じょにその日記

社会のお荷物

2月11日 真岡市内フラフラ

前日の夜は納品先で「お前は明日の休みは何するんや?」ときたもんで「井頭公園で一人撮影してるかな」と

「よっしゃワシ絶対井頭近づかんとこ!!」「おい!!」

「お前の休みは充実しててええの。女と撮影したり神社行ったり一人でも撮影したり。忙しそうやな」
「俺はね、この会社の他の人みたいに飲み行ったり風俗とか行ってみたいの」

「行きゃええやんけ?」「じゃあそっちも女の子と撮影すればいい」
「相手がおらんの」「俺も相手がいないの」
「二人の会話聞いてると訳解からなくなってくるよ・・・え、どういうこと?」

「お前もパチンコばっかやっとらんで素人の女と遊んでみ?こんなんなるでw」
「違いますから!」


あとは風呂仲間の風俗話とかパチンコ話に対して予定を話してみたら「めっちゃ充実してんじゃないっすか!!」って言われた
そうか、これは充実した一日なのか・・・?



うん、起きたの7時か8時かで準備して昼11時から散髪
それが終わったらもう昼の1時。なにしたらいいんでしょ?
美容師と適当に「また振られたんですかーw」に対して「俺も頑張ってんだよw」と返す


それが終わったら真岡駅でSL撮影。結構油多いね
学生や年上の人多いけど、自分のカメラだけは現在では鳴らない音がする
RIMG2391.jpg
RIMG2396.jpg


機関室、埃が多い(´・ω・`)



それが終わったら井頭公園。あんまり寒くないね
RIMG2397.jpg


なんかまぁ、フィルム一枚をケチって撮影しないならカメラを捨てろと最近思う
それはそれで趣味としては間違えてるんだがw


プールとか、園内湖とか
それも終われば次、無量寿寺へ


無量壽寺は人いないし、お参りお参り
RIMG2398.jpg



それも終われば真岡でDVD借りて、最後は大前神社お参りしておしまい
「新年の挨拶遅れて申し訳ありません。何かと忙しく、気が回りませんでした」
「今年一年何かとお世話になることと思います。どうぞよろしくお願いします」



あれ?全部市内で終わったよ
ガソリンも使わないし、ほんとお金使わなかった
でも、良い一日だったよ。歩いて歩いて、楽しそうな声聞いて、何だか平和だった

フィルム7本現像業者に送らなきゃ(´・ω・`)

周りの人のようにチンチンジャラジャラしてるとこ行きたいけど臭くてうるさくて無理
5分といられなくてダメだ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://joniso69.blog44.fc2.com/tb.php/3901-b498299f

 | HOME | 

 

プロフィール

傷病廃人

Author:傷病廃人
連絡はこちらにftmpr106☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

1984年6月9日
栃木県益子町在住

アニメオタクに戻りたいと思いつつ、ゲームオタクに戻りたいと思いつつも不規則勤務から戻れそうも無いと断念

現在は専属のコスプレさんと同行して撮影会を楽しんでます
フィルムカメラ大好きな人間と旅をしたり、デジタルカメラが大好きな人と旅したり、クルマ好きとドライブしたりゲーセン仲間とゲーセン巡りしたりと今を精一杯楽しむことに

面倒な性格と面倒な精神病
あまり出さないように努力だけはしている


趣味は映画鑑賞とカメラ

カメラはPentaxK-mとK-5
レンズは短焦点1本とズーム2本を常用

他にコンデジはRicohCX4、扱いやすさが魅力

フィルム一眼レフはCANON EOS5
他にCANON AV-1、ミノルタa7700i
短焦点数本とズームレンズ、純正ストロボを活用
フィルムはフジを使いたいが財布との相談で中古のコダックやアグファになることが少々


こんな人間ですがよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん