苦しい感覚は消えない、焦燥感、絶望感、虚しさが頭の中にひろがる
('A`;)ううううう・・・・
迷わずレキソタンを口の中に入れた


マッサージの効果で脈拍も高く、薬の効果もあいまって眠くなってきた
('A`)ぼけ~・・・・
布団の上で横になって、ただぼんやりと何も考えずに寝転がる
そのまま眠ってしまったらしい


8時ごろ、起き出してテレビを見る
マッサージをしながら
「あれ?それって血流回復のマッサージだね、どこで覚えたの?」
('A`)そうなんだ?今日カイロで教わった
カイロ通し、知っているようだ


夕飯
豚肉のようだ、俺は無理だな
野菜サラダで我慢
テレビを見終わったので部屋に戻る


日記を書きつつ、水分補給とマッサージを行う
これで、今日は終わりだな

面倒くさい

('A`)欲しい物や夢があるなら働ける?まぁ無理だね
俺には欲しい物や夢なんか無いよ
母「食べたい物や着たい服なんかあるでしょ?」
無いなら無いで我慢する。高校時代の服を着ている人間に何のようだ?
母「なんであんたはそうやって向上心の無い人間になったんだい?」
そりゃな、小学校でいじめられ、家に帰れば親は夫婦喧嘩で相談できる隙間もない、姉弟はグルで俺をいじめる、パシリにする
うんざりなんだよ、1言って10帰ってくる現状に
中学時代も嫌だったよ。
夫婦喧嘩は激しくなって、夕食時に目の前でやってるから胃痛か吐き気で食えなくなるしな。
ストレス性のアトピーでフケが大量に出るからいじめられる
どこに行っても地獄だったんだよ。誰にも言えないし、言える隙も無い
小学生時代で言ってもどうにかなる環境じゃなかったから諦めたんだよ
中学時代、色々教えてもらったよ。不良に。見ず知らずの人だったよ
店の店員の配置、監視カメラの視界範囲。転売の方法。なんでもね
殴られても蹴られても良かったんだよ。むしろ殺して欲しかった。だけど殺さなかった。
そこまでの度胸は無かったんだろうけど
中学時代、家にいても苦痛だったから俺は外で遊ぶ金が欲しかった。
姉弟から罵倒されれば嫌になるよ。
だけど言えなかった。言う隙間も無いくらい夫婦喧嘩していた。それこそ離婚の話しもな。
もちろん店内の配置とか転売の方法知ってたらXXされるけどね。
怒られて何か感じた?何も。「また面倒な事になったな」くらいだ
謝ってればそれで済む。中学生の経歴には傷なんかつかない。
高校時代、不良とは別れた。連絡方法知らなかったし。
その場所に行けば必ずその不良がいたから行っただけだ。
自分の学科にいる不良に勉強教える立場になった。
教師にどんな思惑があったのか知らないけど、それで成績はあがった。
とうとう2年間の学級委員長と指定校推薦を受けられる立場になった。
指定校推薦は茨城も千葉もあった。だけど俺はXXを選択した。
ここなら親は迂闊には近寄れないだろうとね。
俺は親と縁を切りたかった。うまくいくなら親の存在をXXにしたかった。
今、俺は無職だ。毎日怒られてばかりいる。
ブログに書いたところでどうにかなるわけでもないから書かない。
俺の根底は1言ったところで10返される。だから世界は変えられない。
それだけだ。だから何も欲しがらない。何も感じない。俺はこの世界を壊すまでだ。後は死ぬ。
この責任は親にあるとか行っても「今更・・・」ってなるだろ?
だから言わない。これは親が墓に入ってからにする。言ってもどうにかなるわけじゃないだろ。
失われた全てを返してくれるわけじゃないし。

1014 アレルギーカイロ

今日は久しぶりに外に出てみようかという気になった
ゴミ捨てを頼まれていたり、後輩と遊びに行こうという話しだったりする


10時ごろ、仕事場へと出かける家族が慌しい
そんな中姉が俺の部屋へ入ってくる
「ねえ?広告作ってるからちょっと修正させて欲しいんだけど?」
('A`)あ、はいはい
そういやタバコ臭かったっけな
ここ2週間、換気もせず引きこもってたし
ガラガラと窓を開ける
('A`)はい、どうぞ
「ありがとね」
デジカメのメモリーカードをカードスロットに差込、USBメモリを差し込む
ワードを開き、ペイントで写真修正
貼り付け、文書校正
カタカタカタカタ・・・・カチ、カチ・・・・
カタカタカタ・・・・カチ・・・
「こんな感じかな?・・・」
そして俺の買った2000円のMicrosoftの5ボタンマウスが調子悪い
ブチブチ接続が切れる
ポイン!・・・・ポイン!・・・
「あーーー!またマウスが動かない!」
('A`)えーと、もうマウスを叩きつけるようにすると動くかな・・・


「う~ん・・・・写真はこっちかな・・・」
ポイン・・ポイン・・・
「あ~~~~!・・・・はぁ」
イスに乗りくるくる回る
「作業が進まないよ~・・・」
('A`)ごめん、本当にごめん


「ふう~・・・う~ん・・・まぁここまでにしとくかな」
保存しようと思ったら保存できない
この駄目パソコン!
「・・・はぁ・・・まぁ今日はありがとね。写真だけ加工できればそれでいいよ」
姉は程なくして仕事に向かった


('A`)さて、それでは俺もゴミ捨ての仕事をしよう
ガレージに置いてあるゴミ袋を軽トラに投げ込んで出発
とりあえず後輩の家に向かう為の準備は済ませておいた


ブロロロロ・・・・
('A`)すいませーん、可燃ごみを引き取って欲しいのですが?
「解りました、計量装置に乗ってください」
('A`)はい
計量終わり、とにかくゴミ捨てだな


所定の場所でゴミ捨て、穴に投げ入れる
ポイ!ポイ!ポイ!
('A`)ほい!あらよっと!
一通り投げ入れ、また戻り、計量装置で金を払って終了
('A`)よし、後輩の家に行くか


後輩の家に着くと部屋に通される
部屋で、アレルギーに関するページを見せられる
http://chiromasuda.com/al_00.html
('A`)なんだこれは?
「なんか色々話聞いてるとアレルギー持ってそうだったんで、アトピーとかもこれで治りますよ」
('A`)俺別に鼻炎とかないんだけどな・・・


一通り読み進める
('A`)ふむ、現在の投薬治療よりも根本的な原因追及した上での治療か
原因部分を治療し、その上で症状を回復させる方法を取る
枯れた土地に木を植え続けるよりもまずは土壌回復に努めるのか
('A`)ふむ、話だけ見てみると面白そうだね
「そうですよね?自分もカイロに通ってるんですけどアレルギー治療のカイロなんです」
自分の家でやってる親父達のボキボキ骨が悲鳴を上げるものとは違うのか
「行って見ませんか?ちょうど時間も空いてますし」
('A`)よし、試しに今から行って見るか
「予約制なんで電話連絡お願いしますね」
('A`)おk


電話連絡し、午後2時半から病院に予約を取る
('A`)よろしくお願いします
さて、一つ目のドミノは倒れた。後は連続して倒させるだけだな


「それじゃ、行きましょう」
('A`)おう


車に乗り込み、まずは真岡へ向かう
腹ごしらえだそうだ
('A`)あんまり食欲ないんだがな~


適当に、280円の花丸うどんを頼む
自己都合退職した事がどんなにあほな事かと説明される
う~む・・・しくったか・・・


そして今日カイロで話す内容をノートにまとめる
一つ一つ問題点を洗っていく
ビタミンアレルギーの有無
砂糖アレルギーの有無
穀物アレルギーの有無

吐き気でのパニック障害と似た症状の治療(嘔吐恐怖)
統合失調症
→実家での安心感で少し軽減している
→使用薬物、リスパダール、ソラナックス、レキソタン
頭部のアトピー性皮膚炎、ストレスを感じるとかゆくなり、大量のフケというより皮膚の塊
→使用薬物、リンデロンローション、ステロイド系軟膏
胃腸虚弱
対人関係でのストレスで外に出るのも億劫、労働意欲の低下
('A`)こんな感じかな?


うどんも少し食べたころだろうか、急に胃がムカムカし始めた
('A`;)・・・うむ・・・
吐き気だな、久しぶりに冷や汗とてのひらの汗、震えはまだないけど、対策方法を考えて店内を一通り見渡す
何か解決策はないか、もしもの場合には誰が助けてくれるのか
どこに突破口はあるのか?
キョロキョロと周囲を見渡す、後輩の言葉は頭には入っていない
生返事になった
これはやばいな
久々に救急車とか呼ぶフラグか?
醜態を見せられないとするプライドもあるが、そこまで構っていられない
結局、そこで食べるのは辞めておいた
後輩に残りを食べてもらおうと思ったが、豚汁定職(大盛り)を平らげた後なので無理となった
とりあえず、店を出よう


相変わらず胃がムカムカしながら車を走らせる
薬局に到着、後輩の買い物
サプリメントコーナー
「ほら、ビタミンBありますよ」
('A`)この前買ったじゃん
「あれはビタミンCですよ」
('A`)とりあえず、いらないかな
「そういえばビタミンにもアレルギーあるかもしれないんで、診察してもらった方がいいですね」
('A`)そうか~
程なくして店を出る


なにやら同期の友達は無職になり、父親が今日は仕事休みなので顔を合わすと色々言われるので家を出たようだ
適当な所で帰って来いとメールする


一路、ガソリンを入れるために上三川へ
お互い無言と言うか、後輩は満腹の為眠くなり、自分は吐き気と戦っていた
時々話される会話に上の空で返す
既に日記を書く段階になって何も思い出せない


上三川、ジョイフルホンダ
('A`)おー、既にガソリン価格が149円になってる
「だいぶ安くなりましたね」
('A`)国民のために頑張れ


('A`)え~と・・・・3千円、と
「静電気除去シートに触れてから給油してください」
('A`)え~と・・・給油口給油口・・・・????
('A`)あ、右側と左側間違えた
急いでUターンして直す


('A`)さて、3000円でどれくらい入れられるようになったのか?
ガコ!・・・ギュボ・・・ギュボボ・・・
とにかくレバーを握りガソリンを入れる
ギュボ・・・ギュボボ・・・
('A`)うんうん、2000円入れて7Lしか入れられなかった時代が嘘のようだ


2400・・・2500・・・2600・・・2700・・・
ブゴフ!
('A`;)どひゃあ!タオルタオル!
溢れた
結果、2870円くらいで18.9Lとなった
既に満タンだ
値下がりしたもんだな


宇都宮か上三川へいく場合、途中の交差点で直進か左に曲がるかを迫られる
Y字のように離れているので、頂点同士を繋げばかなりの節約になるのではないだろうか
「とりあえず、国道4号線を走って見ます?宇都宮目指して更にその先の氏家に行くわけですから」
('∀`)そんじゃ、行って見るか


ジョイフルホンダ脇、4号線を走り出す
とにかく道成りに直進直進、周りの車がかなりの高スピードなので自分もそれに習う
しかし怖い


20分ぐらい走っていると上三川らしい工場群を抜ける、ここから先は都会的な宇都宮の風景になる
とにかくひたすらに国道4号、宇都宮の看板を頼りに目指す


道中、波のリズムのように吐き気襲来
ツボを押したりして何とかしのぐが、どうにもならない
吐き気、冷や汗、てのひらの汗、震え、目蓋のケイレン
会話内容が頭に入ってこない
('A`;)ちょっと・・・胃薬ないか?
「ありますよ、病院で貰ったガスター10です」
薬を飲み込み、しばらく走らせる
確かに吐き気は半分程度に治まったけど、それでもまだ強い


それでも、予約の時間もあるので走らせる
「う~ん・・・・なんか見たこともない風景ばかり出てきます」
('A`;)ふう・・・ふう・・・
飛び降りたくなってきた
('A`;)じゃあ、ちょっとコンビニよって道を聞こうか
「そうですね」


程なくしてコンビニ到着
('A`)すいません、氏家に行きたいのですが、あそこに見える道をまっすぐあっちですよね?
「・・・反対ですね」
('A`)・・・・そうですか、ありがとうございます
反対と言う事がわかったので、Uターンすることにする
しかし、吐き気がまだ酷いのでガスター10をもう一錠服用する


しばらく走っていると吐き気が急激に治まり、なんとか震えもとまる
目蓋のケイレンもなくなった
('A`)ふむ、確かによく効くな


宇都宮の看板の隣に福島へ行く看板があるので今度はそちらを目標にして4号線を進む
程なくして鬼怒川橋へ
「あー、前回ここ通りましたね~」
('A`)お~、じゃあ結構近いね


さくら市になり、店の表示に「氏家店」と出るようになった
('A`)お~、かなり近くなったな


病院近くに車を止め、後輩を降ろす
後輩は近くのブックオフへ
('A`)よし、ここだな


('A`)こんにちわ~
「こんにちわ」
('A`)2時半から予約しておりました、じょにそです。すいません、道に迷ってしまい、少し遅れてしまいました
遅れたのは2分くらいだったけどね
「別に構いませんよ。こちらが問診表になっておりますので書いてください」
('A`)どれどれ?
え~と、名前、生年月日・・・みたいな基本事項はいいんだ
「専門医にかかっていますか?病名は?」
('A`)精神病院、統合失調症、と
「主な症状はなんですか?」
('A`)嘔吐恐怖(パニック障害と似た症状)、頭部のアトピー性皮膚炎、胃腸虚弱、対人関係のストレスで労働意欲低下、と

('A`)次はチェック表か、え~と
便秘と下痢と、アトピーと、etc・・・
('A`)ふむ、こんな感じかな

ちょっとトイレに立っている間に回収されていた
('A`)あれ?
「どうぞ、お入り下さい」
('A`)はい


薬品臭くない、メスやら何やら置いてあるわけでもない
「荷物は置いて、こちらへどうぞ」
('A`)はい
「じゃあまず質問から行くよ。こちらの病気と言うのは?」
('A`)う~ん、話すと長くなりますが・・・・
03年暮れ頃に酒をいつでも飲んでいるような生活で引きこもりになった
04年春に酒の飲みすぎで吐こうとしたが喉につまらせる、以後拒食症というか摂食障害になった
食べ物が怖いと言う感情が芽生える
04年夏ごろ、2度自殺未遂。ドアノブにロープを引っ掛けた
いずれも気絶で失敗
半年で10kg減らす
「なに?痩せたかったの?」
('A`)いえ、胃が荒れているような感じで毎食吐いてました
この時処方されていたのはレンドルミンとリタリン
04年秋頃から食欲復活、しかし体重は戻らず
04年暮れ、食べ物を吐こうとしたら喉が衰弱していたので吐き出せず、詰まる
パニック状態になり、呼吸困難で気絶
以後吐き気恐怖症になる
05年春、精神病院に吐き気恐怖を相談しても理解してもらえず、パニック障害みたいな症状が出ているので症状を抑える処方になる
パキシル、ソラナックス、ハルシオン、プリンペラン、ドグマチールを処方される
05年秋、気分の憂鬱、いつも寝ている状態、引きこもり
鬱病らしい症状が出ているのでそれを治療する事になる
パキシル、ソラナックス、リタリン、プリンペラン、ドグマチールを処方
06年秋、気分の憂鬱、いつも寝ている状態、引きこもり、時計や電話が自分を呼んでいるような幻聴、外からは俺の悪口を言っている妄想
一日中カーテンを閉めて音楽を大音量で流す生活
ジプレキサ、ソラナックス、プリンペラン等を処方される
ジプレキサはリスパダールに、ソラナックスはリーゼなどに変更されたりもした
07年、就職活動中、焦ると一人でよく頭を抱えて絶叫していた
電車の中で自分の声に悪口を言われたので怒鳴ったこともある
薬は変更されず、量が増えた
07年、秋
名古屋駅で地下鉄に乗っていると閉鎖的な環境で怖くなり、吐き気、めまい、冷や汗や体の震え等が発生
名古屋駅のホームで倒れる
薬は変更されず、量が増えた
自分の後ろを走っているパトカーを自分を狙っているのだと思い、半狂乱になった

('A`)まぁこんな感じです
「うん、それで統合失調症というのはどこで知った?」
('A`)静岡から愛知へ転院する際に紹介状のコピーを貰ったのでそこで知りました

「そうか~、それじゃこのアトピー性皮膚炎というのは?」
('A`)小学生の時くらいからありました。ストレスを感じると頭が非常に痒くなります。就職活動中のストレスで額と耳の所まで広がりました。最初は粉っぽかったのですが、今では5mmくらいの皮膚辺になっています
「じゃ、ちょっと頭見せてもらえるかな」
ゴシャゴシャ・・・
「う~ん・・・・一番古い記憶でどれくらいからあったかな?」
('A`)そういえば幼稚園の時くらいに自分は人よりも量が多いなとは思っていました
「そっか、それじゃちょっとこっち来て」


医者が戸棚の前に立ち、俺を促す
戸棚から液体の入った小瓶が沢山ある小箱を持ってきた
「これはね、アレルギー発生の元となる液体が入ってる。今からテストするから」
('A`)はい
塗るのかな?アルコールのパッチ検査みたいに
「はい、腕を力一杯上にあげて」
('A`)こうかな?
グギギギ・・・ギギ・・・
('A`#)フンググッグ・・・・
「はい、いいよ。それじゃあまずはこれから行こうか」
なんだろう、BPP?BPOだっけ?とにかくそんな名前のラベルがあった
「握っててね、それじゃ腕上げて」
('A`#)フン・・・ウグググ・・・
「もっと力出して、押し返せるよ」
グググググ・・・
('A`#)う・・・・ぐぐぐ・・・
いとも簡単に下に下げられた
('A`)ふう、なんですこれ?
「これは栄養分を運んでくれる成分だね。結合させたりする時にも使う。重要な要素だよ」
('A`)へ~
「じゃあ次はこれで行こう、シュガーだ」
砂糖?
('A`#)フン・・・・ウググググ・・・
「今の力だと小指だけでも勝てるよ。もう一回力入れて」
('A`#)フン・・・・・ウググ・・
「はーい、押しまーす」
ググググ・・・
小指だけで押し返される
('A`)ふう、なんでこうなるんですか?
「アレルギー反応が出るから力が出なくなるんだよ。じゃあ次は穀物で行こうか」
('A`#)んぐ・・んぐぐぐ
「駄目か、じゃあ次はカルシウム」
('A`#)んぐ・・・・
「う~ん、じゃあ次はビタミンを行ってみよう」
('A`#)く~~・・・
「卵はどうかな?」
('A`#)ふんぐぐぐぐ・・・
「う~ん・・・・今テストした物全部アレルギー反応が出てるね。恐らく、科学物質にも出るだろうし、電磁波でも出るだろう」
('A`)え~?
「まぁ結構長い時間かけて壊れちゃったからね。結構弱ってるね」


ベッドにうつぶせに寝かされる
足を持ってグリグリと回されたり、高さを見ていたり、色々
とにかくうつぶせなので様子がわからない
('A`)あ、そういえば目玉焼きと卵かけご飯好きなんですけど胸やけするんですよ
「拒絶反応だよ」
('A`)牛乳で下痢は?
「それこそ正に拒絶反応」


背骨の各部分をぐりぐりと押し、時折足を上げ下げする
パチン!
('A`)いた!
なんだあれ?何か叩かれたような?
ぐりぐり・・・・パチン!・・パチン!・・・・ぐりぐり・・・パチン!
そんなことが何回も繰り返される
腰部分に何か薬を塗られる
パチン!パチン!パチン!
何かやられてるな~
「一番辛かった物って就職活動?」
('A`)そうですね、なんだか一生が決まるような、そんな焦りがありました
パチン!
一体なんだ?


「はい、次は仰向けね」
ごろん
「腕上げててね」
またさっきと同じようにぐりぐりされて、掌の力を見られる
結構何分もやっていた


「はいもう一回うつぶせ」
ごろん
ヴィイイイイイイ
なにやらマッサージ器の音がする
「普通の呼吸しててね」
背骨の右端と左端をゴリゴリとマッサージされる
「じゃあ次は大きく息を吸って・・・・・止める」
('ー`)・・・
ヴィイイイイイ
「はい、全部吐いて・・・止める」
ヴィイイイイイ
何回か繰り返した


「じゃあちょっと休憩、毛布持ってくるから、15分くらい休憩」
('A`)はい
しばらくぼんやりと天井を眺める作業
既に、4時近い


15分経過
「はい、もういいですよ」
他のベッドに移動させられる
今度は掌にマッサージ器だ
ヴィイイイイ


「それじゃ、今日は終わりだね。酒は今日は辞めておいてね。お風呂は今から6時間以上経過してから入ってね」
('A`)どうしてお酒は駄目なんですか?
「神経の乱れを直したから麻痺させるアルコールを飲まれるとリセットされちゃうんだよ」
('A`)じゃあコーヒーや砂糖は?
「お酒とお風呂以外はなにしてもいいよ」
('A`)ありがとうございました


「じょにそさん、次はいつ来ますか?」
('A`)そうですね~
「5日後~1週間の間で治療が進めやすいです。来る時は連絡してください」
('A`)解りました
4時少し、病院を出た
2時半から始まり、終わったのが4時
だいぶやってたな
それで初診料5千円か


少し友達とメールを行う
雨が降ってきたので喫茶店に行ったようだ


後輩に電話連絡
迎えに行こう


後輩を車に乗せると帰る事にする
帰り道は色々治療の事などを話す
一応、軽くではあるが、すっきりした
そうか、現段階はまだ治療する為の精神と肉体のバランスを整えたのか
長くなりそうだな・・・・
え~と、5000円+3ヶ月X4000円として・・・・・
4万円!?
('A`)さてどうしたものやら・・・・


「そういえば、カイロやってる親にカイロに行ってきましたって、言えます?」
('A`;)うわ、それをわすれてた・・・・言えるわけ無いよなぁ・・・
「じゃあ隠しておいたほうがいいですね」
('A`)まったくだよな


益子に到着、家に送り届ける
色々データを借りて、そこで家を出た


家に帰り、日記を書き、テレビに備える
7時になったのでテレビを見ている最中、非常に眠くなる
('A`)なんだろう・・・これ・・・
確かに整体の実験体になっていたときにもこの眠気は感じていたものだ
とすると血流バランスが正常に戻り始めているらしい
なんとかテレビを見ようと頑張るも、いつしか意識は途切れていた


「ただいま~」
('A`)う~ん・・・・お帰り・・・・
また意識が途切れたがなんとかスッキリと目が覚める
ご飯が出来ていた
「あんたさっきアレルギーのカイロとか言ってたけどどうしたの?」
('∀`;)へ?
どうやら寝ぼけて喋っていたらしい
とりあえずここで洗いざらい喋る
「ふ~ん、まぁあんたが効くと思ったんだから行ったんだから、いいんじゃない?」
('A`)うん


そしてしばらくドラマを見る
色々、就職の説教が始まった
「あんたは夢がないよね。目先の事しか考えてない。私達だっていつか死ぬんだよ?その時のこと考えないと。家だって買うんでしょ?どうするの?」
('A`)・・・・
何も言い返せない
そもそも・・・なぁ?
夢ってなんだよ
長期的な見据え方が解らない
「何か勉強でもしてみたら?資格でも取るとか。勿体無さ過ぎる」
('A`)はい・・・
人生がいまだに切り開けてません・・・
軸が、ぶれすぎてます

 | HOME | 

 

プロフィール

傷病廃人

Author:傷病廃人
連絡はこちらにftmpr106☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

1984年6月9日
栃木県益子町在住

アニメオタクに戻りたいと思いつつ、ゲームオタクに戻りたいと思いつつも不規則勤務から戻れそうも無いと断念

現在は専属のコスプレさんと同行して撮影会を楽しんでます
フィルムカメラ大好きな人間と旅をしたり、デジタルカメラが大好きな人と旅したり、クルマ好きとドライブしたりゲーセン仲間とゲーセン巡りしたりと今を精一杯楽しむことに

面倒な性格と面倒な精神病
あまり出さないように努力だけはしている


趣味は映画鑑賞とカメラ

カメラはPentaxK-mとK-5
レンズは短焦点1本とズーム2本を常用

他にコンデジはRicohCX4、扱いやすさが魅力

フィルム一眼レフはCANON EOS5
他にCANON AV-1、ミノルタa7700i
短焦点数本とズームレンズ、純正ストロボを活用
フィルムはフジを使いたいが財布との相談で中古のコダックやアグファになることが少々


こんな人間ですがよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん